アーカイブ - 2017年 12月 4日

日付

「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ」が正式公開:同学附属図書館所蔵資料の電子化画像が自由に利用できるように

2017年12月1日、「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ」が正式公開されました。

12月1日現在、3,719タイトルの資料の電子化画像を公開しています。正式公開に伴い、最大辺2,000ピクセルの大きさのJPEG画像がダウンロードできるようになりました。

また、12月1日より、インターネット上で公開している同学附属図書館所蔵資料の電子化画像は、利用申請・利用料の支払手続きをすることなく、自由に利用できるようになりました。同館が提供する画像データであることを明示すること、加工・変形等の操作を行った場合はその旨を明示することなどの条件をすべて満たす場合、特別な手続きを経ることなく無償で複製、加工、出版物やウェブサイトへの掲載等を行うことができるとしています。

京都大学貴重資料デジタルアーカイブを正式公開しました(京都大学貴重資料デジタルアーカイブ, 2017/12/1)
https://rmda.kulib.kyoto-u.ac.jp/news/2017-12-01

【イベント】ORCID負担軽減と透明性向上(ORBIT)プロジェクトに関するセミナー(12/11・東京)

2017年12月11日、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)において、「ORCID負担軽減と透明性向上(ORBIT)プロジェクトに関するセミナー」が開催されます。

ORCID, Inc.事務局長のLaure Haak氏が「ORCID活用による研究活動分析の負担軽減と透明性向上プロジェクト(ORBIT)について」という演題で講演します。ORCID活用による研究活動分析の負担軽減と透明性向上のためのプロジェクトORBITとその周辺の学術情報流通のアップデートに関して議論するとのことです。

言語は英語で、同時通訳はありません。参加を希望する人は、12月6日までに申し込む必要があります。

「ORCID負担軽減と透明性向上(ORBIT)プロジェクトに関するセミナー」(12月11日)開催の御案内(NISTEP, 2017/12/4)
http://www.nistep.go.jp/archives/35058

米国国立医学図書館(NLM)、医学件名標目表(MeSH)の2018年版を公開

米国国立医学図書館(NLM)が、毎年更新されているシソーラス、医学件名標目表(MeSH)の2018年版を公開しています。

474の定義語(Descriptors)の追加、106の定義語の新しい用語への変更、7の定義語の削除、1の副標題の削除の結果、28,939のMeSHの定義語、79の副標題、116,909の全定義語、244,154の補足用語(Supplementary Concept Records)となるようです。

What's New for 2018 MeSH(NLM Techinical Bulletin, 2017/11/30)
https://www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/nd17/nd17_mesh.html

内閣府、国立公文書館の機能・施設の在り方等に関する調査検討会議(第21回)の配布資料を公開

2017年11月30日に内閣府の国立公文書館の機能・施設の在り方等に関する調査検討会議(第21回)が開催され、配布資料が公開されています。

配布資料には、新たな国立公文書館基本計画原案が含まれています。

2017年11月30日開催 第21回 配布資料一覧(国立公文書館の機能・施設の在り方等に関する調査検討会議)
http://www8.cao.go.jp/chosei/koubun/kentou/20171130haifu.html

新たな国立公文書館基本計画原案(概要)(PDF: 363KB)
http://www8.cao.go.jp/chosei/koubun/kentou/20171130/shiryou1.pdf