アーカイブ - 2017年 6月 22日

Microsoft、Google、百度の各社と米国のAllen Institute for Artificial Intelligence(AI2)、学術文献検索サービスの発展のためOpen Academic Search(OAS)ワーキンググループを立ち上げ

2017年6月20日、Microsoft、Google、百度(Baidu)の各社と米国のAllen Institute for Artificial Intelligence(AI2)がOpen Academic Search(OAS)ワーキンググループを立ち上げたことが報道されています。

AI2のSemantic Scholar、Microsoft社の Microsoft Academic、Google社のGoogle Scholar、百度社の百度学术(Baidu Scholar)などをはじめとする学術文献検索サービスの開発者の参加を想定しています。各社が競合して各サービスを差別化するのではなく、ツールやデータの共有など協調的なプロセスを通じて学術文献検索サービスを発展させ、研究者が急速かつ大量に生産される学術文献やデータを発見して利用できるように支援することを目標としています。

具体的には、関係各社や関係機関が自社、自機関のAIや分析ツールをオープンソースとして公開して自由に利用可能とすることを目指すということです。また、プロジェクトの一環として、百度社が2017年中に百度学术のメタデータや利用者行動のデータの一部を公開するとのことです。

国立国会図書館(NDL)、国立情報学研究所(NII)の電子図書館事業(NII-ELS)により提供されていた論文データの一部を収集・保存・公開

2017年6月22日、国立国会図書館(NDL)は、国立情報学研究所(NII)の電子図書館事業(NII-ELS)により提供されていた論文データの一部を収集・保存・公開することを発表しました。

これは、NII-ELSにより提供されていた論文データの長期保存と公開を目的としており、対象は、

・学協会がNDLによる収集・保存・公開を希望する論文
・発行終了あるいは編集元の解散等の理由により、学協会等から公開が行われない論文

で、約380誌、100万件の論文が該当します。

第一弾として、6月22日、29誌、5,149件の論文データを国立国会図書館デジタルコレクションから公開しました。CiNii Articlesの検索結果のリンクからも利用可能です。その他の論文データについても、順次、収集・保存・公開していきます。

E1924 - 図書館のOPACなどで書影の利用が可能なopenBD

版元ドットコムは,書誌情報・書影を出版業界各所やインターネットで発信して,制作・発売した本の販売促進に役立てようと2000年に30社ほどで発足した,中小出版社の業界団体である(現在約240社が加盟)。

E1926 - JSTオープンサイエンス方針の策定について

科学技術振興機構(JST)は,2017年4月1日付で「オープンサイエンス促進に向けた研究成果の取扱いに関するJSTの基本方針」及び「同運用ガイドライン」を公表した。これは,国際的にオープンサイエンスに関する議論が高まる中,JSTとしても,JSTの研究開発から創出された成果の取扱いについて方針を策定し研究実施者に対して示す必要があるとの認識から,半年以上の時間をかけて議論し策定したものである。本稿では,その背景・経緯・今後の展望等について述べる。

E1923 - 大阪府立中央図書館の蔵書評価の取組みについて

大阪府立中央図書館(以下,当館)では,2013年度から2015年度にかけて「蔵書評価」に取り組み,その結果を2017年3月刊行の『大阪府立図書館紀要』第45号で報告した。

『カレントアウェアネス-E』327号を発行

E1925 - オープンサイエンス基盤研究センターの新設について

国立情報学研究所(NII)は,2017年4月1日付で,「オープンサイエンス基盤研究センター」を新設した。センターのミッションは,大学や研究機関におけるオープンサイエンス活動を支えるためのICT基盤の構築と運用を実施することにある。構築するICT基盤は,日本学術会議が「オープンイノベーションに資するオープンサイエンスのあり方に関する提言」の中で取りまとめた,「オープンサイエンス推進のための研究データ基盤」を実際のサービスへと具体化するものである。

E1927 - 研究用ソフトウェアの適切な引用<文献紹介>

論文や研究データなどの研究成果とは異なり,研究用ソフトウェアの開発は適切に評価されているとは言いがたいという指摘がある。それは,ソフトウェアを引用する文化がないことや引用方法が確立していないことなどが大きい。そこで本文献は,ソフトウェア引用のための標準,ツール,研究コミュニティの取組を紹介する。これらを通じて,ソフトウェアを正しく識別すること,ソフトウェアへのアクセスを容易にすること,ソフトウェアの開発者等を正しく認知することを,本文献は推奨する。

著作権とデジタル文化遺産に関するオンライン情報資源を提供するウェブサイト“Copyright Cortex”が公開される(英国)

2017年6月20日に、英国において、著作権とデジタル文化遺産に関するオンライン情報資源を提供するウェブサイト“Copyright Cortex”が公開されました。

図書館・アーカイブズ・ミュージアムといった機関に対して、デジタル文化遺産の作成・管理・利用への著作権法の影響に関する情報や、専門家による解説を提供する事を目的としており、英国研究会議(RCUK)の創造経済における著作権と新たなビジネスモデルに関する研究センターである“CREATe”、英国芸術・人文科学研究会議(AHRC)、英国図書館情報専門家協会(CILIP)、Europeana等がパートナーとなっています。

学術刊行物・実践ガイド・政策文書・事例研究といった、インターネット上でオープンアクセスで公開されている、著作権とデジタル文化遺産に関する幅広い資料へのリンクを整理して提供しているほか、実務者を対象としたテキスト“Copyright and Digital Cultural Heritage”を公開しています。同テキストは、英国の文化遺産機関を対象に、国内外からのデジタル文化遺産へのアクセスや利用への影響に焦点をあてて、著作権法を包括的に解説するものです。

米国議会図書館、点字・録音図書プログラムのアクセシビリティ向上を目的としたデジタルイニシアチブの開始を発表

2017年6月21日、米国議会図書館(LC)の視覚障害者及び身体障害者のための全国図書館サービス(NLS)が、点字・録音図書プログラムのアクセシビリティ向上を目的としたデジタルイニシアチブの開始を発表しています。

NLSの無料サービスの認知度向上のため、ウェブコンテンツアクセシビリティガイドライン(WCAG)のAAもしくはAAAに準拠したウェブサイトを開発しており、7月に完全移行します。  

また、今夏、点字や録音図書のコレクションへのアクセス拡大のため、録音図書のオンデマンド作成システムの導入、合成音声による録音図書の作成、録音図書ファイルのワイヤレスダウンロードの実施、点字電子書籍リーダーの利用拡大、といった新しい技術をテストするパイロット事業を実施します。

NLS Rolls Out New Digital Initiatives(LC,2017/6/21)
https://www.loc.gov/item/prn-17-091/

米国図書館協会人材育成・求人局、就職活動やキャリア開発を支援するガイド“Career Development Resource Guide”を公開

2017年6月19日、米国図書館協会(ALA)の人材育成・求人局(HRDR)が、あらゆる図書館員の、就職活動やキャリア開発を支援することを目的に作成したガイド“Career Development Resource Guide”を公開しました。

セルフマーケティング、履歴書・添え状の書き方、面接対策などのほか、就職活動中のストレス解消方法に関する情報なども含まれます。

New Career Development Resource Guide Published by the ALA Office for Human Resource Development and Recruitment (HRDR)(ALA,2017/6/19)
http://www.ala.org/news/member-news/2017/06/new-career-development-resource-guide-published-ala-office-human-resource

トニー・ベネット氏、米国議会図書館によるガーシュウィン賞を受賞

2017年6月20日、米国議会図書館(LC)は、2017年のガーシュウィン賞受賞者が、トニー・ベネット氏に決定したと発表しました。

2007年に、LCにより創設されたガーシュウィン賞は、米国を代表する作曲家・ガーシュウィン兄弟(Ira Gershwin,George Gershwin)にちなみ、ポピュラー音楽で世界の文化に大きな影響を与えた作曲家・演奏家に対し贈られる賞です。

授賞式は11月に行われます。

Librarian of Congress Names Tony Bennett Next Recipient of the Library of Congress Gershwin Prize for Popular Song (LC,2017/6/20)
https://www.loc.gov/item/prn-17-089/

岡山県立図書館、岡山関連の放送番組を視聴できるサービス「OKAYAMA情報チャンネル」の提供開始:放送番組センターのサテライト・ライブラリー事業の一環

岡山県立図書館が、2017年6月24日から、岡山関連の放送番組を視聴できるサービス「OKAYAMA情報チャンネル」の提供を開始すると発表しています。

公益財団法人放送番組センターが収集・保存し、一般に公開しているNHK及び民放テレビ局の放送番組を、各地の図書館や博物館などの公共施設で公開するサテライト・ライブラリー事業によるもので、収集されている番組のうち、岡山に関する番組が視聴できます。

当初は、岡山県ゆかりの著名人に関するドキュメンタリー番組等22番組の利用が可能で、今後、随時更新されます。

図書館で、岡山関連の番組を視聴しよう!新サービス「OKAYAMA情報チャンネル」の提供を開始します!(岡山県,2017/6/16)
http://www.pref.okayama.jp/site/presssystem/519370.html

さいたま市図書館、中・高校生対象の図書館ボランティア「さいたま・ライブラリー・サポーターズ」(リブサポ)の2017年度の募集開始

2017年6月21日、さいたま市図書館が、中・高校生対象の図書館ボランティア「さいたま・ライブラリー・サポーターズ」(リブサポ)の2017年度の募集開始を発表しています。

夏休みの期間を利用して活動を行うボランティア活動で、本の修理、本を棚に戻す、本の紹介カード作り、予約本の回収・書架の整理、イベントのサポートなどのプログラムがあり、好みに応じてプログラム、日程、活動場所を選ぶことができます。

2017年度の実施図書館は、中央図書館、大宮図書館、春野図書館、与野図書館、桜図書館、武蔵浦和図書館の6館です。

中・高校生対象の図書館ボランティア「さいたま・ライブラリー・サポーターズ」(通称:リブサポ)の募集について(さいたま市図書館,2017/6/21)
http://www.lib.city.saitama.jp/infoevent?0&pid=1367