アーカイブ - 2017年 2月 10日

2017年の“Love Your Data Week”、2月13日から17日まで開催

今回で2回目となる“Love Your Data Week”(LYDW)が、2月13日から17日まで開催されます。

このキャンペーンは、研究図書館やデータアーカイブで働く研究データの専門家によって企画されたソーシャルメディアイベントです。研究データの管理、共有、保存、利活用、図書館ベースの研究データサービスに関連するトピックに関する意識を高め、コミュニティを構築することを目的としています。

2017年のテーマは“emphasizing data quality for researchers at any stage in their career”(研究者のキャリア段階に関わりなくデータ品質を重視する)で、期間中は日替わりでテーマに関する話題提供と情報共有がなされます。Twitter(#LYD17、#loveyourdata)やInstagram、Facebook(#LYD17、#loveyourdata)、Pinterest(LYD Pinterest board)で参加出来ます。

Love Your Data: a 5-day international event to help researchers take better care of their data(Love Your Data)

地球環境情報プラットフォーム構築推進プログラム、第6回DIASメタデータ入力キャンプを開催(2/28・東京)

2017年2月28日、東京・大手町において、第6回DIASメタデータ入力キャンプが開催されます。

地球環境情報プラットフォーム構築推進プログラムでは、地球規模や各地域の観測などで得られた研究データを収集、蓄積、統合、解析するための基盤として、データ統合・解析システム(Data Integration and Analysis System:DIAS)を開発しています。

このイベントでは、DIASで用いているメタデータ登録システムを実際に操作し、DIASのメタデータ作成を体験できます。

事前申込が必要です(定員20名)。また、同日午後から「DIASコミュニティフォーラム2017」が開催されます。

第6回DIASメタデータ入力キャンプのご案内(DIAS、2017/1/27)
http://www.diasjp.net/infomation/6th-dias-metadata-camp/

DIASコミュニティフォーラム2017開催のご案内(DIAS、2017/2/3)
http://www.diasjp.net/infomation/dias-community-forum2017/

データ俯瞰・検索システム(DIAS)
http://search.diasjp.net/

DIAS利用ガイドブック

クロアチアの国レベルのリポジトリ“DABAR”(記事紹介)

OpenAIREのブログで、クロアチアの国レベルのリポジトリ“DABAR”が紹介されています。

オープンアクセス(OA)ジャーナル415誌を収録するリポジトリHRČAKと、3万以上のフルテキストの文献が収録されているCroatian Scientific Bibliography(CROSBI)を除いて、クロアチアには2015年まで機関リポジトリが7しかなかったこと、クロアチアの学術コミュニティ全体のためのリポジトリを開設するイニシアチブが2014年3月に立ち上がったこと、そのリポジトリとしてDABAR(Digital Academic Archives and Repositories)が2015年8月に開設されたこと、などが紹介されています。

Croatian national repository system DABAR & OpenAIRE(OpenAIRE Blog, 2017/2/7)
https://blogs.openaire.eu/?p=1767

全クロアチアリポジトリ"DABAR"(記事紹介)(STI Updates, 2017/2/10)
http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9419

DABAR
https://dabar.srce.hr/

HRČAK

Ithaka S+R、宗教学研究者の研究活動を支援するためのレポートを公開

2017年2月8日、米国のIthaka S+Rは、宗教学研究者の研究活動を支援するためのレポート“Supporting the Changing Research Practices of Religious Studies Scholars”を公開しました。

このレポートは、米国神学図書館協会(ATLA)、米国宗教学会(American Academy of Religion:AAR)、聖書文学学会(Society of Biblical Literature:SBL)の援助を受け、Ithaka S+Rが18の研究図書館と協力して、宗教学における研究実践について調査したものです。調査チームが協力機関の宗教学の研究者にインタビューする質的調査を行なったほか、ATLAがイスラム研究の研究者などにもインタビューをしています。情報の発見とアクセス、情報管理、研究成果の公開方法、の3つの領域に焦点を当てて、宗教学の研究者に対しどのような支援を優先するか、提言をまとめています。

農学と公衆衛生学についても同様の調査が進行中で、2017年春には、アジア研究に関するプロジェクトを立ち上げる予定です。

調査に協力した研究図書館が各大学等で実施した個別調査の結果も公表されています。

文部科学省、「教科書の改善について(論点整理)」を公表

2017年2月10日、文部科学省は、 教科用図書検定調査審議会総括部会による「教科書の改善について(論点整理)」(2017年1月23日付け)を公表しました。

2016年12月に公表された、「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議の最終まとめを受けて、デジタル教科書の導入と教科書検定制度の関係、URL・QRコード等の取扱いなど、教科用図書検定基準等の改善についても論点が整理されています。

新着情報(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/news/index.html
※「平成29年02月10日」に「教科書の改善について(論点整理)」とあります。

教科書の改善について(論点整理)(PDF: 413KB)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/tosho/toushin/__icsFiles/afieldfile/2017/02/10/1381783_001.pdf

参考:
文部科学省、「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議の最終まとめを公開
Posted 2016年12月16日
http://current.ndl.go.jp/node/33121

CA1748 - 動向レビュー:デジタル教科書をめぐって / 澤田大祐

日本アーカイブズ学会(JSAS)、国立公文書館から提案された「日本におけるアーキビストの職務基準」に対して意見を提出

2017年2月5日、日本アーカイブズ学会(JSAS)は、国立公文書館から提案された「日本におけるアーキビストの職務基準」に対する意見を、2016年7月30日付で提出したことを発表しました。

この基準は、アーキビストを養成するための教育・育成体制や資格制度の確立を見据え、日本におけるアーキビストに関する職種と要件について、国立公文書館が2016年3月18日付で取りまとめたものです。収集・保存・利用というアーキビストの職種(job)ごとに、課業(task)・仕事(work)とアーキビストに求められる要件が整理されています。

人材育成については、2016年3月にまとめられた「国立公文書館の機能・施設の在り方に関する基本構想」で、重要な課題として指摘されています。

「日本におけるアーキビストの職務基準」に対する意見(JSAS, 2017/2/5)
http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=297

日本におけるアーキビストの職務基準(PDF: 6ページ)
http://www.jsas.info/modules/20170205/20160318.pdf

関連:
国立公文書館の機能・施設の在り方等に関する調査検討会議 2016年11月30日開催 第17回 配布資料一覧(内閣府)

総務省・文部科学省・経済産業省、プログラミング教育を普及・推進することを目的とした「未来の学びコンソーシアム」設立

2017年2月9日、文部科学省、総務省、経済産業省は、次期学習指導要領における「プログラミング的思考」などを育むプログラミング教育の実施に向けて、学校関係者や教育関連やIT関連の企業・ベンチャー、産業界と連携し、プログラミング教材の開発や企業の協力による体験的プログラミング活動の実施等、学校におけるプログラミング教育を普及・推進することを目的とした「未来の学びコンソーシアム」を設立しました。

3月9日に、文部科学省において、設立総会が開催されます。

「未来の学びコンソーシアム」の設立について~官民でプログラミング教育を~(総務省、2017/2/9)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000091.html

「未来の学びコンソ―シアム」の設立について~官民でプログラミング教育を~(文部科学省、2017/2/9)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/02/1381853.htm

「未来の学びコンソーシアム」を設立します~官民でプログラミング教育を~(経済産業省、2017/2/9)
http://www.meti.go.jp/press/2016/02/20170209001/20170209001.html

【イベント】セミナー「電子図書館サービスの いまとこれから」(3/6・東京)

2017年3月6日、日本図書館協会(JLA)で、セミナー「電子図書館サービスの いまとこれから」が開催されます。

公共図書館・学校図書館での電子書籍貸出サービスの取り組みや、提供されているコンテンツとその利用などについてのセミナーとシンポジウムが行なわれます。また、2016年11月、電子出版制作・流通協議会(電流協)は、JLAの協力を得て実施したアンケートの結果をまとめた報告書『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2016』を刊行しましたが、その内容も報告されます。

参加費は、JLA会員と電流協の会員社の社員は無料ですが、それ以外は有料です。また、定員は100名で、事前申し込みが必要です。

日時:2017年3月6日 13時~17時
場所:公益社団法人日本図書館協会2階会議室

(1)13:05~13:20
「公共図書館の電子図書館・電子書籍貸出サービス」調査の結果について
講師 電子出版制作・流通協議会 電子図書館部会関係者
(2)13:20~13:40
「小中高校の教育現場における電子書籍利用」
講師 植村八潮(専修大学教授、日本出版学会会長)
(3)13:40~14:00
「図書館における電子書籍とアクセシビリティ」
講師 野口武悟(専修大学教授)
(4)14:00~14:20