アーカイブ - 2017年 12月 28日

2017年もご愛読いただき、ありがとうございました。

2017年もカレントアウェアネス・ポータルをご愛読いただき、ありがとうございました。本日12月28日が、年内最後の記事更新日となります。本年は、カレントアウェアネス-R 1,839本、カレントアウェアネス-E 111本、カレントアウェアネス 24本を掲載しました。

2018年は1月4日より記事更新を再開いたします。今後もより一層コンテンツの充実に努めてまいりますので、引き続きご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

みなさま、よいお年を。

【イベント】講演会「マンガ×学びの最前線、全国の図書館に広がる「これも学習マンガだ!」の取り組み」(1/23・筑波)

2018年1月23日、筑波大学中央図書館において、講演会「マンガ×学びの最前線、全国の図書館に広がる「これも学習マンガだ!」の取り組み」が開催されます。

新しい世界の発見や学びにつながるマンガを選出・発表し、作品を国内外の読者に届ける事業「これも学習マンガだ!」の事務局長である山内康裕氏が、「マンガ×学び」の可能性、マンガと学びをつなげる作品をどう選ぶのかなど、プロジェクトの最前線について講演するものです。

講演会「マンガ×学びの最前線」(1/23)(筑波大学附属図書館)
https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/lib/ja/information/20171221

内閣官房・文化庁、「文化経済戦略」を策定

2017年12月27日、内閣官房の文化経済戦略特別チームと文化庁が、「文化経済戦略」を策定し、ウェブサイトで公開しました。

文化と産業・観光等他分野が一体となって新たな価値を創出し、創出された価値が、文化芸術の保存・継承や新たな創造等に対して効果的に再投資されることにより、自立的・持続的に発展していくメカニズムを形成することを目的として策定されたものです。

内閣官房 トピックス
https://www.cas.go.jp/
※「平成29年12月27日 文化経済戦略をとりまとめました。」とあります。

文化経済戦略特別チーム(内閣府)
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bunkakeizaisenryaku/index.html

北見市立中央図書館(北海道)、初心者向けプラモデル講座「ガンプラをつくってみよう!」を開催

2018年1月27日、北海道の北見市立中央図書館が、初心者向けプラモデル講座「ガンプラをつくってみよう!」を開催します。

プラモデル未経験者の大人(小学校3年生以上であれば参加可能)を対象とした講座で、地元の模型店の方が講師を務めます。

参加には事前の申し込み(先着順)及び材料費として1,200円が必要です。

@kitamilib(Twitter,2017/12/27)
https://twitter.com/kitamilib/status/945978975704162305

『広報きたみ』2018年1月号
https://www.city.kitami.lg.jp/docs/2017122000069/files/15-16.pdf
※「中央図書館 1月の催し物」欄に記載があります。

米・ナットリー公共図書館、レコードプレーヤーの貸出しを開始

2017年12月13日、米国ニュージャージー州のナットリー公共図書館が、レコードを蔵書に加えたことにあわせて、2018年1月5日から、レコードプレーヤー(ターンテーブル)の貸出しを開始すると発表しています。

レコードプレーヤーの貸出期間は1週間です。

Vinyl Records(Nutley Public Library,2017/12/13)
https://nutleypubliclibrary.org/vinylrecords/

日本電子出版協会(JEPA)、2017年「JEPA電子出版アワード」の結果を発表:大賞は「絵本ナビ」

2017年12月19日、日本電子出版協会(JEPA)の2017年「JEPA電子出版アワード」の結果が発表されました。

JEPA電子出版アワード大賞は「絵本ナビ(絵本ナビ) 」でした。

・デジタル・インフラ賞    TIMEMAP(一般社団法人タイムマップ)
・スーパー・コンテンツ賞   東洋経済オンライン(東洋経済新報社)
・エクセレント・サービス賞  図鑑.jp(山と渓谷社)
・チャレンジ・マインド賞    絵本ナビ(絵本ナビ) 【大賞】
・エキサイティング・ツール賞 ジャンプPAINT(集英社、メディバン)
・特別功労賞         長谷川秀記 氏 (元日本電子出版協会会長) ※電子出版への貢献に対して

第11回 電子出版アワード 大賞は「絵本ナビ」(JEPA,2017/12/19)
http://www.jepa.or.jp/pressrelease/20171219/

『カレントアウェアネス』334号掲載

【イベント】全史料協近畿部会第143回例会「シンプルで使いやすいデジタル・データ公開への取組み」(2/9・福井)

2018年2月9日、福井県文書館において、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)近畿部会第143回例会「シンプルで使いやすいデジタル・データ公開への取組み」が開催されます。

ウェブサイトで収蔵資料データ(目録・画像・テキスト)を公開する取組の事例報告をもとに、シンプルでより使いやすく、今後の発展的な展開にも繋がるデジタル・データの整備・公開のあり方をコメンテーターとともに考えることを目的としています。

会員以外の参加も可能と紹介されています。

内容は以下の通りです。

・司会:中村 賢氏(福井県文書館)
・事例報告(質疑を含む)
1)目 録   山崎竜洋氏(五條市教育委員会)
2)画 像   玉城玲子氏(向日市文化資料館)
3)テキスト  柳沢芙美子氏(福井県文書館)
・コメント:阿児雄之氏(東京工業大学博物館) 
・討論

近畿部会第143回例会のお知らせ(全史料協近畿部会)
http://jsai.jp/iinkai/kinki/kinki-top.html