アーカイブ - 2018年 12月 28日

2018年もご愛読いただき、ありがとうございました。

2018年もカレントアウェアネス・ポータルをご愛読いただき、ありがとうございました。本日12月28日が、年内最後の記事更新日となります。本年は、カレントアウェアネス-R 1,834本、カレントアウェアネス-E 106本、カレントアウェアネス 29本を掲載しました。

2019年は1月4日より記事更新を再開いたします。今後もより一層コンテンツの充実に努めてまいりますので、引き続きご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

みなさま、よいお年を。

【イベント】Culture NIPPON シンポジウム東京大会「文学が繋ぐ人と人~2020年とその先の未来へ向かって~」(2/9・東京)

2019年2月9日、江東公会堂(ティアラこうとう)(東京都江東区)において、文化庁が主催するCulture NIPPON シンポジウム東京大会「文学が繋ぐ人と人~2020年とその先の未来へ向かって~」が開催されます。

様々な視点から、文学や文学を中心としたプログラムを取り上げ、場所・時代を超えて人々を繋ぐ文学の力について議論し、発信するシンポジウムとのことです。国文学研究資料館長のロバート・キャンベル氏による講演「人と人とを繋ぐ文学の力」や、作家・村田沙耶香氏によるショートプレゼンテーション「作者の視点から語る文学の力」等が行われます。

定員は1,000名で、入場無料ですが事前の申込みが必要です。

文学が繋ぐ人と人~2020年とその先の未来へ向かって~<東京大会>(Culture Nippon シンポジウム)
https://culture-nippon-s.com/tokyo/

SPARC Europeと英・Digital Curation Centre、欧州のオープンデータ・オープンサイエンス方針に関する新たな報告書“An Analysis of Open Data and Open Science Policies in Europe v3, November 2018”を公開

2018年12月20日、SPARC Europeと英・Digital Curation Centre(DCC)が、欧州におけるオープンデータ・オープンサイエンス方針を分析した新たな報告書、”An Analysis of Open Data and Open Science Policies in Europe v3, November 2018”の公開を発表しました。

SPARC EuropeとDCCは欧州のオープンデータ・オープンサイエンス方針に関する報告書を2017年3月、2017年5月にも公開しており、今回の報告書は一連の調査結果の第3弾にあたります。

EU加盟国28か国とアイスランド、ノルウェー、セルビア、スイスが調査対象となっており、公開に関するニュースでは重要な調査結果として次の2点が挙げられています。

・2018年1月から11月の間に5つの新しい方針が追加されたこと
・オープンデータ・オープンサイエンスへの国家的な取組に関する新しい動きがチェコ、ギリシャ、アイルランド、ルクセンブルク、ポーランドで見られたこと

文化庁、マラケシュ条約の締結に伴う利用しやすい様式の複製物の国境を越える交換についてのページを公開

2018年12月28日、文化庁は、マラケシュ条約の締結に伴う利用しやすい様式の複製物の国境を越える交換についてのページをウェブサイトで公開しました。

新着情報一覧(文化庁)
http://www.bunka.go.jp/whats_new.html
※「2018年12月28日 盲人,視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者が発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約の締結に伴う利用しやすい様式の複製物の国境を越える交換」とあります。

盲人,視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者が発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約の締結に伴う利用しやすい様式の複製物の国境を越える交換について(文化庁)
http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/hokaisei/marrakesh/

日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム、大学図書館等における脚本の所蔵調査を開始:調査のためのアンケートを実施中

一般社団法人日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムが、大学図書館等における脚本(図書として出版されたものを除く)の所蔵調査を開始することを発表しています。

平成30年度文化庁の委託調査研究事業「文化関係資料アーカイブ構築の調査研究」の一環として実施されるものであり、全国に分散保存されている脚本の所蔵状況を明らかにすることで、将来的な統合検索システム等の作成、資料のデジタル化保存等の活用につなげたいとしています。

2018年12月28日現在、大学図書館関係者に対して調査のためのアンケートを実施中であり、アンケートの結果は2019年3月末に発行される文化庁への報告書に掲載するほか、2019年3月に開催予定の文化庁、国立国会図書館との共催によるシンポジウムで報告を行う予定とあります。

京都国立近代美術館で展示「フランス映画ポスター名品選 国立映画アーカイブ デジタル・コレクションより」が開催:デジタル化した資料を活用して高精度の複製を制作・展示

国立映画アーカイブ(NFAJ)は、2018年12月26日付けのTopicsにおいて、京都国立近代美術館との共催による展示「フランス映画ポスター名品選 国立映画アーカイブ デジタル・コレクションより」の開催を紹介しています。

展示は京都国立近代美術館(京都市左京区)で2019年1月16日から2月24日にかけて開催されます。デジタル化したNFAJ収蔵資料の活用の試みであり、フランスの映画ポスターの伝統である大判ポスター10点を選び、高精度の複製を制作して展示を行うとあります。

NFAJでは、資料活用の幅を広げ、アクセシビリティを高めるためのデジタル化を実施しており、2018年3月31日には、ポスター等のデジタル化作業により得られたデジタル化の仕様、技術の標準化に関する情報をまとめた資料「東京国立近代美術館フィルムセンター映画関連資料デジタル化の手引(2017 年版)」を刊行しています(刊行当時は「東京国立近代美術館フィルムセンター」であり、翌4月1日にNFAJが設立)。

国立情報学研究所(NII)、『NII Today』第82号を刊行:「オープンアクセスへの道:これからの学術情報流通システムを考える」が特集テーマ

2018年12月27日、国立情報学研究所(NII)は、『NII Today』第82号(2018年12月)の刊行を発表しました。

「オープンアクセスへの道:これからの学術情報流通システムを考える」を特集テーマとし、以下の4本の記事を掲載しています。なお、同紙は無料で全文PDFを公開しています。

・NII Interview オープンアクセスは電子ジャーナル問題を解決できるか:研究環境の改善に向けた京都大学の取り組み
・どうなる、どうする、明日の学術情報システム:持続可能性の鍵としてのオープンアクセス
・オープンアクセス普及のカギを握るさまざまな取り組み:グリーンOA、ゴールドOAは学術誌を救うか
・学術誌をアカデミアの手に取り戻す:オープンアクセスの最新動向と岐路に立つ日本
・エッセイ:バイオ研究者にとってのOA推進

最新トピックス一覧(NII)
https://www.nii.ac.jp/news/
※2018年12月27日のニュースに「NII Today 第82号 「オープンアクセスへの道 これからの学術情報流通システムを考える」を発行」とあります。

第2回東京大学学術資産アーカイブ化推進室主催セミナー「かわいい子には旅をさせよ ― デジタルアーカイブとオープンデータ―」の講演資料・パネルディスカッション記録が公開

2018年12月28日、東京大学附属図書館は、2018年11月22日開催の第2回東京大学学術資産アーカイブ化推進室主催セミナー「かわいい子には旅をさせよ ― デジタルアーカイブとオープンデータ―」に関して、講演資料及びパネルディスカッション記録の公開を発表しました。

【開催報告】第2回東京大学学術資産アーカイブ化推進室主催セミナー(東京大学附属図書館, 2018/12/28)
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/contents/news/20181228

第2回東京大学学術資産アーカイブ化推進室主催セミナー 講演資料・パネルディスカッション記録(東京大学附属図書館)
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/contents/archives-top/seminar2

米国下院、博物館図書館サービス法2018年版を可決:大統領の署名待ち(米国)

2018年12月19日、米国下院が、博物館図書館サービス法2018年版(S.3530 - Museum and Library Services Act of 2018)を可決しました。

「図書館サービスおよび技術法」(Library Services and Technology Act)に基づく図書館助成事業を、博物館・図書館サービス機構(IMLS)に2025年まで再委任する内容となっています。

Museum and Library Services Act Passes(americanlibraries,2018/12/20)
https://americanlibrariesmagazine.org/blogs/the-scoop/museum-and-library-services-act-passes/

【イベント】まちライブラリー@大阪府立大学第52回アカデミックカフェ「MLAKSU連携の可能性と住民の役割―つながる・むすぶ・わかちあい―」(2/15・大阪)

2019年2月15日、大阪府立大学I-siteなんば3階のまちライブラリー@大阪府立大学(大阪市)で、大阪府立大学・和歌山大学連携事業として、大阪府立大学主催による第52回アカデミックカフェ「MLAKSU連携の可能性と住民の役割―つながる・むすぶ・わかちあい―」が開催されます。

和歌山大学教授・学術情報センター図書館長の渡部幹雄氏が「カタリスト」として招かれます。開催案内では、地域の文化施設MLAK(博物館、図書館、文書館、公民館)及び教育施設SU(学校、大学)が連携することで人は新しい「知」に出会えるとし、知的資源の活用と保存について、国内外の事例を写真とともに紹介しながら考えるとされています。

定員は30人(先着順、定員になり次第締切り)で、参加費は無料です。持ち物は、テーマに沿った本として、「図書館、博物館、公民館、文書館、学校、大学の経営に関する本」とあります。なお、本を用いた自己紹介の時間があります。

「著作権法施行令の一部を改正する政令」「著作権法施行規則の一部を改正する省令」が公布

2018年12月28日付けの官報に「著作権法施行令の一部を改正する政令」「著作権法施行規則の一部を改正する省令」が掲載されました。

「著作権法施行令の一部を改正する政令(三六〇)」『官報』平成30年12月28日(号外 第290号)
https://kanpou.npb.go.jp/20181228/20181228g00290/20181228g002900005f.html

「著作権法施行規則の一部を改正する省令(文部科学三七)」『官報』平成30年12月28日(号外 第290号)
https://kanpou.npb.go.jp/20181228/20181228g00290/20181228g002900056f.html

箕面市(大阪府)、(仮称)市立船場図書館・(仮称)市立船場生涯学習センターの指定管理者を大阪大学に決定したと発表

2018年12月20日、大阪府の箕面市は、2021年4月開館予定の(仮称)市立船場図書館・(仮称)市立船場生涯学習センターの指定管理者を、国立大学法人大阪大学に決定したと発表しています。施設の管理運営は、大阪大学が将来にわたり無償で行なうとのことです。

両施設は、大阪大学箕面キャンパスの移転が決定している箕面船場阪大駅前に立地することになっており、大阪大学の大学図書館機能を兼ね備えた市立図書館では、同市の蔵書11万冊に加えて、大阪大学の蔵書約60万冊についても、市民も閲覧し、借りることができるとしています。館内は「にぎやかエリア」と「一般エリア」に分割された環境が整備されます。

(報道資料)大阪大学が、(仮称)市立船場図書館・(仮称)市立船場生涯学習センターを管理運営します(箕面市,2018/12/20)
https://www.city.minoh.lg.jp/syogai/handaisiteikanri.html

「平成30年7月豪雨」の被害を受け休館中の宇和島市立簡野道明記念吉田町図書館(愛媛県)、2019年1月4日から吉田公民館内で臨時開館

「平成30年7月豪雨」による被害を受け休館中の愛媛県の宇和島市立簡野道明記念吉田町図書館が、2019年1月4日から吉田公民館内に一部図書を移して臨時開館すると発表しています。

宇和島市立簡野道明記念吉田町図書館
https://www.city.uwajima.ehime.jp/site/uwajima-city-library/list314-727.html
※「簡野道明記念吉田町図書館 臨時開館 について」とあります。

愛媛豪雨災害 吉田図書館 臨時開館に向け準備(愛媛新聞,2018/12/28)
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201812280005

ハリマ農業協同組合が運営するサンパティオ図書館(兵庫県)が休館中:運営者を募集中(記事紹介)

2018年12月27日付けの神戸新聞に、兵庫県宍粟市のハリマ農業協同組合が運営するサンパティオ図書館が10月から休館し、2019年1月を期限に、新たな運営者を募集しているとの記事が掲載されています。

同記事によると、図書館がなかった同市一宮町北部に1997年開館し、司書も配置されていましたが、利用が減り、また、農協の収益悪化のため、休館することになったとのことです。

期限までに運営者が見つからなかった場合、閉館となるとのことです。

全国的に珍しい民営図書館が閉館の危機 宍粟、貴重本多く存続願う声(神戸新聞,2018/12/27)
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201812/0011938842.shtml