アーカイブ - 2018年 3月 2日

日付

立川市中央図書館(東京都)、「東日本大震災被災地図書館写真展」を開催

東京都の立川市中央図書館が、2018年2月27日から4月8日まで「東日本大震災被災地図書館写真展」を開催しています。

東日本大震災で被災した図書館の被災後から復興までの様子の写真を展示しているほか、津波の被災後に救出された、陸前高田市立図書館の図書や雑誌などを日本図書館協会の協力のもと展示しています。

また、立川市図書館が宮城県の石巻市図書館へ児童書を寄贈した「絵本を届けよう!」プロジェクトの現状についても、石巻市図書館の協力により展示しています。

企画展示「東日本大震災被災地図書館写真展」を開催しています。(立川市図書館,2018/2/28)
https://www.city.tachikawa.lg.jp/toshokan/kanko/shogaigakushu/toshokan/o...

韓国国立中央図書館(NLK)、「大韓民国新聞アーカイブ」の機能強化を発表

2018年3月2日、韓国国立中央図書館(NLK)が、2月28日から「大韓民国新聞アーカイブ」の検索機能と可視化機能を強化したと発表しました。

時代別・テーマ別の観点で資料をキュレーションできる機能などが設けられています。

2018年4月からは韓国言論財団が運営する新聞記事データベースBIGKindsにおいて「大韓民国新聞アーカイブ」と連携した新聞記事検索サービスが開始予定であることが紹介されています。

1950년 이전 신문 기사와 도서 검색을 한번에(NLK,2018/3/2)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=9481&notice_type_code=3&cate_no=0

米・カリフォルニア州立図書館、天井の水漏れにより約250冊の貴重書が水損被害

2018年2月27日、米・カリフォルニア州立図書館が、天井からの水漏れにより、1800年代の資料を含む約250冊の貴重書が水損したと発表しています。

水損被害を受けたコレクションは、Statewide Museum Collections Centerに運ばれ、凍結乾燥される処置が取られました。大きな被害を受けていない資料は館内の資料保存部門で資料を乾燥させる作業が行われています。

また更なる被害を防ぐために、書架に透明のカバーをする等の作業も実施されています。

@CAStateLibrary(Twitter,2018/2/28)
https://twitter.com/CAStateLibrary/status/968639696845746176
https://twitter.com/CAStateLibrary/status/968985476400005120

米国国立医学図書館(NLM)が、戦略計画2017-2027を公表

2018年2月28日、米国国立医学図書館(NLM)が、戦略計画2017-2027“A Platform for Biomedical Discovery and Data-Powered Health”を公開しました。

「データ駆動型研究のためのツールを提供することで保健衛生の発展を加速する」(Accelerate discovery and advance health by providing the tools for data-driven research)、「普及や関与の程度を強化することでより多くの人々に情報を行き届かせる」(Reach more people in more ways through enhanced dissemination and engagement pathways)、「データ駆動型研究や保健衛生のための人材を育成する」(Build a workforce for data-driven research and health)という3つの目標を掲げています。

米国のコピーライト・クリアランス・センター(CCC)、論文処理費用(APC)の助成を効率化・自動化する“RightsLink OA Agreement Manager”を公開

2018年2月27日、米国のコピーライト・クリアランス・センター(CCC)が、論文処理費用(APC)の助成を効率化・自動化する“RightsLink OA Agreement Manager”を公開しました。

“RightsLink OA Agreement Manager”には、出版者が、OAに関する契約条件を、助成機関や研究機関に示すための専用の請求書一覧の設定や、その後の管理・追跡を可能とする機能があり、様々なタイプの相殺契約に対応するほか、オンラインのダッシュボードにはAPC支払助成に必要な情報が掲載され、APCの支払いに関して、助成機関や研究機関が著者に助言できるようになっています。

研究データ管理計画書作成支援ツール“DMPTool”のVer.3が公開

2018年2月27日、研究データ管理計画書の作成を支援する“DMPTool”のVer.3の公開が発表されています。

米・カリフォルニア大学のDMPToolと英・Digital Curation CentreのDMP Onlineという二つの研究データ管理計画書作成支援ツールを統合したものです。

Ver.3では、助成機関の助成要件情報の更新、インターフェイスの変更、各種ガイドの公開等が行われているほか、今後、スペイン語・フランス語・ドイツ語・ブラジルポルトガル語・日本語への翻訳が予定されています。

New DMPTool launched today!(DMPTool Blog,2018/2/27)
https://blog.dmptool.org/2018/02/27/new-dmptool-launched-today/

DMPTool
https://dmp.cdlib.org/

日立市立十王図書館・南部図書館(茨城県)、東日本大震災や防災関連の展示を実施

茨城県の日立市立十王図書館と同市立南部図書館が東日本大震災や防災関連の展示を実施しています。

展示期間は、十王図書館では3月1日から3月20日まで、南部図書館では2月15日から3月11日までです。

十王図書館の展示を紹介するウェブページには震災当時の同館の被害状況を撮影した写真が掲載されています。

震災の本を展示します(十王図書館)(日立市立図書館)
http://www.city.hitachi.lg.jp/lib/003/p058368.html

3.11の本(南部図書館企画展示)(日立市立図書館)
http://www.city.hitachi.lg.jp/lib/003/p065959.html

岩手県立図書館、ミニ展示「あの日を思い出す3.11」を実施

岩手県立図書館が、2018年3月1日から3月24日まで、 ミニ展示「あの日を思い出す3.11」を実施しています。

東日本大震災の発生後間もなく震災について特集した新聞・雑誌を用いて、即時性に優れた新聞や雑誌は何をどのように伝えていたのかを展示します。

併せて、当時の記録映像を中心にDVDも展示されます。

4階ミニ展示コーナー「あの日を思い出す3.11」(岩手県立図書館)
https://www.library.pref.iwate.jp/info/evecale/minitenji/index.html#201803_av

参考:
宮城県図書館、ミニ展示「あの日から7年 復興の姿とこれからの備え」を実施
Posted 2018年2月20日
http://current.ndl.go.jp/node/35523