アーカイブ - 2017年 4月 18日

OERへの取り組みをテニュア獲得・昇進時の評価対象として明記したブリティッシュコロンビア大学の事例(記事紹介)

2017年4月14日付けの米SPARCブログで、オープン教育資源(Open Educational Resources、OER)への取り組みをテニュア獲得や昇進時の評価対象として明記した、カナダのブリティッシュコロンビア大学(UBC)の事例が紹介されています。

UBCには研究・教育両面での優れた活動がテニュア獲得や昇進の要件となるProfessoriate Streamという雇用・昇進ルートのほかに、教育・学習に関し一つの授業にとどまらないイノベーションの推進を評価する、Educational Leadership Streamという雇用・昇進ルートが設けられています。このEducational Leadership Streamにおける評価対象として、教育・学習実践への貢献について、査読付き論文や図書、教科書中での発表の他に、”open education repositories / resources”での公開についても明記されたとのことです。

【イベント】学術情報メディアセンターセミナー 「研究データマネジメントの理想と現実」(5/26・京都)

2017年5月26日、京都大学学術情報メディアセンター南館において、同センター主催のセミナー「研究データマネジメントの理想と現実」が開催されます。

このセミナーでは国立情報学研究所オープンサイエンス基盤研究センター准教授の山地一禎氏による講演「オープンサイエンスや研究公正対策に向けた新しい学術情報インフラ」と、京都大学理学研究科附属地磁気世界資料解析センター助教の能勢正仁氏による講演「太陽地球系科学分野における研究データマネジメントの一実践例と現状の課題」を通じ、研究データマネジメントに対する現状の認識を深めるとともに、あるべき将来像を展望するとのことです。

京都大学の教職員、学生に限らず一般の参加も可能で、事前の申し込みは不要とのことです。

【イベント】大学図書館問題研究会第48回全国大会(京都)(9/9-11・京都)

2017年9月9日から11日まで、大学図書館問題研究会は、同志社大学新町キャンパス臨光館で、大学図書館問題研究会第48回全国大会を開催します。

分科会等の大会日程が発表されているほか、研究発表(2017年5月8日〆切)や自主企画の募集が開始されています。

大学図書館問題研究会第48回全国大会(京都)
http://www.daitoken.com/research/annual_conference/2017/index.html

参考:
【イベント】大学図書館問題研究会第47回全国大会(広島)(8/27-29・広島)
Posted 2016年3月28日
http://current.ndl.go.jp/node/31112

京都大学、「京大新刊情報ポータル」を公開

2017年4月17日、 京都大学学術研究支援室(KURA)が、京都大学に所属する研究者の新刊書籍を紹介するウェブサイト「京大新刊情報ポータル」を公開したと発表しています。

京都大学に所属する研究者の研究成果(書籍)を可視化することが目的で、京都大学図書館機構・京都大学学術出版会・京都大学生活協同組合ショップルネ・協力出版社と連携し、企画・運営されています。

京都大学研究者の新刊書籍を紹介するWebサイト「京大新刊情報ポータル」を公開 (KURA,2017/4/17)
https://www.kura.kyoto-u.ac.jp/support/217

京大新刊情報ポータル
http://pubs.research.kyoto-u.ac.jp/

筑波大学、筑波大学アーカイブズのウェブサイトを開設

2017年4月3日、筑波大学が、筑波大学アーカイブズのウェブサイトを開設しています。

筑波大学の法人文書等のほか、元教員や卒業生からの文書等の寄贈・寄託も受け入れて、一般の利用に供していくとのことです。

Knowledge Unlatched、BiblioLabs社の電子書籍プラットフォーム“BiblioBoard”を通じたオープンアクセスの書籍の提供開始

2017年4月18日、Knowledge Unlatched(KU)が提供するオープンアクセス(OA)の書籍を、BiblioLabs社の電子書籍プラットフォーム“BiblioBoard”から提供すると発表されています。

モバイル端末やブラウザベースでのアクセス改善に関する調査のために、“BiblioBoard”が持つ利用者追跡調査機能により、OA資料の利用状況や影響を測定することが目的とされています。

OAPENやHathiTrustを通じた提供は継続されます。

Twitter(@BiblioBoard,2017/4/18)
https://twitter.com/BiblioBoard/status/854076676665479168