フィードアグリゲーター

Developing Weeding Protocols for Born Digital Collections

Code4Lib Journal - 2019年2月15日
As collections continue to be digitized and even be born digital, the way we handle collection development needs to also shift towards a digital mindset. Digital collections development are not so much concerned about shelf or storage space, as expansion can be as simple as procuring a new hard drive. Digital collections, when not archival, need to focus on issues of access and accessibility. For a born digital library, quality and usefulness must be the primary factors in the collection development policy. This article will walk through the steps taken by one digital library (PBSLearningMedia.org) to assess their collections with an eye to quality and user experience as well as a multi-phase deaccessioning project that occurred and is ongoing. The process, including the multi-iteration drafting of subject specific rubrics, targeted to the needs of the site’s core audience. It also included the quantitative assessment of thousands of items in the collection and the distribution of qualitative and quantitative data to stakeholders across the country. Special attention to the setting of minimal required standards and the communication of those standards was paid. Finally, as this process is now an ongoing review schema for LearningMedia, the article will discuss the issues faced in this project, recommendations for other organizations attempting their own digital weeding/deaccessioning projects, and the plans for the future of the project.

A Principled Approach to Online Publication Listings and Scientific Resource Sharing

Code4Lib Journal - 2019年2月15日
The Max Planck Institute (MPI) for Psycholinguistics has developed a service to manage and present the scholarly output of their researchers. The PubMan database manages publication metadata and full-texts of publications published by their scholars. All relevant information regarding a researcher's work is brought together in this database, including supplementary materials and links to the MPI database for primary research data. The PubMan metadata is harvested into the MPI website CMS (Plone). The system developed for the creation of the publication lists, allows the researcher to create a selection of the harvested data in a variety of formats.

Content Dissemination from Small-scale Museum and Archival Collections: Community Reusable Semantic Metadata Content Models for Digital Humanities

Code4Lib Journal - 2019年2月15日
This paper highlights the challenges in content dissemination in Cultural Heritage (CH) institutions by digital humanities scholars and small Museums and Archival Collections. It showcases a solution based on Community Reusable Semantic Metadata Content Models (RM’s) available for download from our community website. Installing the RM's will extend the functionality of the state of the art Content Management Framework (CMF) towards numismatic collections. Furthermore, it encapsulates metadata using the Resource Description Framework in Attributes (RDFa), and the Schema.org vocabulary. Establishing a community around RM’s will help the development, upgrading and sharing of RM's models and packages for the benefit of the Cultural Heritage community. A distributed model for Community Reusable Semantic Metadata Content Models will allow the community to grow and improve, serving the needs and enabling the infrastructure to scale for the next generation of humanities scholars.

Querying OCLC Web Services for Name, Subject, and ISBN

Code4Lib Journal - 2019年2月15日
Using Web services, search terms can be sent to WorldCat's centralized authority and identifier files to retrieve authorized terminology that helps users get a comprehensive set of relevant search results. This article presents methods for searching names, subjects or ISBNs in various WorldCat databases and displaying the results to users. Exploiting WorldCat's databases in this way opens up future possibilities for more seamless integration of authority-controlled vocabulary lists into new discovery interfaces and a reduction in libraries’ dependence on local name and subject authority files.

Never Best Practices: Born-Digital Audiovisual Preservation

Code4Lib Journal - 2019年2月15日
Archivists specializing in time-based born-digital workflows walk through the technical realities of developing workflows for born-digital video. Through a series of use cases, they will highlight situations wherein video quality, subject matter, file size and stakeholder expectations decisively impact preservation decisions and considerations of "best practice" often need to be reframed as "good enough."

Challenges in Sustainable Open Source: A Case Study

Code4Lib Journal - 2019年2月15日
The Archivists' Toolkit is a successful open source software package for archivists, originally developed with grant funding. The author, who formerly worked on the project at a participating institution, examines some of the challenges in making an open source project self-sustaining past grant funding. A consulting group hired by the project recommended that -- like many successful open source projects -- they rely on a collaborative volunteer community of users and developers. However, the project has had limited success fostering such a community. The author offers specific recommendations for the project going forward to gain market share and develop a collaborative user and development community, with more open governance.

SCOPE: A digital archives access interface

Code4Lib Journal - 2019年2月15日
The Canadian Centre for Architecture (CCA) identified certain technological issues, namely extensive reference workflows and under-utilizing existing metadata, as significant barriers to access for its born-digital archives. In collaboration with Artefactual Systems, the CCA built SCOPE, a digital archives access interface. SCOPE allows for granular file- and item-level searching within and across digital archives, and lets users download access copies of the collection material directly to a local machine. SCOPE is a free, open-source tool. The beta version is available to the public, and a second phase is under-development as of Spring 2019.

Using Cloud Services for Library IT Infrastructure

Code4Lib Journal - 2019年2月15日
Cloud computing comes in several different forms and this article documents how service, platform, and infrastructure forms of cloud computing have been used to serve library needs. Following an overview of these uses the article discusses the experience of one library in migrating IT infrastructure to a cloud environment and concludes with a model for assessing cloud computing.

Making the Move to Open Journal Systems 3: Recommendations for a (mostly) painless upgrade

Code4Lib Journal - 2019年2月15日
From June 2017 to August 2018, Scholars Portal, a consortial service of the Ontario Council of University Libraries, upgraded 10 different multi-journal instances of the Open Journal Systems (OJS) 3 software, building expertise on the upgrade process along the way. The final and the largest instance to be upgraded was the University of Toronto Libraries, which hosts over 50 journals. In this article, we will discuss the upgrade planning and process, problems encountered along the way, and some best practices in supporting journal teams through the upgrade on a multi-journal instance. We will also include checklists and technical troubleshooting tips to help institutions make their upgrade as smooth and worry-free as possible. Finally, we will go over post-upgrade support strategies and next steps in making the most out of your transition to OJS 3. This article will primarily be useful for institutions hosting instances of OJS 2, but those that have already upgraded, or are considering hosting the software, may find the outlined approach to support and testing helpful.

Creating an Institutional Repository for State Government Digital Publications

Code4Lib Journal - 2019年2月15日
In 2008, the Library of Virginia (LVA) selected the digital asset management system DigiTool to host a centralized collection of digital state government publications. The Virginia state digital repository targets three primary user groups: state agencies, depository libraries and the general public. DigiTool's ability to create depositor profiles for individual agencies to submit their publications, its integration with the Aleph ILS, and product support by ExLibris were primary factors in its selection. As a smaller institution, however, LVA lacked the internal resources to take full advantage of DigiTool's full set of features. The process of cataloging a heterogenous collection of state documents also proved to be a challenge within DigiTool. This article takes a retrospective look at what worked, what did not, and what could have been done to improve the experience.

Improving the discoverability and web impact of open repositories: techniques and evaluation

Code4Lib Journal - 2019年2月15日
In this contribution we experiment with a suite of repository adjustments and improvements performed on Strathprints, the University of Strathclyde, Glasgow, institutional repository powered by EPrints 3.3.13. These adjustments were designed to support improved repository web visibility and user engagement, thereby improving usage. Although the experiments were performed on EPrints it is thought that most of the adopted improvements are equally applicable to any other repository platform. Following preliminary results reported elsewhere, and using Strathprints as a case study, this paper outlines the approaches implemented, reports on comparative search traffic data and usage metrics, and delivers conclusions on the efficacy of the techniques implemented. The evaluation provides persuasive evidence that specific enhancements to technical aspects of a repository can result in significant improvements to repository visibility, resulting in a greater web impact and consequent increases in content usage. COUNTER usage grew by 33% and traffic to Strathprints from Google and Google Scholar was found to increase by 63% and 99% respectively. Other insights from the evaluation are also explored. The results are likely to positively inform the work of repository practitioners and open scientists.

Wrangling Electronic Resources: A Few Good Tools

Code4Lib Journal - 2019年2月15日
There are several freely available tools today that fill the needs of librarians tasked with maintaining electronic resources, that assist with tasks such as editing MARC records and maintaining web sites that contain links to electronic resources. This article gives a tour of a few tools the author has found invaluable as an Electronic Resources Librarian.

A Systematic Approach to Collecting Student Work

Code4Lib Journal - 2019年2月15日
Digital technology has profoundly changed design education over the past couple of decades. The digital design process generates design solutions from many different angles and points of views, captured and expressed in many file formats and file types. In this environment of ubiquitous digital files, what are effective ways for a design school to capture a snapshot of the work created within their school, and to create a long-term collection of student files for purposes of research and promotion, and for preserving the history of the school? This paper describes the recent efforts of the Harvard Graduate School of Design in creating a scalable and long-term data management solution for digital student work files. The first part describes the context and history of student work at the Harvard Graduate School of Design. The second section of the paper focuses on the functionality of the tool we created, and lastly, the paper looks at the library’s current efforts for the long-term archiving of the collected student files in Harvard’s digital repository.

CONFERENCE REPORT: Code4Lib 2010

Code4Lib Journal - 2019年2月15日
Conference reports from the 5th Code4Lib Conference, held in Asheville, NC, from February 22 to 25, 2010. The Code4Lib conference is a collective volunteer effort of the Code4Lib community of library technologists. Included are three brief reports on the conference from the recipients of conference scholarships.

「みんなのふるさと」(山口県選定歌)の音源の所蔵があるか。(山口県立山口図書館)

下記資料1の6トラック目にあり。なお、同資料には「山口県民歌」(佐藤春夫作詞、信時潔作曲)も収録。 回答プロセス:自館蔵書検索にて、全文「みんなのふるさと」で検索、資料2(リーフレット)がヒット、楽譜・歌詞あり。 自館レファレンスデータベースにて「みんなのふるさと」で検索、提供可能な音源に関する情報なし。 書庫の郷土CDの棚をブラウジングして、資料1を発見。 参考資料:1.[CD]おいでませ!山口国体・山口大会ソング集. [おいでませ!山口国体・山口大会実行委員会], [2009]., 参考資料:2.山口県ふるさとづくり推進室 [制作] , 山口県ふるさとづくり推進室. みんなのふるさと : 山口県選定歌. 山口県, 1982. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I070562375-00, 備考:「みんなのふるさと」は、昭和54年(1979年)に、当時、県が取り組んでいた「あたたかいふるさとづくり」を推進するためのテーマソングとして制定されたもの。(『全国都道府県の歌・市の歌』(中山裕一郎 監修. 東京堂出版, 2012.p349)による。)

ある日本昔話のタイトルを探している。物語の内容は以下のとおり(記憶による)。 仕事もせずに遊びほうけていた男が、妻を殺す。妻の幽霊が出てくることに怯えた男は、坊さんに相談し、お札をもらう。そのお札を部屋中にはって、朝になるまで部屋から出るなと助言を受ける。とりの声がしたので、ようやく朝がきたと思い、外に出てみると、じつはまだ朝になっておらずに、男は妻の幽霊に殺されてしまった。(山口県立山口図書館)

物語が「牡丹灯籠」と似ているので、「牡丹灯籠」の原案『剪燈新話』を日本で翻案した物語について、下記資料1~3を調査し、そこに紹介されていたいくつかの物語を問い合わせの物語と比較した。 『雨月物語』(資料4)に収められている「吉備津の釜」が物語の構造的に最も似ていた(差異点:妻は殺人ではなくただ亡くなったとのみ語られる、僧侶ではなく陰陽師に護り札をもらう、外に出た理由はとりの声ではなく空が明るくなってきたため)ので、これを紹介した。 回答プロセス:日本の幽霊話として『日本の幽霊たち : 怨念の系譜』(阿部正路 著. 日貿出版社, 1972.)、『幽霊はなぜ出るか』(石井明 著. 平凡社, 1998.)を調査、該当なし。 『日本怪異妖怪大事典』(小松和彦 監修. 東京堂出版, 2013.)及び資料3~4で「幽霊」を調査、該当なし。 同資料で「牡丹灯篭」を調査、資料3,4に、日本で翻案された物語の紹介と、参考文献として「剪燈新話」の資料1,2の紹介あり。 資料1,2の末尾の解説を調査→紹介されていた物語の概要をインターネットで調査→資料5で確認。 事前調査事項: 牡丹灯篭ではないかとの本人の話もあったが、話の内容を実際に読んでみると違うとのこと。 「日本昔話事典」(稲田浩二 [ほか]編. 弘文堂, 1994.)ほかで、「鶏の声」などの観点から調べるも見当たらず。 参考資料:1.中国古典文学大系 39巻. 平凡社, 1969. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001271193-00, (p491-492) 参考資料:2.瞿佑 著 , 飯塚朗 訳 , 瞿, 佑, 1341-1427 , 飯塚, 朗, 1907-1989. 剪灯新話. 平凡社, 1965. (東洋文庫) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001072364-00, (p273-289) 参考資料:3.志村有弘, 諏訪春雄 編著 , 志村, 有弘, 1941- , 諏訪, 春雄, 1934-. 日本説話伝説大事典. 勉誠出版, 2000. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002935158-00, 4585060138(p868-869,276) 参考資料:4.乾克己 [ほか]編 , 乾, 克己, 1929-. 日本伝奇伝説大事典. 角川書店, 1986. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001824191-00, 4040313003(p813-814) 参考資料:5.上田秋成 [著] , 青木正次 訳注 , 上田, 秋成, 1734-1809 , 青木, 正次, 1935-. 雨月物語 : 全訳注 新版. 講談社, 2017. (講談社学術文庫 ; 2419) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028013981-00, 9784062924191(p234-293)

萩藩主毛利家(氏)の系図及び解説のある資料を探している。(山口県立山口図書館)

毛利氏については、下記資料1及び2に系図がある。資料2には簡単な解説がある。 また、毛利氏については、資料3に比較的詳しい解説がある。また、毛利氏のルーツ(土師(はじ)氏、大江氏)の研究書として、資料4がある。 参考資料:1.時山弥八 著 , 時山, 弥八, 1870-1938. もりのしげり : 増補訂正. マツノ書店, 2015.1 http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026253552-00, (p1-7) 参考資料:2.岡部忠夫 編著 , 岡部, 忠夫, 1920-. 萩藩諸家系譜 復刻. マツノ書店, 1999. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002776754-00, (p1012-1035) 参考資料:3.「毛利一族」のすべて. 新人物往来社, 1997. (別冊歴史読本 : 92) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I015835968-00, 4404024665 参考資料:4.野方/春人 著 , 野方/春人. 戦国大名毛利氏の系譜 : 土師氏から大江氏・毛利氏まで. 伊都大学出版部, 2013. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I060813712-00,

前原一誠(まえばらいっせい)に関する伝記や人物評(前原を知る人物による前原に対する評価)が記載されている資料を複数(5冊以上)教えて欲しい。(山口県立山口図書館)

前原一誠の伝記的資料としては、下記資料1-4がある。なお、紹介した資料は当館で所蔵しているもの。比較的文量が少ないもの(小冊子など)、雑誌記事、萩の乱のみが主な主題のもの等は除いた。 資料1:前原の伝記。昭和9年(1934年)に発行されたものの復刻版。前原家所蔵の書簡や日記に基づいて書かれたもの。 資料2:郷土史家による前原の年譜を復刻し、注を付したもの。あわせて、萩の乱の関係者である諌早基清(いさはやもときよ)への聞書き「諌早氏談片」、前原の伝記としては最初期に刊行された『前原一誠伝』(清水門弥 宝文館 1897)などの資料や、文献目録を収録。 資料3:前原と萩の乱を扱った研究書。前原ほか、関係者の列伝も収録。 資料4:松下村塾にかかわった人々の人間形成とその功績を扱った研究書。p44-70で前原を扱っている。 また、評伝・伝記小説として、資料5~8がある。資料8は資料7の文庫版。 なお、前原の伝記及び萩の乱に関する史・資料を概観できるものとして、資料9がある。 回答プロセス:自館作成の明治維新人物調べかた案内(パスファインダー)「前原一誠」を確認 「ふるさと文献情報検索」にて、「前原一誠」で検索、ヒットした資料のうち、分類Y289のものを確認 そのほか、「萩の乱に関する史料的研究」が、関係文献を網羅し、解説もあるため参考とした。 参考資料:1.妻木忠太 著 , 妻木, 忠太, 1870-1944. 前原一誠伝. マツノ書店, 1985. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001788075-00, 参考資料:2.田村貞雄 校注 , 田村, 貞雄, 1937-. 前原一誠年譜. マツノ書店, 2003. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004172280-00, 参考資料:3.松本二郎 著 , 松本, 二郎, 1891-1996. 萩の乱 : 前原一誠とその一党 増補版. マツノ書店, 1996. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002603618-00, 参考資料:4.海原徹 著 , 海原, 徹, 1936-. 松下村塾の明治維新 : 近代日本を支えた人びと. ミネルヴァ書房, 1999. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002758644-00, 462302962X(p44-72) 参考資料:5.来原慶助 著 , 来原, 慶助, 1870-1930. 不運なる革命児前原一誠. 平凡社, 1926. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000599645-00, 参考資料:6.富成博 著 , 富成, 博, 1922-. 萩の乱と前原一誠. 三一書房, 1969. (三一新書) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001216964-00, 参考資料:7.奈良本辰也 著 , 奈良本, 辰也, 1913-2001. あ丶東方に道なきか : 評伝前原一誠. 中央公論社, 1984. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001698730-00, 4120013162 参考資料:8.奈良本辰也 著 , 奈良本, 辰也, 1913-2001. 評伝前原一誠 : あ丶東方に道なきか. 徳間書店, 1989. (徳間文庫) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002058653-00, 4195989043 参考資料:9.田村 貞雄 著 , 田村 貞雄(1937〜). 萩の乱に関する史料的研究. 田村 貞雄(1937〜), 2001. (近代日本研究 第18巻) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I060638981-00,

山口県内の不祝儀において、赤飯が用いられることについて、県史・市町村史などに記述はあるか。(山口県立山口図書館)

下記資料1~5に、不祝儀と赤飯についての記述がある。 資料1(『長門市史 民俗編』) 「赤飯も多く用いられるものである。赤ん坊の七日目のオヒチヤ、名つけの祝い、百日の祝い、初潮祝いあるいは死後六日目などに作られる。」(p483) 資料2(『柳井市史 総論編』) 「高田家文書「盆月仏前に備物覚」には、お盆に仏前に備える料理などが記録されている。……七月十五日……夜は赤飯、黒目の煮しめの膳を供える。」(p451) 資料3(『日置町史』(日置町は現長門市)) 葬送について書かれた項目で「(死者の)近親者や懇親者は「イシン」といって、餅、饅頭、小豆飯などを送る風習が所によって残っている。」(p779) 資料4(『続 福栄村史』(福栄村は現萩市)) 「赤飯は子供の入学や卒業を祝って作ったり、中陰につくったりして親戚に配ることもある。」(p420) このほか、山口県の民俗について書かれた資料を確認したところ、以下に記述あり。 資料5には、長門市俵山湯町の事例として、「祝儀の際の赤飯はなく、死んだときの中陰に炊くくらいである。親族が中陰見舞いとして餅米と小豆を持参する」(p28)とある。 なお、この資料では、赤飯を食べる習俗について複数の例が紹介されているが、上記以外の地域、及び同シリーズである『周防の民俗』(山口県文化財愛護協会. 山口県文化財愛護協会, 1977)では、不祝儀に赤飯を食べる習慣についての記述は見当たらなかった。 回答プロセス:事前調査資料の『長寿 : 団子・赤飯・長寿銭/あやかりの習俗」については自館未所蔵のため未確認。 『山口県史 資料編 民俗』及び各市町村史(現在の市町と、合併前の直近の旧町村のもの。複数の版があるものは、最新のもののみ)を順次確認した。目次に民俗の章があり、「食事」もしくは「葬送儀礼」について触れていることが明確な資料を確認している。 あわせて、Y382の書架を概観し、県内の民俗について書かれている資料を確認した。ただし、県内広域を対象としたもののみ確認し、各市町村・地域単位を対象とした資料は未確認。 今回確認した県・市町村史のうち、記述がなかったものは以下のとおり。(書誌事項は省略、食及び葬送に関する記述のあるページを記述) 『山口県史 民俗編』食:なし、葬送:1p452、2:p211、454 『下関市史』食:なし 葬送:p406-413 『宇部市史』食・葬送:なし 『山口市史』食・葬送:なし 『萩市史』食:なし 葬送:p369 『徳山市史』食・葬送:なし 『防府市史』資料1 食:p283-289 葬送:p344-350 『下松市史』食・葬送:なし 『岩国市史』上 食:p876-882 葬送:p898-903 『小野田市史』食:p70-84 葬送:p156-160 『光市史』食:p1017-1020 葬送:なし 『美祢市史』食:p1107-1113 葬送:p1121-1125 『新南陽史』食:p1202-1208 葬送:なし 『山口県久賀町史』食:p320-324 葬送:p337-339 『周防大島町誌』食:877-85 葬送:p926-930、『周防大島町誌 続』食・葬送:なし 『東和町史』食:なし 葬送:p760-766 『橘町史』食:なし 葬送:p650-652 『和木町史』食・葬送:なし 『由宇町史』食:1061-1069 葬送:p1099-1108 『玖珂町史』食・葬送:なし 『本郷村史』第1-3巻 食・葬送:なし 『周東町史』食・葬送:なし 『錦町史 民俗編』食:なし 葬送:p83-86 『大畠町史』食・葬送:なし 『美川町史』食:p602-604 葬送:なし、『続美川町史』食・葬送:なし 『美和町史』食・葬送:なし 『上関町史』食・葬送:なし 『大和町史』食:p1028 葬送:p1033-1035 『田布施町史』食:p1241-1244 葬送:p1261-1273 『平生町史』食:p616-620 葬送:p623-626 『熊毛町史』食:p1171 葬送:p1199-1207 『鹿野町史』食:p884-915 葬送p969-975 『徳地町史』食:なし、葬送p737-741 『秋穂町史』食:p1109-1111 葬送:p1105-1107 『小郡町史』食:p579-580 葬送:p588-591 『阿知須町史』食:p552-556 葬送:p570-572 『楠町の歴史』食・葬送:なし 『山陽町史』食・葬送:なし 『菊川町史』第1-3巻 食・葬送:なし 『豊田町史』食・葬送:なし 『豊浦町史』食:p749-751 葬送:p599-611 『豊北町史』食:なし 葬送:p1012-1016 『美東町史』食:p697-699 葬送:p693 『秋芳町史』食:なし 葬送:p436-437 『三隅町の歴史と民族』食・葬送:なし 『油谷町史』食:p940 葬送:p935-936 『川上村史』食・葬送:なし 『阿武町史』食:p663-664 葬送:p632-633 『田万川町史』食:p988 葬送:p997-999 『阿東町誌』食:p578-591 葬送:p624-630 『むつみ村史』食:p644-646 葬送:なし 『須佐町町誌』食:p767-768 葬送:p759-761 『旭村史』食・葬送:なし 『福栄村史』食:p427-438 葬送:p470-476 事前調査事項:『長寿 団子・赤飯・長寿銭/あやかりの習俗』(板橋春夫 著. 社会評論社, 2009. p220)を確認済 参考資料:1.長門市史編集委員会 編 , 長門市. 長門市史 民俗編. 長門市, 1979. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001446948-00, (p483) 参考資料:2.柳井市史編纂委員会 編 , 柳井市. 柳井市史 総論編. 柳井市, 1988. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001957312-00, (p451) 参考資料:3.日置町史編纂委員会 編集 , 日置町. 日置町史. 日置町, 1983. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I074573879-00, (p779) 参考資料:4.続福栄村史編纂委員会 編 , 福栄村 (山口県). 福栄村史 続. 福栄村, 2005. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007765094-00, (p420) 参考資料:5.長門の民俗. 山口県文化財愛護協会, 1975. (山口県文化財シリーズ ; 1) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I060868611-00, (p28) 備考:事後調査:以下の資料に、「葬儀の赤飯使用一覧」の表あり。出典は、『日本民俗地図 7 (葬制・墓制)』(文化庁. 文化庁, 1980.)。表によると、山口県内の例として、「大津郡日置村黄波戸」「長門市俵山湯町」「萩市大井字土井」「阿武郡阿東町嘉年」が挙げられている。(p197) 国立歴史民俗博物館 編 , 国立歴史民俗博物館. 葬儀と墓の現在 : 民俗の変容. 吉川弘文館, 2002. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003984911-00

水分と固形物は食道を流れる速さが違うため、誤嚥をおこしやすいということについて書かれている本を探しています。 特に流れる速さが違う様子がわかる写真が載っている本を希望しています。(水分と固形物・・・具体的には、スイカやがんもどき。)(千葉県立西部図書館)

【資料1】 『よくわかる摂食・嚥下のメカニズム』(山田好秋著 医歯薬出版 2013)(1102358468) p151「5 食物の物性・調理方法の選択」に「嚥下障害の患者さんに水が飲みにくく,誤嚥しやすいと訴える例が多いのですが,これは水の凝集性が小さいため,一部が重力によって喉頭に流れ込んでしまうからです」とありました。 また固形物の例としてスイカやがんもどきはなく、かゆ・ヨーグルト・のり・寿司等が具体例としてあげられていました。  水分と固形物の流れる速さが違う様子がわかる写真は載っていませんでしたが、p68「食物の口腔内移送」やp84に「誤嚥の瞬間」の写真が掲載されており、そのほか嚥下に至るまでの過程の写真が多数載っていましたので紹介しました。 回答プロセス:・当館蔵書検索システムで全項目「嚥下」を検索したところ「嚥下」に関する資料が多数あったため、全項目「嚥下」「しくみ」で検索を行い【資料1】が見つかりました。 ・以下の資料に該当するものは見当たりませんでした。 『摂食・嚥下リハビリテーション』(才藤栄一監修 医歯薬出版 2007) 『新しい介護食・嚥下食レシピ集 食を楽しんで栄養を取り入れるために』(西尾正輝著  インテルナ出版 2010) 『誤嚥を防ぐケアとリハビリテーション 食べる楽しみをいつまでも』(藤谷順子編著 日本看護協会出版会 2006) 『摂食・嚥下機能評価マニュアル 医療面接から訓練計画立案まで』(Joseph Murray著 医歯薬出版 2001) 『摂食・嚥下障害を考える 口から食べる幸せづくり』(国立健康・栄養研究所栄養教育プログラム食介護研究会編 カザン 2007) 『嚥下食ピラミッドによるレベル別市販食品250』(栢下 淳編著 医歯薬出版 2008) 『おいしさの科学事典』(山野善正総編集 朝倉書店 2003) 参考資料:【資料1】『よくわかる摂食・嚥下のメカニズム』(山田好秋著 医歯薬出版 2013),

ページ