アーカイブ - 2017年 6月 5日

国立情報学研究所(NII)、科学研究費助成事業データベース(KAKEN)の研究者検索を試験公開

2017年6月5日、国立情報学研究所(NII)は、科学研究費助成事業データベース(KAKEN)の研究者検索を試験公開しました。

研究者検索では、KAKENや学術機関リポジトリデータベース(IRDB)の情報の一部を利用して、研究者および研究成果の情報を研究者番号やDOIなどから機械的に統合してデータベースを作成しています。所属、研究分野、キーワード、研究課題、研究成果、共同研究者等の情報を、研究者単位で検索することができます。

KAKEN - 研究者検索 試験公開について(NII, 2017/6/5)
https://support.nii.ac.jp/ja/news/kaken/20170605

KAKEN - 研究者検索(NII)
https://nrid.nii.ac.jp/

Internet Archive、SPレコードのデジタル化プロジェクト“Great 78 Project”への参加を呼びかけ

2017年6月3日、Internet Archive(IA)が、SPレコード(78rpm)の収集・保存・デジタル化プロジェクト“Great 78 Project”への参加を呼びかけています。

LP化・CD化されていないものを含めたSPレコード40万点を収集・保存し、デジタル化して公開する事を目的としたプロジェクトで、既にIAでは、20のコレクションを選定してます。

除去したい雑音やひずみを意味的データモデリングしたり、演奏者の演奏をモデリングしたりすることで、パフォーマンスを復元することを目指しており、デジタル化にあたっては、4つの異なるサイズのレコード針で実施し、96KHz/24bitロスレスで、ステレオ録音しています。

IAでは、メタデータの改善・コレクションの選定・コレクターとの連絡・コーパスに関する調査での連携、デジタル化済のSPレコード音源や関連資料の同プロジェクトへの提供、コレクションのデジタル化での協力、現物のSPレコードの寄贈等を通じた同プロジェクトへの参加を呼びかけています。

カナダ研究図書館協会、ウェブアーカイブに関する課題に取り組む“Canadian Web Archiving Coalition”を創設

2017年6月1日、カナダ研究図書館協会(CARL)が、“Canadian Web Archiving Coalition”の創設を発表しています。

カナダの図書館、アーカイブズなど、ウェブアーカイビングを実施、もしくは、関心を持つ機関による実践コミュニティとして位置付けられるもので、そのような機関の職員に参加を呼びかけています。

カナダでは、ウェブアーカイブを実施している機関は多いものの、国レベルで協調して体系的に課題に取り組む仕組みがなかったことから創設されたものです。

米国著作権局、著作権実務概要第3版の改訂草案を公開

2017年6月1日、米国著作権局は、著作権実務概要“Compendium of Copyright Office Practices”第3版の改訂草案を公開しました。

今回の改訂には、著作権局の実務や手続きを全般的に見直した結果が反映されています。また、フォーマットが変更され、オンラインでもオフラインでも読みやすくなっているほか、著作権局のウェブサイトなどへのリンクも改善される予定です。

この改訂草案は6月30日までパブリックコメントを受け付けており、7月3日に発効する予定です。

Copyright Office Releases an Updated Draft of the Compendium of U.S. Copyright Office Practices, Third Edition(Copyright.gov, 2017/6/1)
https://www.copyright.gov/newsnet/2017/666.html

ODILO社、洪水被害を受けたペルーの子どもを対象に教育関連のデジタルコンテンツを無償提供

2017年6月1日、スペインと米国に拠点を置き、欧州・ラテンアメリカを中心に電子書籍事業や図書館向けの電子図書館事業を行なっているODILO社が、3月末に発生した洪水の被害を受け、学校に通えない状況が続くペルーの子どもを対象に、教育関連のデジタルコンテンツ(電子書籍、視聴覚資料等)を無償で提供すると発表しています。

復旧工事下での継続的な学習の支援が目的で、通信業社テレフォニカ・ペルーとペルー教育省は、このプロジェクトを通じて、読解力やデジタルリテラシーが向上することも期待しているとのことです。

Flood victims receive free eBooks (ODILO,2017/6/1)
http://mailchi.mp/odilo/floodvicitms

京都自治体問題研究所、「京都戦後民主運動 歴史資料アーカイブ」を公開

2017年6月2日、京都自治体問題研究所が、「京都戦後民主運動 歴史資料アーカイブ」を公開しています。

京都自治労連、京都府職労連、京都市職労をはじめとした京都の自治体労働組合の機関紙、宣伝物、雑誌等への掲載等を目的に写されたものを中心に、京都総評から提供された写真を含めて収められているとの説明があります。

また、出版物等については、個人から寄贈された貴重な出版物を今後収集、整理しながら逐次掲載するとのことです。

京都戦後民主運動 歴史資料アーカイブ
http://www.kyoto-jichiken.com/archive/
※新着情報欄に「2017/06/02 京都戦後民主運動 歴史資料アーカイブサイトを公開しました。」とあります。

福島大学うつくしまふくしま未来支援センター、『ふるさとを 想う まもる つなぐ-地域の大学と町役場の試み-』を刊行しウェブサイトで公開

福島大学うつくしまふくしま未来支援センター(FURE)が、2017年4月12日に、『ふるさとを 想う まもる つなぐ-地域の大学と町役場の試み-』を刊行していました。

企画展、シンポジウムといった、2015年8月27日に締結した「富岡町と福島大学との歴史・文化等保全活動に関する協定書」の成果を紹介しているほか、福島県富岡町の齋藤紀明副町長と福島大学行政政策学類の阿部浩一教授の対談が掲載されています。

経済産業省、「地域経済分析システム(RESAS)利活用事例集2017」を公開

2017年6月2日、経済産業省が、「地域経済分析システム(RESAS)利活用事例集2017」を公開しました。

自治体、支援機関、教育機関において、「地域経済分析システム」を用いて地域の分析を行うとともに、そこから得られる情報に基づいて政策・施策の検討や立案等に結びついた31の事例を取りまとめたものです。

「地域経済分析システム(RESAS)利活用事例集2017」を取りまとめました(経済産業省,2017/6/2)
http://www.meti.go.jp/press/2017/06/20170602005/20170602005.html

参考:
内閣官房・内閣府、「RESASアプリコンテスト」の結果を発表
Posted 2017年3月28日
http://current.ndl.go.jp/node/33724