アーカイブ - 2018年 12月 19日

新・名取市図書館(宮城県)がオープン

2018年12月19日、名取市図書館(宮城県)の新館がJR名取駅前の複合施設内にオープンしました。

旧館が東日本大震災で大きな被害を受けたため、代替施設として「どんぐり子ども図書室」「どんぐり・アンみんなの図書室」を建設し、サービスを行っていましたが、2018年8月31日をもって新館開館準備のため図書室でのサービスを終了していました。

名取市図書館新館オープン!(名取市図書館)
https://lib.city.natori.miyagi.jp/web/event/1097

新図書館(名取市図書館)
https://lib.city.natori.miyagi.jp/web/library/new-library

静岡県教育委員会、「「文化力の拠点」施設における新県立中央図書館基本計画(案)」に対するパブリックコメントを実施中

2018年12月14日、静岡県教育委員会は、「「文化力の拠点」施設における新県立中央図書館基本計画(案)」に対するパブリックコメントの実施を発表しました。

静岡県教育委員会では、東静岡駅南口に計画している「文化力の拠点」施設に県立中央図書館を全館移転整備するという県の方針を受け、図書館整備についての検討を行っており、その一環としてパブリックコメントを実施するものです。

実施期間は2018年12月18日から2019年1月15日までとなっています。

「文化力の拠点」施設における新県立中央図書館基本計画(案)に対するパブリックコメントを実施します(静岡県, 2018/12/14)
http://www2.pref.shizuoka.jp/all/kisha18.nsf/c3db48f94231df2e4925714700049a4e/ba95878af0dd9d8b49258343001ede94?OpenDocument

新・沖縄県立図書館がオープン:開館記念貴重資料展も開催

2018年12月15日、沖縄県立図書館の新館がオープンしました。

那覇市寄宮にあった旧館からの移転作業のため休館していましたが、那覇市泉崎の複合施設「カフーナ旭橋A街区」の3階から6階(6階は事務所スペース)に移転し、同日開館したものです。なお、「カフーナ旭橋A街区」は那覇バスターミナル、沖縄観光情報センター、商業施設、オフィス等との複合施設です。

また、2018年12月24日まで、開館記念展示「貴重資料展‐図書館のたからもの‐」を館内で開催しており、同館が所蔵する貴重資料の展示が行われています。

米国図書館協会(ALA)知的自由委員会、「図書館の権利宣言」に利用者のプライバシーと機密性の保持に関する条項を追加する改訂案を公開

2018年12月14日、米国の大学・研究図書館協会(ACRL)が、米国図書館協会(ALA)の知的自由マニュアルレビューワーキンググループが、 図書館利用者のプライバシーと機密性保持を保証するというコンセプトに焦点を当てた第7項を追加するために「図書館の権利宣言」(Library Bill of Rights)を若干更新することを推奨し、ALAの知的自由委員会が、作成した改訂案に対して2018年12月21日まで意見を求めていることを紹介しています。

ALAの「倫理綱領」(Code of Ethics)の第3項には同内容が含まれているものの、「図書館の権利宣言」には含まれていないことから追加をしようとするもので、ビックデータの時代において、図書館が利用者のプライバシーを保護し、個人を特定できる情報の機密性とセキュリティを維持するという期待・約束を含めるよう改訂するものです。

ALAの知的自由委員会では、寄せられた意見を基に改訂案を修正し、ALAの冬季集会前のALAの評議会に提出される予定とのことです。評議会のフォーラムでも発表を行ない意見を募集するとのことです。

チェコ共和国内の12駅で学術無線LANローミング基盤eduroamが利用可能に

2018年12月18日、学術無線LANローミング基盤eduroamは、チェコ共和国内の12の駅でeduroamが利用可能となっていることを発表しました。

今年になって、ブルノ、チェスケー・ブジェヨヴィツ、プルゼニ、オロモウツ、オストラヴァ、オストラヴァ・スヴィノフの各駅で利用可能となったことによるものです。

eduroam now available at 12 train stations across the Czech Republic(eduraom,2018/12/18)
https://www.eduroam.org/2018/12/18/eduroam-now-available-at-12-train-stations-across-the-czech-republic/

デジタルアートの保存に取り組むRhizomeとカナダ国立映画庁(NFB)、ウェブアーカイブツールWebrecorderの機能強化のための技術協力の拡大を発表

2018年12月18日、デジタルアートの保存に取り組む米国の団体Rhizomeは、カナダ国立映画庁(NFB)と共同で、NFBのコレクションのうち、インタラクティブなデジタルフィルムやウェブベースの芸術作品の継続的なアクセス保証のため、技術協力を拡大すると発表しました。

2020年に予定されているAdobe Flash Playerのサポート中止等を控えて、古い技術や仕様に基づくカナダの視聴覚資料を、エミュレーションを通じて人気のある定着したウェブブラウザで利用できるよう、オープンソースのウェブアーカイブツールWebrecorderの機能強化を図ることが目的です。

Webrecorderで作成されたウェブアーカイブは最新式のメディア資産管理(MAM)システムに統合されます。