アーカイブ - 2014年

12月 26日

2014年もご愛読いただき、ありがとうございました。

2014年もカレントアウェアネス・ポータルをご愛読いただき、ありがとうございました。本日12月26日が、年内最後の記事更新日となります。本年は、カレントアウェアネス-R 2,247本、カレントアウェアネス-E 122本、カレントアウェアネス 28本、調査研究リポート 1本を掲載しました。

2015年は1月5日より記事更新を再開いたします。今後もより一層コンテンツの充実に努めてまいりますので、引き続きご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

みなさま、よいお年を。

ユネスコ、研究者と図書館員のためのオープンアクセスのテキストを刊行

2014年12月19日、ユネスコ(UNESCO)が、研究者と図書館員のそれぞれを対象としたオープンアクセス(OA)のためのテキストを刊行したと発表しています。

ユネスコは科学的な情報や研究へのオープンなアクセスを推進しており、図書館や情報の専門家、研究者の能力向上のため、マニュアルを作成したとのことです。図書館員を対象とした“Open Access for Library Schools”はOAの歴史やそのインパクト、権利管理等の課題等のOAの概要、OAのインフラ、資源の最適化、相互運用性や検索などの4つの課程から構成されているとのことです。研究者を対象した“Open Access for Researchers”は、学術コミュニケーション、オープンであること(openness)やOAのコンセプト、知的財産権、研究評価指標などを取り扱っているとのことです。

現在は、メールでの入手依頼の方法が示されていますが、いずれダウンロード可能になる予定とのことです。

UNESCO launches Open Access Curricula for Researchers and Librarians(UNESCO, 2014/12/19)

米国政府、災害に関するデータを集めた“Disasters.Data.Gov”を公開

2014年12月15日、米国政府が、災害に関するデータを集めた“Disasters.Data.Gov”を公開しました。災害発生時の最初の対応者、生存者や政府関係者に必要な情報を提供し支援するためのツールやデータとのことです。

地震や洪水、ハリケーンといった災害の種別毎に提供されているデータセット、最初の対応者や緊急事態の管理担当者が最小のコストで展開できるようなツールやアプリケーションが公開されているとのことです。また、政府から民間部門まで、あらゆるレベルで活用できる防災のためのオープンなデータ管理が呼びかけられています。

Disasters.Data.Gov
http://www.data.gov/disasters/

Launching Disasters.Data.Gov to Empower First Responders and Survivors with Innovative Tools and Data(White house, 2014
/12/15)
http://www.whitehouse.gov/blog/2014/12/15/launching-disastersdatagov-empower-first-responders-and-survivors-innovative-tools-a

国立国会図書館、『外国の立法』2014年12月号で「ロシアにおける情報安全保障政策とインターネット規制」を掲載

国立国会図書館の調査及び立法考査局が刊行する『外国の立法』(2014年12月号)において、ロシアにおける情報安全保障政策とインターネット規制についての記事が掲載されました。記事では、ロシアの情報安全保障に関する全体的な政策とこれまでの取組について触れた後、最近のインターネット規制・監視体制について紹介しています。末尾には、2014年5月に成立したインターネット監視及びブログ規制に関する法律(2014年5月5日連邦法第97号)の主要部分の翻訳を掲載しています。

外国の立法 2014年刊行分 No.258-1~
http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/legis/2014/index.html

歴史資料検索閲覧システム“ADEAC”で、『江戸川区立図書館/デジタルアーカイブ』が公開

2014年12月24日、TRC-ADEAC株式会社の歴史資料検索閲覧システムADEACで『江戸川区立図書館/デジタルアーカイブ』が公開されました。江戸川区の文化財保護条例で指定・登録されている文化財を紹介する「江戸川区の文化財 1~8」の8冊がデジタル化されています。

『江戸川区立図書館/デジタルアーカイブ』(ADEAC)
https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11C0/WJJS02U/1312305200

「江戸川区の文化財」
https://trc-adeac.trc.co.jp/Html/Etc/1312305200/topg/kankoubutu.html

全国美術館会議、『全国美術館会議会員館 収蔵品目録総覧 2014』を公開

2014年12月24日、全国美術館会議が、同会議の会員各館が発行する収蔵作品目録や作品選集、データベースのうち、もっとも基礎的・網羅的なものを精選し、その書誌情報を収録した『全国美術館会議会員館 収蔵品目録総覧 2014』(全美目録総覧2014)をオンラインで公開しました。PDFとEXCELの2種類の形式で公開されています。2012年度から2013年度にかけて全国美術館会議に所属した会員館計370館を対象としてデータ収集調査やアンケート調査を行い、インターネット公開に際して掲載不可と回答した会員館を除外して、356館、900冊(2014年3月末現在)を収録しているとのことです。

配列は地域順とし、概ね全国美術館会議会員館名簿に準拠しているとのことです。また、冊子体の目録については、書誌情報の同定に役立てるため、国立情報学研究所CiNiiの書誌情報へのリンクが掲載されています。

全国美術館会議 情報・資料研究部会編『全国美術館会議会員館 収蔵品目録総覧 2014』(全美目録総覧2014)(全国美術館会議, 2014/12/24)
http://www.zenbi.jp/data_list.php?g=93&d=13

「全美目録総覧2014」PDFデータ(全国美術館会議)

国立国会図書館のアジア情報室通報、「台湾に所在する植民地期日本関係資料の現況と課題」を掲載

国立国会図書館が発行する「アジア情報室通報」に、「台湾に所在する植民地期日本関係資料の現況と課題」と題する記事が掲載されています。

日本が台湾統治期(1895-1945年)に設立した機関の旧蔵書のうち、現在は台湾の各機関(特に蔵書数の多い国立台湾図書館等4機関を中心に)が所蔵する資料をとりあげ、日本関係資料の所蔵、目録作成、保存、デジタル化の状況と今後の課題を紹介しています。

台湾に所在する植民地期日本関係資料の現況と課題:アジア情報室通報 12巻4号
http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/bulletin12-4-1.php

アジア情報室の刊行物(『アジア情報室通報』)
http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/asia-pub.php

国立国会図書館調査局、「総合調査 東日本大震災からの復興への取組の現状と課題」を刊行

2014年12月25日、国立国会図書館(NDL)調査及び立法考査局が、「総合調査 東日本大震災からの復興への取組の現状と課題」を刊行しました。この調査は、震災後3年余を経た時点での復興への取組状況を改めて総括し、被災地の再生の在り方を展望することを目指したものです。東日本大震災の状況を概観した上で、農業、放射能汚染、住宅、教育、雇用など各分野における復興への取組の現状と課題を、福島県を中心とした現地調査等の成果を踏まえ、10本の論文にまとめています。末尾には、調査及び立法考査局が今までに公表した東日本大震災関連の刊行物のリストを掲載しています。調査及び立法考査局は、国政上の重要課題についてプロジェクトチームを編成して分野横断的に調査を行う総合調査を実施しています。

「総合調査 東日本大震災からの復興への取組の現状と課題」を刊行しました(付・プレスリリース)(国立国会図書館, 2014/12/25)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2014/1208504_1829.html

「総合調査 東日本大震災からの復興への取組の現状と課題」(『レファレンス』12 月号)を刊行しました

12月 25日

ニューヨーク公共図書館、1940~1980年代のレファレンス質問をInstagramで公開

ニューヨーク公共図書館(NYPL)が、1940年代から1980年代に利用者から寄せられたレファレンス質問を記録したカードを同館のInstagramページで公開しています。デスクの整理で発見された“Interesting Reference Questions”とラベルされた箱の中に入っていたとのことです。毎週月曜日にハッシュタグ“#letmelibrarianthatforyou”をつけて、新しいカードを紹介していくとのことです。

米国の公共ラジオ局NPRの記事で、以下のような質問が紹介されています。

“まつげはどれくらいの周期で生え変わりますか?”
“Your Hair & Its Careという図書によると、150日です。”
(1946)

“象に追いかけられる夢にはどんな意味がありますか?”
(1947)

“ハンティングに連れて行くためのビーグル犬はどこで借りられますか?”
(1963)

“米国の郵便切手の分厚さは糊も含めるとどれくらいかわかりますか”
“回答に時間がかかります。郵便局に問い合わせてはいかがですか”
“こちらは郵便局です”
(1963)

Instagram
http://instagram.com/p/w6WVJXTVh3/?modal=true

Tumblr (2014/12/24)

オープンアクセスと人文学(文献紹介)

2014年11月に刊行された、Dr. Martin Paul Eve氏による著書“Open Access and the Humanities”が、オンライン上で無料で公開されています。特に人文学の領域におけるオープンアクセスの歴史、文脈や議論についてまとめたものとのことです。Dr. Martin Paul Eve氏は、“Open Library of Humanities”の共同創設者の一人とのことです。

Open Access and the Humanities: Contexts, Controversies and the Future
http://dx.doi.org/10.1017/CBO9781316161012

New Book on Open Access and the Humanities(OLH, 2014/12/2)
https://www.openlibhums.org/2014/12/02/new-book-on-open-access-and-the-humanities/

参考:
E1395 - 人・社版PLOSを目指す“Open Library of Humanities”が発足
カレントアウェアネス-E No.231 2013.02.07
http://current.ndl.go.jp/e1395

EIFL、7つめの公共図書館イノベーション賞の受賞館を公表:教育への貢献

2014年12月19日、図書館を通じた情報へのアクセス向上に取り組んでいる非営利組織“Electronic Information for Libraries(EIFL)”の公共図書館イノベーションプログラム(EIFL-PLIP)が、7番目のイノベーション賞の受賞館を公表しました。今回の賞は大人や子どもの教育に貢献した公共図書館を表彰するもので、受賞館は、以下の4つです。

・‘Dr Robert Ouko’ Memorial Community Library(ケニア)
・Pelči Library(ラトビア)
・Public Library ‘Victoria Dorantes’ No. 382(メキシコ)
・‘B. P. Hasdeu’ Municipal Library(モルドバ)

FOUR LIBRARIES WIN EIFL PUBLIC LIBRARY INNOVATION AWARD(EIFL)
http://www.eifl.net/news/four-libraries-win-eifl-public-library-innovation-award

‘Dr Robert Ouko’ Memorial Community Library(EIFL)

NDL書誌情報ニュースレター2014年4号が刊行:NDLの国際的な書誌調整への参加や書誌データ提供の取組みを紹介する記事を掲載

国立国会図書館(NDL)が、ウェブサイトに『NDL書誌情報ニュースレター』2014年4号(通号31号)を掲載しました。NDLの国際的な書誌調整への参加や書誌データ提供、OCLCの多言語書誌構造化の取組みについて紹介する記事を掲載しています。

NDL書誌情報ニュースレター2014年4号(通号31号)
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/bib_newsletter/2014_4/index.html

国際的な書誌調整への参加 ―世界図書館・情報会議(IFLA第80回年次大会)、IFLAセマンティック・ウェブ研究会・情報技術分科会共催サテライト・ミーティング、VIAF評議会会議(報告)(NDL書誌情報ニュースレター2014年4号(通号31号))
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/bib_newsletter/2014_4/article_01.html

国際的なデータ提供 ―日本の書誌データと典拠データを世界に(NDL書誌情報ニュースレター2014年4号(通号31号))
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/bib_newsletter/2014_4/article_02.html

欧州の公共図書館のアドボカシー活動への助成、最初の対象が決定

欧州の公共図書館を対象とした、社会的包摂、デジタルインクルージョン、生涯教育の分野における図書館の役割についてのアドボカシー活動を支援するプロジェクト“Public Libraries 2020”の最初の助成対象が決定しました。2014年10月17日まで募集が受け付けられていたもので、2014年12月4日に公表されました。

ルーマニア、ブルガリア、スロベニア、エストニアの以下の4つのプロジェクトが対象となっています。

・“EUSPHERE - European Union Libraries Space - HERE”
ANBPR - National Association of Librarians and Public Libraries in Romania

・“Libraries - Inspiration and Lifelong Learning for All”
BLIA - Bulgarian Library and Information Association

・“Public Libraries Supporting Social Inclusion”
Slovenian Public Libraries Association

・“Vote for your local library!”

丸善書店がジュンク堂書店を吸収合併し、「丸善ジュンク堂書店」に

2014年12月24日の丸善CHIホールディングスの発表によると、その子会社である丸善書店が、同じく子会社であるジュンク堂書店を吸収合併し、新しい社名を丸善ジュンク堂書店とするとのことです。2014年12月24日に合併契約が締結され、合併の効力発生日は、2015年2月1日を予定しているとのことです。

完全子会社間の合併および合併に伴う商号変更に関するお知らせ(丸善CHIホールディングス株式会社, 2014/12/24)
http://www.maruzen-chi.co.jp/ir/news/2014/release20141224.pdf

丸善、ジュンク堂を吸収合併 社名は「丸善ジュンク堂書店」に(ITmedia, 2014/12/24)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1412/24/news149.html

12月 24日

山形国際ドキュメンタリー映画祭の「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」開設シンポジウムの報告が掲載(記事紹介)

2014年11月11日に、NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭(YIDFF)が、「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」を設立し、11月29日に、その開設を記念したシンポジウムが開催されたとのことです。同映画祭事務局の畑あゆみ氏による、「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」の紹介と、シンポジウムの報告記事がドキュメンタリーカルチャーマガジン“neoneo”のサイトで2014年12月22日付で公開されています。

東日本大震災の記録映画とその作品資料を蒐集・保存し、作品情報を世界に発信するプロジェクト「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」の特設ウェブサイトも公開されたようです。

【列島通信★山形発】保存と発信、その先へ ~YIDFF「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」開設 text 畑あゆみ(neoneo, 2014/12/22)
http://webneo.org/archives/28288

【列島通信★山形発】保存と発信、その先へ ~YIDFF「311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ」開設 text 畑あゆみ(neoneo, 2014/12/22)
http://webneo.org/archives/28288/2

311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ

『カレントアウェアネス』322号掲載

Europeanaの統計情報の再利用を可能とする“Europeana Statistics Dashboard”のアルファ版を公開

2014年10月に、Europeanaの統計情報をウェブサイトへの埋め込みや、再利用可能な形で表示する“Europeana Statistics Dashboard”のアルファ版が公開されていました。2015年にベータ版の実現が予定されているとのことです。

アルファ版のサイトでは、Europeanaのコンテンツ数、ページビューなどのトラフィックの情報について、また、それぞれデータプロバイダ毎に統計情報を表示しており、“Get The Data”や“Download data”をクリックするとcsv形式で当該データが出力され、“EMBED ARTICLE”をクリックすると表示された情報をウェブサイトに埋め込むためのコードが出力されます。

Europeana Statistics Dashboard
http://statistics.europeana.eu/

文部科学省、高等学校における遠隔教育の在り方について(報告)を公開

文部科学省に2014年7月に設置された「高等学校における遠隔教育の在り方に関する検討会議」における6回にわたる議論を踏まえ、2014年12月8日付で「高等学校における遠隔教育の在り方について(報告)」が公開されました。高等学校における遠隔教育の導入について、離島や過疎地における教育機会の確保という視点だけでなく、多様かつ高度な教育機会の提供や、特別な支援が必要な生徒に対する個別の学習ニーズへの対応を目指し、その具体的な方策を提示するものとのことです。

報告書では、「1.検討の背景」として、高等学校教育を取り巻く状況の変化、現行制度、遠隔教育に関する各種提言をまとめ、 「2.高等学校における遠隔教育の今後の在り方」として遠隔教育の導入の目的・意義、改革の方向性を示し、「3.推進方策」を提示しています。

高等学校における遠隔教育の在り方について(報告)(PDF;20ページ)(高等学校における遠隔教育の在り方に関する検討会議, 2014/12/8)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/104/houkoku/__icsFiles/afieldfile/2014/12/24/1354182_1_1.pdf

高等学校における遠隔教育の在り方について(報告)(文部科学省, 2014/12/8)

ジャパンリンクセンター(JaLC)、JaLCに新機能を追加

2014年12月22日、ジャパンリンクセンター(JaLC)が、JaLCに新機能が追加されたと発表しています。ウェブサイトで紹介されている資料「JaLC 新機能の概要(平成26年10月31日)」では、新機能として、「DOI登録対象コンテンツの拡大」、「異版コンテンツへの対応」「マルチプルレゾリューション」「メタデータ項目の拡大」等が挙げられています。なお、資料では「Linked Dataでの情報提供」については、「検討中」という文言が付されています。

また、同日、JaLCのホームページがリニューアルされました。JaLCの関連ドキュメントについての体系的な一覧表が「各種資料」の「関連ドキュメントについて」コーナーに掲載され、『JaLCのご紹介 (pdf)』等の各種資料が更新されたとのことです。

Japan Link Center
https://japanlinkcenter.org/top/index.html
※新着情報に
平成26年12月22日 JaLCに新機能を追加しました。
の記載あり。

JaLC 新機能の概要(ジャパンリンクセンター事務局, 2014/10/31)
https://japanlinkcenter.org/top/doc/141031_1_kobayashi.pdf

JaLC関連ドキュメントについて(JLC)

国際子ども図書館、厚生労働省との共催で展示会「子どもを健やかに育てる本2014―厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財(出版物)」を開催

2014年1月27日から2月22日まで、国立国会図書館国際子ども図書館が、厚生労働省との共催で展示会「子どもを健やかに育てる本2014―厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財(出版物)」を開催します。

この展示会では、児童の福祉の向上、子どもたちの健やかな育ちに役立てることを目的として厚生労働省社会保障審議会が推薦した絵本や図書61タイトルを手に取ってみられるよう展示します。

子どもを健やかに育てる本2014―厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財(出版物)(国立国会図書館国際子ども図書館)
http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2015-01.html

ページ