アーカイブ - 2012年

12月 28日

2012年もご愛読いただき、ありがとうございました。

2012年もカレントアウェアネス・ポータルをご愛読いただき、ありがとうございました。本日12月28日が、年内最後の記事更新日となります。本年は、カレントアウェアネス-R 2,527本、カレントアウェアネス-E 131本、カレントアウェアネス 25本、調査研究リポート 1本を掲載しました。

2013年は1月4日より記事更新を再開いたします。今後もより一層コンテンツの充実に努めてまいりますので、引き続きご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

みなさま、よいお年を。

「カレントアウェアネス-E」<文献紹介>執筆者募集中

メールマガジン「カレントアウェアネス-E」では、外国語の図書館情報学分野の文献の紹介記事を執筆してくださる方を募集しています。

詳しくは以下のページをご覧ください。

「カレントアウェアネス-E」<文献紹介>執筆者募集
http://current.ndl.go.jp/cae/contributor

「カレントアウェアネス-E」<文献紹介>執筆者募集

メールマガジン「カレントアウェアネス-E」では、外国語の図書館情報学分野の文献の紹介記事を執筆してくださる方を募集しています。図書館情報学や図書館に関連する領域を研究している大学院生など、執筆にご関心をお持ちの方、あるいは、執筆者をご推薦いただける方は、国立国会図書館関西館図書館協力課調査情報係(chojo@ndl.go.jp ※@は半角に直してください)までご連絡ください。

ご執筆いただきました記事は、カレントアウェアネス-Eで<文献紹介>として掲載させていただきます。

 

お願いすること

紹介する外国語文献を選定し、1年間に2本程度記事を執筆すること。

※原稿料をお支払いするものではなく、また著作権につきましては原則当館への譲渡をお願いしております。応募頂いた後、専攻や関心分野について担当からお尋ねさせていただき、その上で執筆時期・内容等について相談させていただきます。

 

米CLIR、“隠れた”特殊コレクションの目録入力プロジェクトへの2012年助成を発表

米国の図書館情報資源振興財団(CLIR)が、2012年の“Cataloging Hidden Special Collections and Archives awards”の助成対象プロジェクト22件を発表しました。2008年に始まったこの助成事業は、目録が作成されていないため“隠れたコレクション(hidden collection)”となってしまっている特殊コレクションの目録入力の支援を目的としています。2013年の助成事業の公募も1月に予定されています。

CLIRは、その他にも関連する取組みを行っており、そのひとつに、隠れたコレクションに関する情報を集めて一覧できるようにした“Hidden Collections Registry”があります。

CLIR Announces 2012 Hidden Collections Awards(CLIR 2012/12/27付けプレスリリース)
http://www.clir.org/about/news/pressrelease/HC2012

Cataloging Hidden Special Collections and Archives
http://www.clir.org/hiddencollections

Funded Projects

利用者主導の図書館建設 シンガポールで進行中

2012年12月19日、シンガポール国立図書館委員会(NLB)が、Singapore Polytechnic(SP)ともにOrchard Roadに建設する新図書館の設計やデザインについて、住民からのフィードバックを求めるプレスリリースを発表しています。

これは、2014年にオープンする新館について、“Design Thinking”という利用者中心的な手法を採用し、デザインや設備、サービス、コレクション等のあらゆる局面に関して、利用者からの意見を集めて建設するというものです。Design Thinkingは3つのフェーズに分かれており、現在は第2フェーズとして、NLBとSPのチームが作成したプロトタイプに対して意見が求められています。

NLBのAmarjeet Kaur Gill氏は、このプロジェクトで、図書館利用者が家にいるかのような空間を作りたい、としています。

library@orchard
http://blogs.nlb.gov.sg/orchard/

NLB partners SP to engage the public in designing the new library@orchard (National Library Board 2012/12/19付けの記事)

2012年にアクセスの多かったカレントアウェアネス・ポータルの記事

カレントアウェアネス・ポータルに掲載された『カレントアウェアネス』『カレントアウェアネス-E』「カレントアウェアネス-R」の記事のうち、2012年1月1日から12月28日(13:30)までの期間でアクセスの多かった記事トップ10をご紹介します。(※【 】内はアクセス数で、ロボット等によるアクセスを除いています。なお、使用しているアクセス解析ソフトウェアは2011年とは別のものです。)

★カレントアウェアネス

  1. CA1775 - 大学図書館のサービスとしての文献管理ツール / 林 豊【5,709】
  2. CA1773 - 動向レビュー:日本の公共図書館の電子書籍サービス-日米比較を通した検証- / 森山光良【5,609】
  3. CA1770 - 動向レビュー:図書館はデジタルカメラによる複写希望にどう対応すべきか / 鑓水三千男【4,947】

永続的なURIを実現するための10のルール

欧州における電子政府の相互運用性に関する活動をしているコミュニティSemantic Interoperability Community(SEMIC)が、“永続的なURI(persistent URI)”に関するレポートを公表しました。URIの設計や永続性について一定の方針に沿った管理が行われている欧州の機関等を対象に調査を行い、その結果として、永続的なURIを実現するためのルールを次の10個にまとめています。

(1)一定のパターンに従う(Follow the pattern)
(2)既存の識別子を利用する(Re-use existing identifiers)
(3)複数の表現どうしはリンクさせる(Link multiple representations)
(4)実世界の対象には303リダイレクトを設定する(Implement 303 redirects for real-world objects)
(5)専用サービスを用いる(Use a dedicated service)
(6)所有者を記さない(Avoid stating ownership)
(7)バージョン番号を使用しない(Avoid version numbers)
(8)連番を使用しない(Avoid using auto-increment)

国際公文書館会議(ICA)が2011年の年報を公開

国際公文書館会議(ICA)が2011年の年報をウェブサイトで公開しました。英語版とフランス語版が用意されています。ICAの活動がこのようなかたちでまとめらえるのは初めてで、予定より編集に時間がかかってしまったとしています。

ICA 2011 Annual Report(ICA)
http://www.ica.org/13936/reference-documents/ica-2011-annual-report.html

ICA annual report 2012(ICA 2012/12/21付けニュース)
http://www.ica.org/?lid=13940

デジタル人文学に携わる図書館員の評価のためのガイドラインはいかにあるべきか?(記事紹介)

このほど刊行された“Journal of Digital Humanities”の第1巻4号に、“Evaluating Digital Humanities Work: Guidelines for Librarians”という記事が掲載されています。執筆者は、ゲティスバーグ大学のシステムライブラリアンZach Coble氏です。

この記事では、近年デジタル人文学研究に図書館員が関わるようになったことから、そのような研究に携わる図書館員の昇進や評価のための枠組みが必要であるとして、MLA(米国現代言語協会)やNINES等の先行事例を踏まえて、枠組みを考えるためのガイドラインをまとめています。

なお、この記事は、2012年12月3日に“dh+lib”のサイトに掲載された同名記事を転載したものとのことです。

Zach Coble. Evaluating Digital Humanities Work: Guidelines for Librarians. Journal of Digital Humanities. 2012, 1(4).

マディソン公共図書館、創作活動にフォーカスする“Bubbler”の開始を公表 - 新中央図書館にもメイカースペース

ウィスコンシン州のマディソン公共図書館が、“Bubbler”という、市民が様々な創作活動を学ぶ機会を提供するプログラムを開始することを公表しています。“Bubbler”では、アニメーション、音楽、服飾デザイン、ダンス等々、様々な創作活動を学ぶことのできるワークショップを提供するとのことで、ニューヨーク州のフェイエットビル図書館やコネチカット州のウェストポート公共図書館の“メイカースペース”を参考にしているようです。

この企画は新中央図書館の建築プロジェクトの中から生まれたものであり、新中央図書館の1室は、Bubblerの各種プログラムにあてられる予定であるとのことです。

地元のCap Timesが、これまでの経緯等を紹介する記事を掲載しています。

What Is The Bubbler?
http://www.madisonpubliclibrary.org/new/what-bubbler

新中央図書館について
http://mynewlibrary.org

Bubblerの紹介動画(6分41秒)
http://youtu.be/u-u3zc3xcJ8

『カレントアウェアネス-E』229号発行

2013年1月から改正著作権法が全面施行

2012年6月に可決された改正著作権法が2013年1月1日をもって全面的に施行となります。改正法の内容は以下の5つですが、そのうち(1)と(2)が同日で施行されます。なお、(3)から(5)については、2012年10月1日から既に施行されています。

(1)いわゆる「写り込み」等に係る規定の整備
(2)国立国会図書館(NDL)による図書館資料の自動公衆送信に係る規定の整備
(3)公文書館等の管理に関する法律等に基づく利用に係る規定の整備
(4)著作権等の技術的保護手段に係る規定の整備
(5)いわゆる「違法ダウンロードの刑罰化」

デジタル化資料の図書館送信に関する改正著作権法の施行について(付・プレスリリース)(国立国会図書館 2012/12/17付けニュース)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2012/1198457_1827.html

改正著作権法が1月から全面施行、「写り込みOK」明確化(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20121227_580502.html

参考:
E1303 - 2012年著作権法改正:図書館・公文書館の関係規定について
http://current.ndl.go.jp/e1303

国内電子書籍サイトの2012年年間ランキングまとめ

国内の電子書籍販売サイト(電子書店)ではどのようなタイトルが多く購入されたのでしょうか? 主なサイトのランキングをまとめました。

楽天koboイーブックストア
http://kobo.rakuten.co.jp/event/sp-ranking2012/

eBookJapan
http://www.ebookjapan.jp/ebj/special/special_2012ranking.asp?dealerid=30063

Kindleストア
http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html/?docId=3077686106

honto(PDF:3ページ)
http://www.2dfacto.co.jp/pdf/121119_1.pdf

紀伊國屋書店BookWeb
http://www.kinokuniya.co.jp/20121206155208.html

BOOK☆WALKER
http://bookwalker.jp/pc/info20121213/

ブックリスタ(PDF:4ページ)
http://www.booklista.co.jp/wp-content/uploads/2012/12/press_release_20121212.pdf

パピレス

国立国語研究所、米国議会図書館(LC)所蔵の『源氏物語』翻刻本文全54巻を公開

2012年12月26日、国立国語研究所が、米国議会図書館(LC)所蔵の『源氏物語』翻刻本文全54巻を公開しました。2011年3月に一部の巻の試験公開が開始され、その後もコンテンツが追加されていたものです。

米国議会図書館蔵『源氏物語』翻刻本文 (国立国語研究所のウェブサイト)
http://www.ninjal.ac.jp/LCgenji/

米国議会図書館蔵『源氏物語』の全文翻字が公開されました(鷺水亭 より 2012/12/27付け記事)
http://genjiito.blog.eonet.jp/default/2012/12/post-26ad.html

参考:
国立国語研究所、米国議会図書館(LC)所蔵の『源氏物語』翻刻本文(桐壺から藤裏葉まで)を試験公開
http://current.ndl.go.jp/node/17896

米国の電子書籍利用者は23%に増加、図書館の電子書籍貸出サービスの利用者も5%に増加

米調査機関Pew Research Centerが、電子書籍の利用率に関する調査レポートを公表しています。2012年10月15日から11月10日にかけて、16歳以上の米国人2,252人に対して行われた調査の結果です。

これによると、電子書籍の利用は23%(前年は16%)に増加し、一方で紙媒体の書籍の利用は67%(前年は72%)に減少したとのことです。

また、図書館利用者の電子書籍貸出サービスの利用は5%(前年は3%)に増加し、また同サービスを知っている人は31%(前年は24%)に増加したとのことです。

E-book Reading Jumps; Print Book Reading Declines (2012/12/27)
http://libraries.pewinternet.org/2012/12/27/e-book-reading-jumps-print-book-reading-declines/

NASA、ハッブル宇宙望遠鏡とジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡に関する電子書籍を無料提供

米国国立航空宇宙局(NASA)が、ハッブル宇宙望遠鏡と、その後継機として開発の進むジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡に関するiPadアプリを無料提供しています。また合わせてPDF版も無料提供しています。

New Free e-Books Available about 2 Famous NASA Space Telescopes
http://www.nasa.gov/topics/nasalife/features/e-books.html

ダウンロード
http://hubblesite.org/ibooks/

12月 27日

フィリピン国立図書館、中国語図書専門資料室を開設

2012年12月6日、フィリピン国立図書館が同館内に中国語図書専門資料室(China Book Room)を開設しました。これは、中国国家図書館の図書寄贈プログラム“中国の窓”が、フィリピン国立図書館に対して2006年以来寄贈を続けてきた結果によるものとのことです。

National Library of the Philippines (NLP) launches China Book Room (National Library of Philippinesの記事)
http://web.nlp.gov.ph/nlp/?q=node/6661

スペイン国立図書館、インターネット上に存在する逐次刊行物の情報ポータルサイトを開設

2012年12月19日、スペイン国立図書館が、インターネット上に存在する逐次刊行物に関する情報をまとめたポータルサイト“Periodicomanía”を開設しました。情報の信頼性、コンテンツの専門性・網羅性・最新度等を基準に掲載情報の選別を行っているとのことです。なお、スペイン語圏の情報が多いようですが、米英の情報も掲載されています。

Periodicomanía
http://blog.bne.es/recursosprensa/

Recursos en Internet sobre publicaciones perio'dicas (BNE 2012/12/19付けの記事)
http://www.bne.es/es/AreaPrensa/noticias/RecursosPrensa.html

イタリアの教会所蔵の美術品350万点のオンライン目録

2012年12月24日付けのThe Art Newspaperの記事が、イタリアのカトリック教会所蔵の芸術品のオンライン目録についてを紹介しています。このプロジェクトは16年前に始まったもので、目録を公開しているウェブサイトでは、イタリアに216ある教区の63,773軒の教会に所蔵されている、絵画や彫像、装飾、十字架等、350万点を収録しているとのことです。目録は、キーワード検索のほか、教区名、資料のタイプ、主題、作者等から検索できるようです。

BeWeB Portal
http://www.chiesacattolica.it/beweb/UI/page.jsp?action=home

Vast database of Italian church’s art and artefacts goes live (Art Newspaper 2012/12/24付けの記事)
http://www.theartnewspaper.com/articles/Vast-database-of-Italian-churchs-art-and-artefacts-goes-live/28285

E1383 - 参加型アクションリサーチによる利用者調査<文献紹介>

E1383 - 参加型アクションリサーチによる利用者調査<文献紹介>

昨今,利用者の図書館に対するニーズを探る事がますます重要視されつつある。米国コロラド州のオーラリア図書館(Auraria Library)では,ラーニング・コモンズを図書館内に設置するのに際し,利用者をはじめとするステークホルダーが何を求めているかについて,ユニークな方法での調査・検討とそれに基づいた施設改修が行われた。この事について,同館のブラウン・シカ氏が調査の意義や手法,利用者のニーズなどについてまとめ,公表した。...

ページ