アーカイブ - 2018年 2月 21日

英国図書館(BL)、作曲家・グレインジャー氏が採録したイングランド地域の民俗音楽約350点をオンラインで公開

2018年2月20日、英国図書館(BL)が、作曲家のグレインジャー(Percy Grainger)氏によって1906年から1909年にかけてイングランド地域において採録された民俗音楽約350点を、“British Library Sounds”で公開したと発表しています。

各資料のメタデータには、英国民族舞踊民謡協会のヴォーン・ウィリアムズ記念図書館がウェブサイトで公開している、グレインジャー氏による採録音楽の譜面へのリンクが貼られているほか、“Roud Folk Song Index”で用いられている“Roud number”、グレインジャー氏が付与した番号、それらの音源が録音されていたレコードや蝋管の番号なども記載されています。

奥州市立胆沢図書館(岩手県)、「猫ノ図書館」開館1周年記念イベントを開催

2018年2月22日、岩手県の奥州市立胆沢図書館が、猫本コーナー「猫ノ図書館」のグランドオープンから1周年を記念し、「猫ノ図書館」1周年記念イベントを開催します。

同館は「1周年記念セレモニー」として、「猫ノ図書館」ねこ館長「むぎ」が出勤する辞令交付式などを行う予定です。「猫ノ図書館」で「猫本」を借りた利用者には、「むぎ館長特製プロマイド」が数量限定でプレゼントされます。また、ねこ館長「むぎ」のこの1年を振り返る写真のパネル展示「吾輩ハねこ館長デアル。~I am MUGI 展~」を3月20日まで実施しています。

【胆沢図書館】猫本コーナー「猫ノ図書館」1周年記念イベントのお知らせ(奥州市,2018/2/16)
http://www.city.oshu.iwate.jp/view.rbz?cd=7962

カンタベリー大学、ニュージーランド地震に関するデジタルアーカイブ“QuakeStudies”をリニューアル:機能の改善やCCライセンスの付与など

2018年2月20日、ニュージーランドのカンタベリー大学は、2010年・2011年に発生したカンタベリー地震に関するデジタルアーカイブである“QuakeStudies”をリニューアルしたと発表しました。

新しい“QuakeStudies”では、検索性の向上、資料の表示ツールの改善、ユーザーフレンドリーなレイアウトへの改善、高度なナビゲーション機能の追加等が行われているほか、資料の調査や再利用のため、多くの登録資料にクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)が付与されました。

また、機能改善に加え、ストリートアートや公衆精神衛生キャンペーン“All Right?” に関する資料等が追加されています。

UC launches QuakeStudies 2.0(Univercity of Canterbury,2018/2/20)
http://www.canterbury.ac.nz/news/2018/uc-launches-quakestudies-20.html

オーストリア科学財団(FWF)とオーストリア学術コンソーシアム、Wiley社と論文のOA化に関する3年間の契約を締結

2018年2月12日、オーストリア科学財団(Austrian Science Fund: FWF)、オーストリア学術コンソーシアム(Austrian Academic Consortium: Kooperation E-Medien Österreich)とWiley社は、FWFが出資した、同コンソーシアムに所属する著者の論文をオープンアクセス(OA)で出版することと、同社のコンテンツ購読を組み合わせた3年間の契約を結びました。

契約では、同コンソーシアムに参加する22機関に所属する著者がFWFの出資を受けて、同社のハイブリッドOAの雑誌に投稿した論文を、著者の費用負担なしにOAにすることができます。契約は2018年1月1日以降、同社のハイブリッドOAの雑誌で受理された論文に適用されます。受理された論文の著者が条件を満たしている場合、OAで出版可能であることが本人に自動的に通知されます。

Elsevier社、同社製品のアノテーション機能の相互運用性向上を目的に、アノテーションを普及促進する非営利団体Hypothesisと提携

2018年2月20日、Webアノテーションを普及促進する非営利団体HypothesisとElsevier社は、Elsevier社製品のアノテーション機能を、オープンな基準や技術に基づいた相互運用可能な新しいエコシステムに適合させる事を目的とした提携を発表しています。

Elsevier Collaborates with Hypothesis to Integrate Open Annotation(Hypothes.is,2018/2/20)
https://web.hypothes.is/blog/elsevier-hypothesis/

@ElsevierNews(Twitter,2018/2/21)
https://twitter.com/ElsevierNews/status/965986596779683840

Open Preservation Foundationに、英国国立公文書館(TNA)が加盟

デジタル資料の長期保存を目指す非営利団体Open Preservation Foundation(OPF)は、2018年2月20日、英国国立公文書館(TNA)が加盟したと発表しています。

The National Archives joins the Open Preservation Foundation(OPF,2018/2/20)
http://openpreservation.org/news/national-archives-joins-the-open-preservation-foundation/

参考:
Open Preservation Foundationに、ノルウェー国立図書館が加盟
Posted 2016年6月17日
http://current.ndl.go.jp/node/31823

国立国語研究所、「北米における日本関連在外資料目録」を公開

2018年2月13日、国立国語研究所が、「北米における日本関連在外資料目録」を公開しています。

人間文化研究機構ネットワーク型基幹研究プロジェクト「北米における日本関連在外資料調査研究・活用―言語生活史研究に基づいた近現代の在外資料論の構築―」において収集した資料(音声・映像資料・写真等)の目録を順次公開するものです。

現時点では、日系移民音源資料目録として「国立国会図書館憲政資料室移民関連音声資料」「ハワイ日本文化センター」がcsvファイルで、写真資料としては国立歴史民俗博物館の「日系アメリカ移民データベース」へのリンクが貼られています。

北米における日本関連在外資料目録
http://www2.ninjal.ac.jp/nikkei-studies/catalogue/cataloguelist.html
※「2018/2/13」とあります。