アーカイブ - 2018年 2月 28日

日付

Project MUSE、新しいウェブサイトのbeta版を公開

2018年2月28日、人文・社会科学系の電子資料提供サービスProject MUSEが、新しいウェブサイトのbeta版を公開しました。

beta版では、脚注や参照がテキストと共に「インライン」で表示されるほか、ファセット検索・個人アカウントなどの新しい機能や、HTML5形式のオープンアクセス(OA)の単行書のサンプルが搭載されています。

正式公開は今夏を予定しており、beta版への意見を募集しています。

@ProjectMUSE(Twitter,2018/2/28)
https://twitter.com/ProjectMUSE/status/968562224385191937

Project MUSE(beta)
http://beta.muse.jhu.edu/

ScienceOpen、“Unpaywall”のOA論文に関するデータを統合:OAの出版社版が存在すると緑色ボタンを表示

2018年2月27日、研究・出版ネットワークScienceOpenが、altmetricsサービス“Impactstory”が開発した“Unpaywall”のオープンアクセス(OA)論文に関するデータを取り込んだと発表しています。

ScienceOpenの検索結果画面で、当該記事にOAの出版者版が存在する場合、緑色の“Publisher”ボタンが表示されます。その他、PubMed CentralやSciELO等、ScienceOpenが連携しているプラットフォームでOAで公開されている論文が存在する場合も各々の記事に緑色のボタンが表示されます。

Read what you are looking for! ScienceOpen integrates more Open Access data(ScienceOpen,2018/2/28)
http://blog.scienceopen.com/2018/02/scienceopen-open-access-data/

岡山市西大寺緑花公園緑の図書室、「たのしく学ぶプログラミング入門」を開催

2018年3月17日、岡山市の西大寺緑花公園緑の図書室が、「たのしく学ぶプログラミング入門」を開催します。

プログラミングのしくみを知るとともに、実際に簡単なプログラムを作成する内容で、午前・午後各1回実施されます。

講師は、岡山県倉敷市にある川崎医療福祉大学の「あきら先生」です。

小学4年生から中学3年生までが対象で、各回定員は12人です。
料金は無料ですが、事前の申し込みが必要です。

【緑の図書室】「たのしく学ぶプログラミング入門」開催のご案内(岡山市)
http://www.city.okayama.jp/kyouiku/chuotoshokan/chuotoshokan_00406.html

Google Arts & Cultureで、英国図書館(BL)のハリー・ポッター20周年記念展示のオンライン版が公開

英国図書館(BL)が2018年2月28日まで開催している、ハリー・ポッター20周年記念展示“Harry Potter: A History of Magic”のオンライン版が、2018年2月27日、Google Arts & Cultureで公開されました。

公開時点では6か国語(英語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・ヒンディー語・ブラジルポルトガル語)に対応しています。

With just a flick of a wand, “Harry Potter: A History of Magic” is on Google Arts & Culture(Google,2018/2/27)
https://www.blog.google/topics/arts-culture/just-flick-wand-harry-potter-history-magic-google-arts-culture/

内閣府、国際的動向を踏まえたオープンサイエンスの推進に関する検討会の第2回を開催、配布資料を公開

2018年2月23日、内閣府は、国際的動向を踏まえたオープンサイエンスの推進に関する検討会の第2回を開催しました。また、その配布資料を公開しています。

この検討会は、国際動向を踏まえたオープンサイエンス推進のための方策等について検討し、この政策分野における国際プレゼンスの向上や国内施策の充実を図るため、開催されます。

国として今後推進すべき取組としてデータポリシー策定を支援・促進するガイドラインの作成を挙げており、配布資料には、研究機関の公的資金による研究データの管理・利活用ポリシー策定に関するコアガイドライン(案)が含まれています。また参考資料として、国内のデータポリシーの事例もまとめられています。

国際的動向を踏まえたオープンサイエンスの推進に関する検討会(第2回)(内閣府)
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/kokusaiopen/2kai/2kai.html

米国図書館協会(ALA)、図書館・情報技術部会、図書館コレクション・技術サービス部会、図書館リーダーシップ・経営部会の統合・再編に関する文書を公開し意見を募集

2018年2月23日、米国図書館協会(ALA)の図書館・情報技術部会(LITA)が、LITA、図書館コレクション・技術サービス部会(ALCTS)、図書館リーダーシップ・経営部会(LLAMA)の3部会の連携・再編に関する文書を公開し、意見を募集しています。

LITAをはじめALAの各部会では会員数が減少傾向で、結果として生じる赤字がサービスの維持を困難としているという現状があることから、協働、正式な連携、合併等により、3部会の活動内容の重複を避け、「強み」を強化する事を目的としたものです。

3部会では同文書に関して引き続き議論を行なうとしています。

LITA, ALCTS, and LLAMA document on small division collaboration(LITA,2018/2/23)
http://litablog.org/2018/02/lita-alcts-and-llama-document-on-small-division-collaboration/

【イベント】信州大学人文学部学部重点事業「「学知アーカイヴ」としての藩旧蔵古典籍」シンポジウム(3/15・松本)

2018年3月15日、長野県松本市の信州大学中央図書館において、信州大学人文学部学部重点事業「「学知アーカイヴ」としての藩旧蔵古典籍」シンポジウムが開催されます。

藩旧蔵古典籍にかかわる4名の講師による講演、高島藩旧蔵古典籍の原本閲覧講習会、「学知アーカイヴ」のテーマに沿った意見・情報交換会が行われます。

入場無料で、参加のための事前予約も不要です。

内容は以下の通りです。

講演:
藩旧蔵古典籍の概要 
白井 純氏(信州大学人文学部准教授)

高島藩「長善館資料」の概要とその移動経緯 
嶋田彩乃氏(諏訪市博物館学芸員)

松代藩真田家伝来の典籍について 
山中さゆり氏(松代文化施設等管理事務所研究員)

藩文庫の古典籍―古典の教授と典籍― 
西 一夫氏(信州大学教育学部教授)

資料の見方と触り方:
高島藩旧蔵典籍の原本閲覧講習会

シンポジウム 司会(白井氏)