アーカイブ - 2017年 7月 31日

日付

熊本県立図書館、「平成28年熊本地震に係る県立図書館の被災及び復旧の取組状況(記録)」等を同館ウェブサイトで公開

2017年7月31日、熊本県立図書館が、「熊本県立図書館の熊本地震による被災状況と復旧状況について」「平成28年熊本地震に係る熊本県立図書館の被災及び復旧の取組状況」を同館ウェブサイトで公開しました。

「平成28年熊本地震に係る熊本県立図書館の被災及び復旧の取組状況」には、2016年5月30日時点での県内公共図書館の被災状況をまとめた表が掲載されています。

熊本地震における熊本県立図書館の被災、復旧について(熊本県立図書館/くまもと文学・歴史館 温知館,2017/7/31)
https://www.library.pref.kumamoto.jp/news/2017/3512/

韓国図書館協会、“IFLA's Global Vision Korea”策定のため意見を募集中

韓国図書館協会が、“IFLA's Global Vision Korea”を策定するとともに、国際図書館連盟(IFLA)による“IFLA's Global Vision”に韓国の図書館の意見を反映させることを目的に、2017年7月28日から8月11日まで意見を募集しています。

寄せられた意見は、集計後、韓国国立中央図書館に送られて分析されるとともに、2017年9月には最終報告書が作成され、IFLAに提出されるほか、2017年10月開催の第54回全国図書館大会で報告書の内容が発表される予定となっています。

IFLAでは、拡大するグローバリゼーションに対して図書館が直面する課題は、図書館の共同による包括的でグローバルな対応によってのみ克服できるとの認識のもと、その将来のロードマップ策定のための取組“IFLA's Global Vision” を2017年4月4日にたちあげており、2017年の第83回世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会にあわせ、各国図書館界において将来最も重要と考えている機会や課題を聞くために、8月21日からオンラインでの投稿システムの公開を予定しています。

米国作曲家作詞家出版者協会とBroadcast Music, Inc.、 両者が管理している音楽作品のデータベースを共同で構築

2017年7月26日、米国の著作権管理団体である米国作曲家作詞家出版者協会(ASCAP)とBroadcast Music, Inc. (BMI)は、両者が管理している音楽作品のデータベースを共同で構築していることを発表しました。

権利保持者や産業界からの求めに応じて、両者は所有権に関する情報を明確にするために、1年以上前から共同でこの問題に取り組んでおり、データベースは2018年の第4四半期から第1段階を公開予定で、今後もAPIや他のデータベースの組み入れの可能性について引き続き検討するとされています。

ASCAP & BMI Announce Creation Of A New Comprehensive Musical Works Database To Increase Ownership Transparency In Performing Rights Licensing(ASCAP,2017/7/26)
https://www.ascap.com/press/2017/07-26-ascap-bmi-database

地方公共団体の予算削減によりこの5年間で約300の公共図書館が閉館(オランダ)(記事紹介)

2017年7月27日にオランダのテレビRTL Nieuwsが報じたところによると、地方公共団体の予算削減によりこの5年間で約300の公共図書館が閉館しているとのことです。

同局の調査によるもので、2011年と2016年の予算を比較すると、ロッテルダム、アーネム、ユトレヒト、シッタード・ゲレーン、アイントホーフェンの5都市が最も図書館関係の予算を削減しており、10館あったアイントホーフェンでは現在1館のみが残っているとのことです。

また、図書館の消滅により生じた格差をうめるために、近年、生徒の読書のための本が3,000校に提供されていることが紹介されています。

図書館・美術館を含む文化芸術活動に関する予算は、ここ数年で1億900万ユーロ削減されているとのことです。

米国の公共図書館における夏季休暇中の子どもへの食事提供の取り組みの現状(記事紹介)

2017年7月30日付のNew York Times紙(オンライン)が、米国の公共図書館が夏休み期間中に実施している子どもへの食事提供の取組の現状を紹介しています。

記事では、学期中に無料もしくは低価格で提供される食事を利用した貧困層のうち、夏季期間中の同種のサービスを利用したのは1/7であるとの調査結果などから、図書館がその利用状況を改善するための場所として注目されていることが説明されています。

そして、カリフォルニア州の公共図書館での実施館が、2013年に13館であったのが、2016年には139館となり20万3,000食が提供されたことや、オハイオ州では、2014年に88館であったのが、米・農務省(USDA)の資金援助を受けて2016年には133館となり、ニューヨーク州では、2013年の36館から2017年には115館へと、実施する公共図書館が拡大していることが紹介されていいます。

また、公共図書館では、低所得者層の子どもが夏休み期間中の学習に取り組むために必要な栄養と教育的活動を組み合わせて提供するという位置づけがなされており、利用者にとっても、公共図書館が利用しやすく、また、援助が必要であるという証明が不要であることやフードバンクに行くより目立たないという長所があるとの意見が紹介されています。

New Zealand Book Council、読書調査の結果を公表

2017年7月28日、New Zealand Book Councilが、同団体の2017年の調査として、ニュージーランドにおける読書に関する調査の報告書“Book Reading in New Zealand”を公開しました。

Horizon Researchが担当した調査で、同国では、年平均20.6冊の本を読むこと、成人のほぼ半分が過去1年の間に同国の作家による本を少なくとも1冊は読んだと回答していること、大半がレクリエーション・娯楽目的で読書し、フィクションにおける好まれる分野は犯罪・スリラー・冒険であるなどの結果が紹介されています。

一方で、39万4,000人の成人が過去1年間読書しなかったこと、その理由として、31%が読書のための時間がないこと、24%が読書は楽しくないこと、16%が書籍を基にした映画を見るのが楽だと回答していることも紹介されています。

@nzbookcouncil(twitter,2017/7/28)
https://twitter.com/nzbookcouncil/status/890773811762573312