アーカイブ - 2011年 10月

10月 31日

広島県立図書館、木村伊兵衛らが戦後に撮影した広島の写真4500枚を電子化・公開へ

広島県立図書館が2012年春までにウェブサイトに「貴重資料コレクション」を開設し、原爆投下から2年後の広島を収めた写真4,588枚を電子化して公開する予定だそうです。これらの写真は、木村伊兵衛(446枚)、菊池俊吉(2,174枚)、大木実(1,968枚)の3氏が1947年8月25日から10月17日にかけて撮影したものとのことです。

ヒロシマ写真電子化、公開へ(中国新聞 2011/10/30付けニュース)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201110300021.html

貴重資料コレクション(広島県立図書館)
http://www.hplibra.pref.hiroshima.jp/hp/menu000001500/hpg000001493.htm

長崎市立図書館、長崎県立図書館の長崎市での存続を訴える要望書を公開

建物の老朽化や資料収蔵能力が限界に達していることから検討が進められている長崎県立図書館の再整備の問題で、建て替えの建設候補地として長崎市と大村市が挙げられているようです。この問題に対して、長崎市立図書館が、2011年6月9日に長与町と時津町とともに、同県知事に対して長崎県立図書館の長崎市での存続を訴える要望書を提出したとのことで、10月31日にその要望書を同館のウェブサイトで公開しています。

長崎県立図書館の長崎市での存続を強く求める要望書を提出しました (長崎市立図書館 2011/10/31付けの記事)
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/topics/youbou/youbou.html

ニューヨーク公共図書館仕様の「ジャックランタン」の作り方

ニューヨーク公共図書館(NYPL)が、ハロウィンかぼちゃ「ジャックランタン」の作り方を紹介する動画をYouTubeに投稿しています。動画では通常のかぼちゃのお化けではなく、NYPLのライオンのロゴを掘る方法を紹介しており、同館のFacebookページに、そのロゴを掘るためのステンシルのテンプレートが公開されています。

NYPL Pumpkin Carving: Happy Halloween! (YouTubeのウェブサイト)
http://www.youtube.com/watch?v=baKVZQ-QThI&feature=youtu.be&hpfeature=1

大阪府立中之島図書館、「業界新聞案内展 食べる!飲む!編」を開催

大阪府立中之島図書館で、2011年11月8日から15日の間、「第1回業界新聞案内展~食べる!飲む!編」が開催されるとのことです。同館では400紙を超える業界新聞を提供しており、今回は、食品関連等の業界新聞社の協力を得て開催されるとのことです。

業界新聞案内展(大阪府立中之島図書館 2011/10/12付けの情報)
http://www.library.pref.osaka.jp/nakato/event/fair_lib_201111.html

参考:
大阪府立中之島図書館、「大阪府内図書館案内展」を開催
http://current.ndl.go.jp/node/18782

宮城県の東松島市図書館、ポスター「子どもたちに笑顔をありがとう!」を作成

宮城県の東松島市図書館が、震災後の支援への感謝と再出発の気持ちをあらわすポスターを作成し、ウェブでも公開しています。東松島市の子どもたちが本と一緒に写った写真を集めたものです。

(ポスター)
http://www.lib-city-hm.jp/lib/2011y-library%20top/child.poster2011.pdf

東松島市図書館
http://www.lib-city-hm.jp/lib/2011y-library%20top/index.html

J-STAGE、Serials Solutions社のSummonで全文検索可能に

2011年10月25日、米Serials Solutions社が、同社のディスカバリインタフェース“Summon”で科学技術振興機構(JST)のJ-STAGEのコンテンツをフルテキスト検索できるようになったと発表しました。J-STAGEには現在33万件以上の論文が収録されているとのことです。

Serials Solutions® Summon Service to Include Full-Text from Japan’s Prominent E-Journal Hosting Site J-Stage (Serials Solutions 2011/10/25付けプレスリリース)
http://www.serialssolutions.com/news/detail/serials-solutions-summon-service-to-include-full-text-from-JST

ビブリオバトル首都決戦2011が開催

2011年10月30日、東京でビブリオバトルの全国大会である「ビブリオバトル首都決戦2011」が開催されました。その模様は東京都のYouTubeチャンネルでも中継されたそうです。当日は、まず、全国各地の予選大会を経た出場者で準決勝を行い、それを勝ち抜いた5人で決勝戦が実施されたそうです。優勝したのは北海道教育大学の杉目美奈子さんで、その他、筑波大学の常川真央さんと国際基督教大学の坪井遥さんに審査員特別賞が贈られたとのことです。

ビブリオバトル首都決戦2011
http://shuto.bibliobattle.jp/shou-dou-jue-zhan-ben-zhan

知的書評合戦「ビブリオバトル」は大熱戦。審査員特別賞を急遽2つに。(猪瀬直樹ブログ 2011/10/30付け記事)
http://www.inosenaoki.com/blog/2011/10/post-b5b2.html

北海道教育大生が学生日本一 書評合戦で(MSN産経ニュース 2011/10/30付けニュース)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111030/trd11103019290010-n1.htm

大学生がお気に入りの本を“プレゼン”(東京都)(NNNニュース 2011/10/30付けニュース)

神奈川県立川崎図書館、「『東日本大震災』テーマ別文献目録 速報版」を公開

神奈川県立川崎図書館が、同館のウェブサイト上で「『東日本大震災』テーマ別文献目録 速報版」を公開しています。震災関連の新着図書、雑誌特集、論文などをまとめて月1回紹介しているようです。

「東日本大震災」テーマ別文献目録 速報版(神奈川県立川崎図書館)
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/kawasaki/search/daisinsai.htm

参考:
福島県立図書館、東日本大震災関連の資料を収集
http://current.ndl.go.jp/node/18295

岩手県立図書館、震災関連資料コーナーを開設
http://current.ndl.go.jp/node/19363

学術情報のデジタル出版に関する文献リストが15周年を迎える

Digital Scholarshipを運営するベイリー(Charles W. Bailey)氏が同サイト上で公開している、学術情報のデジタル出版に関する文献リスト“Scholarly Electronic Publishing Bibliography”が15周年を迎えたそうです。2011年10月30日付けの新版(バージョン80)が公開されています。

Scholarly Electronic Publishing Bibliography
http://www.digital-scholarship.org/sepb/sepb.html

Scholarly Electronic Publishing Bibliography - Archive
http://www.digital-scholarship.org/sepb/archive/sepa.htm

ベイリー氏のプロフィール
http://www.digital-scholarship.org/cwb/

参考:
学術情報のデジタル出版に関する書誌サイト、まもなく10周年
http://current.ndl.go.jp/node/4757

「デジタルキュレーションと保存に関する文献リスト2010」と「学術情報のデジタル出版に関する文献リスト2010」

米国議会図書館、米国政府機関の図書館1000館の一覧を公開

米国議会図書館(LC)が、米国政府機関の図書館や情報センターの一覧“Federal Library Directory”を公開しています。現時点では1019館が掲載されており、省庁別等の条件による絞り込みも可能となっています。米国外にある施設も含まれており、日本の施設としては、米軍基地内にある図書館等が掲載されています。

Federal Library Directory
http://www.loc.gov/flicc/FLD/index_FLD.html

Library Census Maps 1,000 Federal Libraries(LC 2011/10/28付けのニュースリリース)
http://www.loc.gov/today/pr/2011/11-208.html

10月 28日

和歌山県有田川町の公共図書館が電子書籍貸出サービスを導入へ

和歌山県有田郡有田川町の有田川町地域交流センター(ALEC)に設置されている図書館が、2011年11月3日から電子書籍サービスを導入するようです。和歌山県内では初で、町としては全国初のようです。導入される「有田川Web-Library」では、電子書籍や郷土資料のほか、町主催で実施した『絵本コンクール』の優秀作品をデジタル化して作成する独自の絵本コンテンツ等1,000タイトルを提供するとのことで、利用者のPCからだけでなく、iPadを通じても利用できるようです。ALECの館長ブログの記事によると、11月3日には公開記念のイベントが同館で開催されるようです。

いよいよ登場!!! Web-Library… 全国の町村では初めてです!! (アレックへようこそ! 2011/10/27付けの記事)
http://blogs.yahoo.co.jp/aleccenter704/27989747.html

三重県立図書館職員による岩手、宮城、福島での現地調査報告資料が公開

2011年10月1日に三重県立図書館で実施されたトークライブ「図書館がなくなった。」で報告された、同館職員による岩手、宮城、福島各県の現地調査資料が公開されています。

岩手県現地調査報告 (PDF)
http://www.library.pref.mie.lg.jp/life/iwate_bm.pdf

宮城県現地調査報告 (PDF)
http://www.library.pref.mie.lg.jp/life/miyagi_bm.pdf

福島県現地調査報告 (PDF)
http://www.library.pref.mie.lg.jp/life/fukushima_bm.pdf

スペイン国立図書館(BNE)、2012-2014年の戦略計画を発表

2011年10月27日、スペイン国立図書館(BNE)が2012-2014年の戦略計画を発表しました。戦略計画では、「質」(Calidad)「厳格さ」(Austeridad)「一貫性」(Coherencia)「永続性」(Vocación de permanencia)の4つを計画を規定する価値と定め、現状分析を踏まえた上で、サービスの質向上、コスト削減、業務合理化、BNEの本質的な機能の強化を今後の方針として掲げているようです。

Plan Estratégico 2012-2014 (PDF)
http://www.bne.es/es/LaBNE/MemoriaPlan/PlanEstrategico/docs/PlanEstrategico12-14.pdf

ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学図書館、歴史資料約1,500点をデジタル化公開

2011年10月24日に、ドイツのヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学(ミュンスター大学)図書館が、デジタル化した同館の歴史資料をオンラインで提供するポータルサイトを開設したようです。現在のところ、主にヴェストファーレンに関する、1505年から1946年までの歴史資料1,500点以上を提供しているようです。

Digitale Sammlungen
http://sammlungen.ulb.uni-muenster.de/

Ein virtueller Lesesaal für historische Bestände (Universitäts- und Landesbibliothek Münster 2011/10/25付けの記事)
http://www.ulb.uni-muenster.de/forum/nachrichten/2011-10-25_digitale-sammlungen.html

Google、世界30か国におけるスマートフォンユーザの行動・意識調査の結果を公表

2011年10月27日に、Googleが、IPSOS、モバイルマーケティング協会と共同で、世界30か国、30,000人のスマートフォンユーザを対象に実施した、スマートフォンに関する大規模な行動・意識調査の結果を公表しました。調査は、スマートフォンの普及率、利用状況・シーン、使用用途、オンラインコマース(情報収集と購入活動)、広告への反応の5つに分けられており、“Our Mobile Planet”のウェブサイトで、調査項目や対象国を自由に設定して、インタラクティブに調査結果を閲覧できるようです。

Our Mobile Planet
http://www.ourmobileplanet.com/

世界のスマートフォン利用に関する大規模調査サイトを公開します (Google Japan Blog 2011/10/27付けの記事)
http://googlejapan.blogspot.com/2011/10/blog-post_27.html

欧州のテレビ放送に関するアーカイブプロジェクト“EUscreen”のポータルサイトが正式オープン

2011年10月27日、世界視聴覚遺産の日に合わせ、欧州のテレビ放送に関するアーカイブプロジェクト“EUscreen”のポータルサイトが正式にオープンしたようです。欧州20か国の機関からの3万点の資料にアクセスできるとのことです。

EUscreen
http://www.euscreen.eu/

EUscreen Portal Launched in celebration of UNESCO’s World Day of Audiovisual Heritage(EUscreen 2011/10/27付けの発表)
http://blog.euscreen.eu/?p=2195

参考:
欧州のテレビ資料の保存と利用に関するプロジェクト“EUscreen”、初の年次報告書を刊行
http://current.ndl.go.jp/node/17151

Ex Libris社の学術文献レコメンデーションサービス“bX”が、Elsevier社のScopus及びScience Directと連携

2011年10月26日、Ex Libris社が、同社の学術文献レコメンデーションサービス“bX”と、Elsevier社のSciVerse Scopus及びSciverse Science Directの連携を発表しました。bXはリンクリゾルバの利用ログを用いて関連文献をおすすめするサービスで、連携の結果、ScopusやScience Directの検索結果に関連文献が表示されるようになるようです。これらのサービスを共に導入している機関が対象とされています。

Elsevier and Ex Libris Collaborate to Present bX Recommendations in Scopus and Science Direct (Ex Libris 2011/10/26付けプレスリリース)
http://www.exlibrisgroup.com/?catid={916AFF5B-CA4A-48FD-AD54-9AD2ADADEB88}&itemid={94954577-220F-48EA-A11D-8675FD6659F2}

青森県板柳町で第3回「家読サミットin板柳」と第1回「子ども司書推進全国研究大会」が開催

2011年11月5日に青森県板柳町で第3回「家読サミットin板柳」が開催されるそうです。家読(うちどく)は家庭読書の略で、「朝読」(朝の読書の略)の家庭版として考えられたとされています。この家読サミットは過去に茨城県大子町と佐賀県伊万里市で開催されています。合わせて、4日には第1回「子ども司書推進全国研究大会」も開催され、講演やケーススタディのほか、子ども司書推進全国ネットワークの提案などが行われるようです。

家族で知る読書の楽しさ/板柳・家読サミット(Web東奥 2011/10/20付け社説)
http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2011/sha20111020.html

子ども司書制度(家読(うちどく)推進プロジェクト)
http://uchidoku.com/index.php?page_id=21

家読サミット開催地(家読(うちどく)推進プロジェクト)
http://uchidoku.com/?page_id=22

第1回子ども司書推進全国研究大会開催要項(PDF文書:2ページ)
http://uchidoku.com/?action=common_download_main&upload_id=598

参考:
「もったいない図書館」の矢祭町、「子ども司書」制度を開始へ

Right to Research Coalition、オープンアクセスで提供する研究論文の価値を高めるための学生向けガイドを公開

2011年10月27日に、学術情報のオープンアクセスを求めて活動を行っている、大学生・大学院生による国際的なアドヴォカシー団体“Right to Research Coalition”が、“Optimize Your Publishing, Maximize Your Impact”と題した学生向けのガイドを公開したようです。このガイドは、オープンアクセスで提供する研究論文の読者の獲得とインパクトを高める方法について解説したもののようです。ガイドには、オープンアクセス雑誌やリポジトリ、著者の権利等の説明に加えて、おかれた状況に応じて論文投稿のあり方を検討するための決定木(decision tree)も収録されているようです。

Optimize Your Publishing, Maximize Your Impac (PDF)
http://www.righttoresearch.org/bm~doc/r2rc_open_publishing_guide.pdf

R2RC Launches New Open Publishing Guide for Students (Right to Research Coalition 2011/10/27付けの記事)

ソニー、読書週間にちなんだ「SNSを休んで本を読もう!“Reader”読書週間キャンペーン」を実施

10月27日は「文字・活字文化の日」で、毎年、この日から11月9日までが「読書週間」とされています。読書週間ちなみ、電子書籍リーダー“Reader”を販売するソニーが「SNSを休んで本を読もう!“Reader”読書週間キャンペーン」を行っています。キャンペーンの内容には、Twitter上で1日に目にする文字数(フォローしているアカウントのツイートの文字数総数)に相当する電子書籍のおすすめや、24時間Twitterを「お休み」したひとへの「読書をする旅」のプレゼントが含まれているようです。

SNSを休んで本を読もう!“Reader”読書週間キャンペーン(ソニー)
http://www.sony.jp/reader/contents/dokusho/

ページ