アーカイブ - 2018年 10月 4日

国立国会図書館(NDL)、1クリック検索「著名人の演説・講演」を公開

2018年9月20日、国立国会図書館(NDL)は、歴史的音源専用ホームページ「れきおん」で、1クリックで著名人の演説・講演を検索できる「著名人の演説・講演」のページを公開しました。

著名な政治家・軍人・実業家・学者等、52人の著名人の名前から、「れきおん」に収録されている演説や講演音源を検索することができます。

2018年9月20日 1クリック検索「著名人の演説・講演」を公開しました(国立国会図書館, 2018/9/20)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2018/180920_01.html

著名人の演説・講演(れきおん)
http://rekion.dl.ndl.go.jp/ja/rekion_guide1.html

米国教育省、米・カリフォルニア大学デービス校等によるオープン・テキストブックに関するプロジェクトに490万ドルを助成

2018年10月3日、米国教育省は、オープン・テキストブックに関するプロジェクトとして、米・カリフォルニア大学デービス校に490万ドルの助成を行うことを発表しました。同プロジェクトでは、化学等の進学する学生が多い分野についても、職業技術教育分野と同様に、オープン・テキストブックの作成を開始する予定です。

今回の計画は、同校が中心となって進めている米国の12大学によるオープン・テキストブックのサービスであるLibreTextsを拡大させる形で事業を進める予定です。LibreTextsは、化学から人文学まで12の学問分野で、6万8,500ページ以上の教科書を公開しており、2億5,000万回以上のページビューがあり学生が閲覧した時間はのべ650年分にあたると述べています。これまでの取り組みで3,000万ドル分の学生の教科書代を節約したと見積もっており、今回の支援を受けて今後3年間で5,000万ドル以上の教科書代の節約につなげることが目標であるとしています。

山口県立山口図書館、資料展示「明治・大正の図書館」を開催中

山口県立山口図書館が、2018年9月29日から11月29日まで、資料展示「明治・大正の図書館」を開催中です。

明治期の山口県内の図書館、県立図書館の設立、私立児玉文庫・桜圃寺内文庫等に関する図書が展示されています。

資料展示「明治・大正の図書館」(山口県立山口図書館)
http://library.pref.yamaguchi.lg.jp/siryoutenji/201809

関連:
児玉文庫と児玉源太郎(周南市立図書館)
https://shunan-library.jp/bunka/kodama.html

桜圃寺内文庫(山口県立大学図書館)
https://www.ypu.jp/li/ol/

カナダ国立図書館・文書館(LAC)、子ども向けSPレコードのレコードレーベル画像をFlickrで公開

2018年10月2日、カナダ国立図書館・文書館(LAC)が、1918年から1962年にかけて作成された子ども向けSPレコードのレコードレベル画像をFlickrで公開したと発表しています。

英語やフランス語による童謡や著明な曲のレコードレーベルに加え、人形メーカーの販売促進のために作成されたレコードレーベル画像なども含まれています。

Images of Recordings for Children: 78rpm discs, 1918-1962 now on Flickr(LAC,2018/10/2)
https://thediscoverblog.com/2018/10/02/images-of-recordings-for-children-78rpm-discs-1918-1962-now-on-flickr/

IFLA Journal、2018年10月号が刊行:プライバシーを特集

2018年10月3日、国際図書館連盟(IFLA)が刊行する“IFLA Journal”の44巻3号(2018年10月)が公開されました。

プライバシーに関する特集号です。

Out Now: October 2018 issue of IFLA Journal(IFLA,2018/10/3)
https://www.ifla.org/node/81954

IFLA Journal. 2018, 44(3). [PDF:88ページ]
https://www.ifla.org/files/assets/hq/publications/ifla-journal/ifla-journal-44-3_2018.pdf

『カレントアウェアネス-E』355号を発行

E2063 - Open Preservation Foundationの概要と活動

電子情報保存に関するコミュニティとして,英国に拠点を置く非営利法人組織Open Preservation Foundation(OPF)が昨今その存在感を増している。以下では,この組織の概要とともに,2018年7月にOPFが公表した今後の戦略計画“STRATEGY 2018-2021”について紹介する。

E2062 - オンライン資料の納本制度の現在(5)シンガポール

2018年7月9日,「国立図書館委員会(改正)法」(以下「本法」)がシンガポール国会で可決された。これにより,従来から納本対象であった有体物(紙資料,CD,DVD,CD-ROM等)に加え,電子書籍・電子雑誌等の電子出版物(以下「オンライン資料」)及びウェブ上の情報(以下「インターネット資料」)についても,国立図書館委員会(NLB)による制度的収集が可能となった。本法の施行日は,近く官報で公表される見通しである。

E2061 - 第27回京都図書館大会<報告>

2018年8月20日,同志社大学寒梅館ハーディホール(京都市)で第27回京都図書館大会が開催された。本大会(E1839ほか参照)は館種を越えた図書館関係者の連携を図り,研鑽を積むことを目的として1992年から年1回開催されている。第27回大会では情報提供の場としての図書館の在り方を見つめ直すべく,「図書館の可能性について~多様化する図書館~」と題し,研究者,図書館員,出版関係者,翻訳家等の多様な立場の登壇者から発表がなされた。

E2060 - TPP11整備法の成立と図書館:保護期間延長問題を中心に

2018年6月29日,参議院本会議において「環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の一部を改正する法律」(平成30年法律第70号;以下「TPP11整備法」)が可決,成立した。この法律については,成立までの過程が若干複雑であり,本論から外れる部分もあるが,成立にいたるまでの経緯を概観しておきたい。

米・ロードアイランド大学、大学図書館にAIラボを開設

米・ロードアイランド大学が、2018年9月25日に、大学図書館内にAIラボを開設しました。

ラボは、学生・教員に対して、ロボット工学、ウェアラブル技術、スマートシティ等の研究をする機会を与えるもので、自然言語処理・スマートホーム・モノのインターネット(IoT)・ビッグデータに関する研究を、初心者から上級レベルまでの個別指導により実施することができます。また、人工知能(AI)に関する社会的・倫理的・経済的な課題についても取り組まれます。

主に学生や教員向けの施設ですが、ロードアイランド州の住民にも開放されます。

図書館やラボの職員は、学生・教員向けの個別指導・ワークショップの準備を行なっています。

米・アップルトン公共図書、ローカルミュージックを配信する“FlipSide”の実施を発表:オープンソースの配信プラットフォームを採用

2018年10月1日、米・ウィスコンシン州のアップルトン公共図書館が、地元のミュージシャンの楽曲を配信するサービスFlipSideの開始を発表しました。

Rabble社が開発したオープンソースの配信プラットフォーム“MUSICat Chorus”を初めて採用して実施するものです。“MUSICat Chorus”は、既に同社のMUSICatサービスを導入してローカルミュージックを配信している公共図書館と共同で開発したもので、人口15万人以下の図書館での実施に適合するものとして作成されました。

同館では、同市及び周辺地域に過去や現在にゆかりがあり、オリジナルの音楽作品のあるミュージャンに対して、10月31日まで楽曲の提供を呼びかけています。

提供された楽曲は11月にキュレーターにより選定され、12月からウェブサイトで公開されます。

A Library of Local Music(Appleton Public Library,2018/10/1)
http://www.apl.org/content/library-local-music

奥州市立胆沢図書館(岩手県)、「猫ノ図書館」秋のスペシャルトークイベント「『客の来ない本屋』の娘が書店再生に挑戦~猫の手を借りて「客の来ない本屋」と「ヒマな図書館」の再生はじめました~」を開催

2018年11月4日、岩手県の奥州市立胆沢図書館が、秋のスペシャルトークイベント「『客の来ない本屋』の娘が書店再生に挑戦~猫の手を借りて「客の来ない本屋」と「ヒマな図書館」の再生はじめました~」を開催します。

同館が館内に設置している「猫本」(猫が出てくる本)だけを集めた常設コーナー「猫ノ図書館」に関するイベントで、「猫ノ図書館」の開設を支援した「神保町にゃんこ堂」を講師に迎え、傾きかけた書店を再生した手法・考え方等の話を聞くことで、経営の創意工夫や地域活性化の手法を学ぶことに加え、図書館の利用拡大を目的に実施されるものです。

会場は胆沢文化創造センターで、対象は、市内の自営業者、起業を考えている人、地域を盛り上げたい人等です。参加費は無料ですが、定員は50人です。

緊急予告!秋のスペシャルトークイベント 猫ノ図書館“秋のスペシャルイベント”決定!(奥州市,2018/9/28)
https://www.city.oshu.iwate.jp/site/tosyo/15797.html

札幌市図書・情報館の開館日が2018年10月7日に決定

2018年10月1日、札幌市図書館は、整備を進めている札幌市図書・情報館の開館日を10月7日午前11時に決定したと発表しています。

同館は、札幌文化芸術劇場・札幌文化芸術交流センターとの複合施設です。

調査相談・情報提供に力を入れた「課題解決型図書館」であり、館内の図書の貸出は実施しません。また、WORK(仕事に役立つ)、LIFE(くらしを助ける)、ART(芸術に触れる)に特化した専門図書館で、文学・児童書・絵本のコーナーは設置されていません。

札幌市図書・情報館(2018年10月7日オープン)(札幌市の図書館,2018/10/1)
https://www.city.sapporo.jp/toshokan/infolibrary/index.html