アーカイブ - 2017年 7月 26日

Dataverse Project、8つの類似のデータリポジトリを比較調査した結果を公表

オープンソースのデータリポジトリ“Dataverse”を提供するDataverse Projectの2017年7月25日付けのブログ記事において、ユーザビリティの研究者マーフィ(Derek Murphy)氏及び製品調査の専門家ゴーチェ(Julian Gautier)氏が実施した、Dataverseを含む8つの類似のデータリポジトリの機能・使用方法・運営形態(ビジネスモデル・ポリシー)・コンテンツを比較調査した結果をまとめたスプレッドシートが公表されています。

比較されているデータリポジトリは、figshare、Dryad、Zenodo、data.world、Mendeley Data、Open ICPSR、Analyze Boston (CKAN)です。

スプレッドシートは、公開されている情報をもとにまとめられたもので、誤りや最新の情報でないものもあると考えられることから、そのような場合には、コメントを付けるよう求めています。

英国図書館長協会と英国図書館情報専門家協会、公共図書館員の労働力開発のための“Public Library Skills Strategy”を発表

2017年7月5日、英国図書館長協会(SCL)と英国図書館情報専門家協会(CILIP)が共同で、“Public Library Skills Strategy”を発表しました。

Libraries Taskforceと図書館員によるワーキンググループの支援を受けて、公共図書館員の労働力を開発し、公共図書館の影響力を最大化するための新しいモデルを策定したもので、デジタル・創造性・文化的卓越性の中心地としてコミュニティの可能性を高める2030年までの図書館の道筋を示すものとなっています。

同戦略では、労働力開発のための重要な目標を中心に構成された8つの提言を行なっており、両団体では、既存のプログラムにいくつかの提言を組み込んでおり、今後、残りの提言を組み込むために外部資金を導入する計画です。

CILIPでは、この作業を2018年も継続し、SCLでは、公共図書館のサービス指針“Universal Offers”に則って、リーダーシップや技能開発に関する業務を行なう予定です。

韓国の国会図書館と国立民俗博物館が業務協約を締結:教育・研究活動及び展示業務を相互支援

2017年7月21日、韓国の国会図書館と国立民俗博物館が業務協約を締結しました。

国会図書館が、その蔵書を用いて、国立民俗博物館の教育・研究活動を支援するとともに、国立民俗博物館が、国会図書館における展示業務のコンサルティングを行ないます。

国会図書館では、これまで、印刷・出版関連や、国会記録を活用した展示を実施してきましたが、協約締結により、国立民俗博物館が所蔵する資料を用いて、多様な分野の展示を実施することを考えているとのことです。

국회도서관 보도자료
http://www.nanet.go.kr/libintroduce/bododata/selectBodoDataList.do
※167として「국회도서관, 국립민속박물관과 손잡고 라키비움 기능 강화 2017-07-21」(国会図書館,国立民俗博物館と協力してLarchiviem機能強化)とあります。

名古屋市図書館、「なごやアクティブ・ライブラリー構想(案)」へのパブリックコメントを募集

名古屋市図書館が、2017年7月26日から8月25日まで、「なごやアクティブ・ライブラリー構想(案)」へのパブリックコメントを募集しています。

同案は、時代に即した市民サービスを展開し、更なる市民サービスの向上を追及しながら効果的・効率的な図書館運営を図るために策定されたものです。

名古屋市鶴舞中央図書館では、8月19日に、同案の説明会が開催されます。

なごやアクティブ・ライブラリー構想(案)について(名古屋市,2017/7/26)
http://www.city.nagoya.jp/kyoiku/page/0000094708.html

情報・システム研究機構と人間文化研究機構が連携協定を調印

2017年7月19日、情報・システム研究機構と人間文化研究機構が連携協定を調印しています。

包括的な法人間の協力推進協定を締結することによって連携体制を前進させ、学術研究を加速する体制を整えることを目的としており、残りの2大学共同利用機関法人を加えた4法人連携へ向けたステップとして位置付けられているとのことです。

社会的意義として、人文学の膨大かつ貴重な歴史的資料のデータ化、解析、利活用の実現とともに、市民が参加するオープンサイエンスなどの広がりが期待されるとしています。

2大学共同利用機関法人が連携・協力推進で協定~情報・システム研究機構と人間文化研究機構が連携協定に調印~(情報システム研究機構,2017/7/19)
http://www.rois.ac.jp/topics/index.html

茨城県立図書館で「東日本大震災記録資料展示会」開催中

2017年7月22日から7月30日までの予定で、茨城県立図書館で「東日本大震災記録資料展示会」が開催されています。茨城県生活環境部防災・危機管理局防災・危機管理課が県内外で行っている巡回展示の一環であり、同館が共催・後援するものです。
 
被害状況等の写真や、災害時に止まってしまった時計等の展示を行うとされています。
 
ギャラリー展示(茨城県立図書館)
https://www.lib.pref.ibaraki.jp/information/exhibition/index.html
※「今後のギャラリー展示内容」に「7月22日(土)~7月30日(日) 東日本大震災記録資料展示会(PDF 143kb)」とあります。
 
東日本大震災記録資料展示会(茨城県立図書館)