アーカイブ - 2017年 9月 27日

国立国会図書館、NDL書誌情報ニュースレター2017年3号(通号42号)を公開

2017年9月27日、国立国会図書館(NDL)は、ウェブサイトに『NDL書誌情報ニュースレター』2017年3号(通号42号)を掲載しました。

当館職員の出張報告である米国議会図書館(LC)におけるBIBFRAMEの動向に関する記事のほか、平成29年度全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会の報告記事などを掲載しています。

NDL書誌情報ニュースレター2017年3号(通号42号)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2017_3/index.html

更新情報(国立国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/news.html

欧州の20組織、欧州の著作権改革案におけるテキスト・データ・マイニングの例外規定の修正を求める公開書簡を送付

2017年9月26日、“European Alliance for Research Excellence”の調整により、欧州の大学・図書館・研究機関・企業を代表する20の組織が、欧州議会法務委員会委員と28のEU加盟国の次席代表に対して、「欧州デジタル単一市場における著作権に関する指令」案における、テキスト・データ・マイニング(TDM)の例外規定の修正を求める公開書簡を送付しました。

公開書簡では、現在の欧州での著作権改革についての議論が、将来の欧州の研究や革新を脅かす、TDMの例外規定の範囲を狭めるものになることを懸念し、著作権者や創作者のインセンティブを侵害することなくTDMの例外規定を拡大するような適切な例外規定に修正することを求めています。

公開書簡の署名者には、オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)、欧州研究図書館協会(LIBER)、OpenAIRE、英国研究図書館コンソーシアム(RLUK)、SPARC Europe等が含まれます。

Library of the Year 2017の優秀賞とライブラリアンシップ賞の受賞者が発表される

2017年9月27日、NPO法人知的資源イニシアティブ(IRI)によるLibrary of the Year 2017(LoY2017)の優秀賞とライブラリアンシップ賞が発表されました。

優秀賞は、従来の図書館イメージを覆す図書館サービスを提供し、これからの図書館のあり方を示唆するような先進的な活動を行っている機関を評価するもの、ライブラリアンシップ賞は、長期にわたって日本を代表する優れた図書館サービスを、館種を超えた図書館や地域住民と共に行ってきたことを評価するものです。

IRIメンバーおよび外部推薦で寄せられた53施設・団体・サービスの中から、第一次、第二次の選考会を経て、次の3機関がLoY2017優秀賞、2機関がLoY2017ライブラリアンシップ賞を受賞しました。

◯LoY2017優秀賞
・大阪市立中央図書館:20年間継続されてきた地域資料のデジタルアーカイブ事業と将来に向けた取り組み
・瀬戸内市民図書館もみわ広場:市民と行政が育てる もちより・みつけ・わけあう広場としての図書館
・ウィキペディアタウン(各地でウィキペディアタウンを企画実施したみなさんとこれをサポートしたウィキペディアンのみなさん):地域情報資源を活用した公共情報資産の共創活動

【イベント】三田図書館・情報学会2017年度研究大会 ラウンドテーブル「図書館情報学研究と科学研究費補助金」も開催(10/7・東京)

2017年10月7日、慶應義塾大学三田キャンパスにて、三田図書館・情報学会2017年度研究大会が開催されます。

図書館情報学に関する研究発表が行われるほか、午後の時間帯には「図書館情報学研究と科学研究費補助金」と題したラウンドテーブル(話題提供者等以外にも、参加者が積極的に討議に関わる場)が設けられています。図書館情報学分野にとって重要でありながら、研究発表のテーマにはなりにくい「科研費」について、自由な意見交換を行うことを意図したものとのことです。

三田図書館・情報学会 2017年度研究大会
http://www.mslis.jp/am_2017.html

三田図書館 ・情報学会研究大ラウンドテーブル「図書館情報学研究と科費補助金 」
http://www.mslis.jp/am2017abst/2017roundtable.pdf

米国大学・研究図書館協会、図書館が学生の学習と成功を高め、関係者にその価値を効果的に伝えるための方法を調査した報告書を公開

2017年9月26日、米国大学・研究図書館協会(ACRL)が、図書館が学生の学習と成功を高め、関係者にその価値を効果的に伝えるための方法を調査した報告書“Academic Library Impact: Improving Practice and Essential Areas to Research”を公開しました。

2010年9月の報告書“Value of Academic Libraries: A Comprehensive Research Review and Report”や2013年からのプロジェクト“Assessment in Action: Academic Libraries and Student Success”の結果に基づいており、OCLC Researchと連携して、文献レビュー・フォーカスグループインタビュー・ブレインストーミング・学長へのインタビューなどにより構成されています。

関心のある分野についての既存の文献のフィルタリングや、データを視覚化することができる“Visualizing Academic Library Impact: The ACRL/OCLC Literature Analysis Dashboard”もあわせて公開されています。

米国政府印刷局、米国議会図書館と共同で、1920年代の連邦議会議事録をデジタル化し“govinfo”で公開

2017年9月26日、米国政府印刷局(GPO)が、米国議会図書館(LC)と連携して、1921年から1930年までの連邦議会議事録をデジタル化し、連邦政府の情報を利用できるデータベース“govinfo”で公開したと発表しています。

公開したものは第67議会から第71議会までの議事録で、禁酒法、1924年移民法、不戦条約、ドーズ案、ティーポット・ドーム事件、1929年の株価大暴落に関するもの等が含まれます。

GPO ISSUES DIGITAL RELEASE OF HISTORICAL CONGRESSIONAL RECORD FOR THE 1920s (GPO,2017/9/26)
https://www.gpo.gov/newsroom-media/presspage/17presspage38.htm

宮崎県立図書館、「宮崎県立図書館ビジョン」(素案)のパブリック・コメントを実施

宮崎県立図書館が、2017年9月25日から10月24日まで、「宮崎県立図書館ビジョン」(素案)のパブリック・コメントを実施しています。

同ビジョンは、県立図書館のこれまでの取組の検証や今後取り組むべき課題等を踏まえ、県の中核的な図書館として、今後目指すべき姿や果たすべき役割、施策展開の方向性等を、長期的視点に立って明確にするためのもので、その期間は、平成30年度から平成39年度までの10年間とし、必要に応じて見直しを行うこととされています。

「宮崎県立図書館ビジョン」(素案)のパブリック・コメント実施(宮崎県立図書館,2017/9/25)
http://www2.lib.pref.miyazaki.lg.jp/index.php?key=bbn74pbja-287#_287