アーカイブ - 2017年 8月 28日

篠山市立中央図書館(兵庫県)、県レベルよりも小さな地域で発行されている全国の地域紙を展示する「全国地方新聞展」を開催中

兵庫県の篠山市立中央図書館が、全国の地域紙を展示する「全国地方新聞展」を2017年9月7日まで開催しています。

県レベルよりも小さな地域を拠点に発行している、北は北海道の「あさひかわ新聞」から南は沖縄県石垣島の「八重山毎日新聞」までを含む、全国の地域紙39紙を展示するもので、展示されている新聞は手にとって読むことができるほか、各地域に関連する図書や39社の所在地を示す全国地図もあわせて展示されています。

2017年6月に京都府綾部市で開催された全国地域紙交流会に参加した丹波新聞社が持ち帰った地域紙を、同社の協力のもと展示するものです。

全国地方新聞展を9月7日(木)まで開催中!!(ささやま写真新聞)(篠山市,2017/8/26)
http://www.city.sasayama.hyogo.jp/pc/photo/event/post-1160.html

ドイツ・DEALプロジェクト、2017年末をもってElsevier社との契約を延長しない国内機関のリストを公開

2017年8月21日、ドイツにおけるナショナルライセンス契約を目的とするプロジェクトDEAL(Projekt DEAL)が、同プロジェクトのウェブサイトにおいて、2017年末をもってElsevier社との契約を延長しない国内機関のリストを公開しています。

Vertragskündigungen Elsevier 2017(Projekt DEAL,2017/8/21)
https://www.projekt-deal.de/vertragskundigungen-elsevier-2017/

米・ヴァンダービルト大学、15世紀から20世紀にかけてのゲームに関する書籍等からなるコレクション「ジョージ・クルロウ U.Sプレイング・カード社ゲームコレクション」を取得

2017年8月25日、米・テネシー州にあるヴァンダービルト大学が、カードゲームや、さいころ・トランプ・ルーレット・チェスなどといった、ゲームに関する書籍等のコレクション「ジョージ・クルロウ U.Sプレイング・カード社ゲームコレクション」(George Clulow and United States Playing Card Co. Gaming Collection)を取得したと発表しています。

U.Sプレイング・カード社から取得したもので、15世紀から20世紀にかけての資料約1,000冊からなるコレクションです。

U.Sプレイング・カード社が1898年に英国のトランプメーカーであるジョージ・クルロウから購入したコレクションが基となっており、その後、同社が資料を追加して構築されたコレクションです。

英国、フランス、ドイツ、イタリア、インド、スペイン、スイス、米国の資料からなり、デザインや色彩の理論家オーウェン・ジョーンズ(Owen Jones)によってデザインされたトランプのオリジナルのスケッチ、トランプゲームの攻略本、ゲームやギャンブルが重要な役割を果たす文学作品の初版、タロットカードに関する最も早い記述のある15世紀の手稿、米国でのトランプ製造を記録したアーカイブ資料等が含まれています。

英国図書館、同館の研究データに関する新戦略“British Library Data Strategy 2017”を公開

2017年8月25日、英国図書館(BL)が、同館の研究データに関する新しい戦略“British Library Data Strategy 2017”を公開しました。

戦略は今後取り組むべき中心的テーマである「データ管理(Data Management)」「データの作成(Data Creation)」「データのアーカイブと保存(Data Archiving and Preservation)」「データへのアクセスと再利用(Data Access, Discovery and Reuse)」の4つに分けて構成されています。

Announcing the new British Library Research Data Strategy(BL,2017/8/25)
http://blogs.bl.uk/digital-scholarship/2017/08/announcing-the-new-british-library-research-data-strategy.html

2017年11月30日は、“International Digital Preservation Day”

英国の電子情報保存連合(DPC)が、2017年11月30日に、“International Digital Preservation Day”を実施すると発表しています。

今回が初開催で、デジタル保存の課題を構成する戦略的・文化的・技術的課題への理解を高めるための1つの方法として、電子資料の長期保存を目指す非営利団体“Open Preservation Foundation”(OPF)やICPSR等のデジタル保存関係団体の支援を受けて実施されます。

デジタル保存関係者が、DPCのブログ記事へのコメントの投稿や、Twitterやinstagramへのハッシュタグ“#IDPD17”を用いての投稿等を通じて、各々の“Digital Preservation Day”を紹介するよう呼びかけられています。

Save the Date: International Digital Preservation Day - 30th November 2017(DPC,2017/8/3)
http://www.dpconline.org/news/save-the-date-idpd-2017

図書館流通センター、「TRC新刊図書オープンデータ」の公開を開始

図書館流通センター(TRC)が、国内で刊行された新刊流通図書の書誌情報をオープンデータとして公開することをはじめています。

収録項目は、ISBN、タイトル、サブタイトル、著者(2人まで)、版表示、出版社、発売者、出版年月、ページ数等、大きさ、付属資料の種類と形態、シリーズ名・シリーズ番号(3つまで)、各巻のタイトル、本体価格、セット本体価格で、毎週土曜日に、TRCで作成した1週間分の新刊書誌情報が掲載されます。掲載期間は4週間です。

TRC新刊図書オープンデータ(TRC)
http://www.trc.co.jp/trc_opendata/

8/26(土)より新刊図書オープンデータの公開を開始しました(TRC,2017/8/28)
http://www.trc.co.jp/information/pdf/20170828_release.pdf