レファレンス協同データベース新着事例

レファレンス協同データベース新着事例 のフィード を購読
レファレンス協同データベースの新規公開情報をお知らせします。
更新: 6時間 11分 前

「エトウソノミ」もしくは「エガシラソノミ」という佐賀郷土の詩人の作品(佐賀市立図書館)

2018年12月13日
江島その美(えじま そのみ)さんです。本館所蔵の作品を紹介しました。 参考資料:『せかいの熟れごろ』江島 その美/著 土曜美術社出版販売 2009.11, 978-4-8120-1770-8 参考資料:水郷の唱歌』江島 その美/著 土曜美術社出版販売 2002.3, 4-8120-1330-5 参考資料:『江島その美詩集』江島 その美/著 土曜美術社出版販売 1999.3, 4-8120-0763-1

ISBNに強制力はあるのか(佐賀市立図書館)

2018年12月13日
法的な拘束力はないようです。 ネットで検索。日本図書コード管理センター( https://isbn.jpo.or.jp/index.php/fix__about/fix__about_2/ )から内容を確認、利用者にお伝えした。 参考資料:http://www.isbn-center.jp/ (日本図書コード管理センター),

ヒュウガトウキ(日向当帰)の薬効と栽培方法(佐賀市立図書館)

2018年12月13日
ヒュウガトウキ(日向当帰)とは通称「日本山人参」「イヌトウキ」といわれるセリ科の薬草のこと。 薬効については所蔵資料を紹介。 栽培方法については図書では該当資料なし。参考として論文、ホームページを紹介。 回答プロセス:薬効についてはOPACのフルテキスト「ヒュウガトウキ」で検索。 また、レファレンス協同データベースを参照。栽培方法については図書では該当資料が見当たらず。 参考資料として国立国会図書館データベースより論文とホームページを紹介。 佐賀大学付属図書館所蔵「宮崎産業経営大学研究紀要」 第5巻第1号P1~5に「志田庄二郎 「ヒュウガトウキの栽培系統について」(1993)」/佐賀県立図書館所蔵『ヒュウガトウキのすべて』水野修一・著なども紹介。 参考資料:『神の草「日本山人参」が糖尿病に効いた!」高橋 賢/著 ガイア出版 ジュピター出版(発売) 2002.2, 4-916029-48-8 参考資料:http://jairo.nii.ac.jp/0037/00004695 (JAIRO ヒュウガトウキ調査研究輯録)最終閲覧2018.12.13 15:17, 参考資料:http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021903 (レファレンス協同データベース), 参考資料:http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000132626 (レファレンス協同データベース), 参考資料:http://www.bizartcafe.com/nurture/02.php (Copyright (C) 2011 日本山人参が効く!)最終閲覧2018.12.13 15:17, 参考資料:http://www.takachiho-hyugatouki.com/ (高千穂日向当帰研究会)最終閲覧2018.12.13 15:15, 参考資料:http://ketuatusagetai.com/tounyou/ (日本山人参情報センター)最終閲覧2018.12.13 15:00,

児童書「有松の庄九郎」のブックトークをする際に、有松絞りの写真を見せたいので、有松絞りについての本はないか。(佐賀市立図書館)

2018年12月13日
フルテキストで「有松絞り」「絞り」検索→三瀬館所蔵には見当たらなかったため、593のあたりを見る。 三瀬館所蔵資料「着物の時間。」に有松絞りの着物写真の掲載があり。 本館所蔵「おしゃれに楽しむ着物リフォーム」に有松絞りのワンピースの掲載あり。 県内横断検索より、佐賀県立図書館に「有松しぼり(ISBN:978-4-7661-1873-5)」という資料あり。 参考資料:『着物の時間。』クロワッサン特別編集 マガジンハウス 2012.10, 参考資料:『おしゃれに楽しむ着物リフォーム あなただけのアレンジで生まれ変わる』主婦の友生活シリーズ 主婦の友社 2010.11, 参考資料:『有松しぼり 伝統の染織工芸意匠集 2』竹田 耕三/著 グラフィック社 2008.1,

筑後川の魚(特にエツ)について調べたい。(佐賀市立図書館)

2018年12月13日
「筑後川」「えつ」「佐賀」「淡水」などで検索。「ちくごがわ」「筑後川大発見」を提供しました。 2018年再検索、「サガんさかな」「佐賀の淡水魚」「佐賀・酒と魚の文化地理」を参考文献に追加。 参考資料:『ちくごがわ』村松 昭/さく 偕成社 2009.5, 978-4-03-437730-7 参考資料:『筑後川大発見! 水と川と私たち』水資源開発公団 1996, 参考資料:『サガんさかな 佐賀のさかな写真鑑』佐賀県水産局 1996.10, 参考資料:『佐賀県の淡水魚 人と川と自然を考える』田島 正敏/監修 佐賀新聞社 1995.8, 4-88298-062-2 参考資料:『佐賀・酒と魚の文化地理 文化を核とする地域おこしへの提言』中村 周作/著 海青社 2018.10, 978-4-86099-339-9

ズッキーニを使った料理の載った本はないか。(佐賀市立図書館)

2018年12月13日
野菜料理の本の提供。油と相性がいいのでラタトゥユ、フライなど向いていることと簡単な作り方を説明。2018再検索・追記。 参考資料:『フライパンひとつで作る炒めもの、煮もの、蒸し焼き』角田 真秀/著 主婦と生活社 2018.3, 978-4-391-15140-4 参考資料:『大好きイタリアン!人気パスタとおかず350』主婦と生活社/編 主婦と生活社 2013.7, 978-4-391-14383-6 参考資料:『世界のホットサラダレシピ 世界各地から届いたあたたかい野菜料理とアレンジメニュー85品』誠文堂新光社/編 誠文堂新光社 2015.11, 978-4-416-71579-6 参考資料:『dancyu日本一の野菜レシピ 永久保存版』プレジデントムック dancyu特別編集 プレジデント社 2014.5, 978-4-8334-7316-3 参考資料:『とれたて野菜レシピ 菜園発、おいしい120品』植松 良枝/著 NHK出版 2012.2, 978-4-14-199128-1 参考資料:『ベストヒット野菜料理 簡単!時短!3日おいしい!』カノウ ユミコ/著 講談社 2010.12, 978-4-06-299514-6 参考資料:『野菜畑のレシピ おいしい野菜をたっぷり食べる』アノニマ料理部/[編] アノニマ・スタジオ KTC中央出版(発売) 2007.2, 978-4-87758-647-8 参考資料:『ひんやりスープ 野菜たっぷり、冷蔵庫に常備していつでも飲める』丸山 久美/著 誠文堂新光社 2015.6, 978-4-416-71501-7

かがくのともの『せんたくばさみがあつまって』に載っている竜はいくつのせんたくばさみでできているか知りたい。(佐賀市立図書館)

2018年12月13日
『せんたくばさみがあつまって』(「かがくのとも」2011年8月号)の付録冊子を確認したところ、7715個と記載がありました。 参考資料:『かがくのとも』 [2011]-8「せんたくばさみがあつまって」 さとうゆみか/さく ピーター・ルービン/撮影 福音館書店,

鹿島おどりの参加者および参加団体数について知りたい (第40回から第50回までのものだけ)(鹿島市民図書館)

2018年12月13日
・『鹿島おどり50年の歩み』鹿島おどり振興会/発行 (N386カ)p17~19に記載あり。  しかし、参加者は概数で書かれており、団体数の記載は無し。 ・新聞スクラップ「鹿島の出来事」の関連記事から数をピックアップ  <回>    <参加者数>  <参加団体数> 第40回(2003/H15) 3500 - 第41回(2004/H16) 3388 - 第42回(2005/H17) 3408 - 第43回(2006/H18) 3259 - 第44回(2007/H19) 3376 - 第45回(2008/H20) 3505 98 第46回(2009/H21) 3376 114 第47回(2010/H22) 3018 93 第48回(2011/H23) 3279 94 第49回(2012/H24) 3074 91 第50回(2013/H25) 3248 -

戦後から1984年までに発行された『PREVIEW No.1』という雑誌を探している。...

2018年12月13日
神奈川近代文学館のOPACで所蔵が確認できる。 タイトル:PREVIEW 出版者:プレス・リーブル・センター 出版年月日:1984-? 1号(昭和59年3月号)特集名:モダニズムと龍膽寺雄の世界 詳細は回答プロセスをご参照ください。 回答プロセス:1 基本情報の確認 1-1.レファレンス資料 <分類:910(日本文学)、027(特殊目録) キーワード:PREVIEW No.1、PREVIEW>  次の資料では、雑誌の情報を確認できず   『日本近代文学大事典 5巻 新聞・雑誌』(日本近代文学館編 講談社, 1977.11 9103/N774/5A)   『文芸雑誌内容細目総覧 戦後リトルマガジン篇』 (日外アソシエーツ株式会社編 日外アソシエーツ, 2006.11 9103/N71-12)   『日本雑誌総目次要覧[-1983] ,84/93 』     (天野敬太郎,深井人詩共編 日外アソシエーツ 1985- 027/N772/'83・'84-'93) 1-2.JapanKnowledge[契約DB] <キーワード:PREVIEW No.1、PREVIEW>     ヒットなし。 2.雑誌の所在を確認する 2-1.総合目録で確認する<タイトル:PREVIEW No.1、PREVIEW>   次の総合目録では所在を確認できず    国立国会図書館サーチ http://dl.ndl.go.jp/      CiNii Books http://ci.nii.ac.jp/books/    NDL ONLINE https://ndlonline.ndl.go.jp/ 2-2.専門機関のOPACで所在を確認する(過去の事例から)<キーワード:PREVIEW No.1、PREVIEW>  【★1】神奈川近代文学館 OPAC   タイトル:PREVIEW   出版者:プレス・リーブル・センター   出版年月日:1984-?   1号(昭和59年3月号)特集名:モダニズムと龍膽寺雄の世界  次の機関のOPACでは所在を確認できず   国文学研究資料館図書・雑誌所蔵目録 https://opac.nijl.ac.jp/       日本近代文学館 http://www.bungakukan.or.jp/ 以上 <Web最終確認日:2018/11/29> 参考資料:【★1】神奈川近代文学館 <http://www.kanabun.or.jp>, (日本近代文学専門の博物館、専門図書館。OPACの巻号一覧では年月次と特集名を確認できる。)

梅シロップの作り方が載っている本が見たい。(佐賀市立図書館)

2018年12月13日
フルテキスト「梅シロップ」検索→596.3の漬物、果実酒を見る、数冊紹介。2018年再検索し追記。 (参考文献) 『梅干し・ウメ酒・うめ料理Q&A』p102‐103 梅シロップ 『果実とハーブのお酒とシロップ  ジャムとお茶とコンポート』p35 梅シロップ 『ジャムと果実酒』p29 梅のはちみつシロップ 『はじめての梅干し梅漬け梅料理』P30-31 青梅のシロップ漬け 『レタスクラブ 130525号 27』付録の「梅仕事手帖」P63 『おばあちゃんの梅干し・梅料理』p34-35 梅シロップと活用法 『はじめてでもおいしくできる梅干し・梅レシピの基本』p96-105 黄本の梅シロップとアレンジ、使い方 『おいしい「梅干し作り」と「梅のレシピ」』p90 梅シロップ 『おうちで梅しごと』p46-47 梅シロップ 『梅しごと』p12-13 梅シロップ 『はじめての梅しごと手帖』p42-45 梅シロップの作り方 p84-87使い方 『旬を楽しむ梅しごと』p36-37 梅シロップ 参考資料:『梅干し・ウメ酒・うめ料理Q&A』藤巻 あつこ/著 主婦と生活社 1999.5, 4-391-60893-6 参考資料:『果実とハーブのお酒とシロップ  ジャムとお茶とコンポート』田端 永子/レシピ 八月社/編 主婦の友インフォス情報社 2010.4, 978-4-07-267223-5 参考資料:『ジャムと果実酒』小川聖子/[著] 雄鶏社 2004.5, 4-277-63032-4 参考資料:『はじめての梅干し梅漬け梅料理』藤巻 あつこ/著 日本放送出版協会 2007.5, 978-4-14-187557-4 参考資料:『レタスクラブ 130525号 27』KADOKAWA, 参考資料:『おばあちゃんの梅干し・梅料理』藤巻 あつこ/著 家の光協会 2010.4, 978-4-259-56284-7 参考資料:『はじめてでもおいしくできる梅干し・梅レシピの基本』小川 睦子/監修 朝日新聞出版 2015.4, 978-4-02-333032-0 参考資料:『おいしい「梅干し作り」と「梅のレシピ」 梅名人・藤巻あつこの梅仕事』藤巻 あつこ/著 主婦と生活社 2007.4, 978-4-391-13408-7 参考資料:『おうちで梅しごと 梅酒、梅干し、梅シロップ、梅ジャム…梅を使った保存食は、この1冊におまかせ!』ベターホーム協会/編集 ベターホーム出版局 2010.5, 978-4-904544-10-5 参考資料:『梅しごと 季節のめぐりの中で 梅干し、梅酒、梅エキスから、暮らしを楽しむ料理、お菓子まで』中村 成子/著 文化出版局 2009.5, 978-4-579-21080-0 参考資料:『はじめての梅しごと手帖 少量でもおいしくできる』若山 曜子/著 家の光協会 2014.5, 978-4-259-56418-6 参考資料:『旬を楽しむ梅しごと 梅干しから梅酒、毎日の梅レシピまで』山田 奈美/著 家の光協会 2018.4, 978-4-259-56574-9

江戸時代から明治時代にかけての、現本庄市から群馬県渋川市に至る区間の利根川の船運業についての資料を探している。同区間には佐渡奉行街道と呼ばれる街道があり、利根川と併走しているため、併せてその街道の荷役業についての資料も探している。例えば、『日本歴史地名体系 11 埼玉県の地名』(平凡社 1993)p751「山王堂河岸」にある「栗田家文書」の様子や詳細が分かると良い。(埼玉県立久喜図書館)

2018年12月13日
以下の資料を紹介した。 1 山王堂河岸について 『利根川の水運 歴史の道調査報告書 第10集』(埼玉県立さきたま資料館 埼玉県教育委員会 1989)  p28-31「一六 山王堂河岸」あり。  明治初期における山王堂河岸略図や、個人蔵の判取帳資料の翻刻が掲載されている。 『武蔵国村明細帳集成』(小野文雄編 武蔵国村明細帳集成刊行会 1977)  p262「年不詳 児玉郡山王堂村村差上明細帳(本庄市)」あり。  p264「本庄市史資料編栗田家文書引用」とあり。 『本庄市史 資料編』(本庄市史編集室編 本庄市 1976)  文書p16 「近世文書解説」に栗田(剛氏)家文書の解説あり。  文書p425「欠年 山王堂村 村明細帳」あり。『武蔵国村明細帳集成』と同内容。  文献p19 「水運」の文献紹介あり。 『近世関東の水運と商品取引 続々 鬼怒川・利根川上中流域を中心に』(丹治健蔵著 岩田書院 2017)  p89「上州倉賀野河岸と江戸廻漕商品」山王堂河岸の上流の倉賀野河岸の様子あり。 『本庄市史 通史編 3』(本庄市史編集室編 本庄市 1995)  p116「利根川の水運」山王堂河岸に関する記述あり。 『「埼玉の舟運と現在も残っている河岸の歴史」調査報告書』(日本河川協会彩の川研究会 2015)  p190 山王堂河岸についての記述あり。 『群馬県史 通史編 5 近世』(群馬県史編さん委員会編 群馬県 1991)  p829、846、851 山王堂河岸に関する記述あり。 『関東水陸交通史の研究 叢書・歴史学研究』(丹治健蔵著 法政大学出版局 2007)  p122「山王堂河岸」について個別の記述あり。  p88「山王堂河岸」に関する記述あり。 2 佐渡奉行街道、荷役業について 『関東地方の歴史の道 歴史の道調査報告書集成 11』(服部英雄[ほか]編 海路書院 2008)  p273-324「佐渡奉行街道」あり。 『上州の諸街道 みやま文庫』(みやま文庫 1971)  p113-132「佐渡奉行街道―三国街道別路(本庄-渋川)―」あり。 『群馬県史 通史編 5 近世』(前掲)  p649、651、687 佐渡奉行街道に関する記述あり。  p654「道筋と継場の整備」、p856「上り下りする荷物」あり。 『上里町史 通史編 上巻』(上里町史編集専門委員会編 上里町 1996)  p722「対岸の河岸」、p726「河岸問屋と諸稼ぎ」あり。 回答プロセス:1 自館目録を〈全項目:利根川 & 水運〉で検索する。43件が該当。本庄-渋川であれば比較的上流のため、上流に関連がありそうな資料を確認する。 『利根川の水運 歴史の道調査報告書 第10集』(回答資料) 2 自館目録を〈佐渡奉行街道〉で検索する。 『関東地方の歴史の道 歴史の道調査報告書集成 11』(回答資料) 3 NDC分類〈680〉の棚にあたる。 『関東水陸交通史の研究 叢書・歴史学研究』(回答資料) 4 明細帳を確認する。 『武蔵国村明細帳集成』(回答資料) 5 本庄市史を調べる。 『本庄市史 通史編 3』(回答資料) 6 NDC〈517〉、〈290〉の利根川関係の資料を確認する。 『「埼玉の舟運と現在も残っている河岸の歴史」調査報告書』(回答資料) 7 『「埼玉の舟運と現在も残っている河岸の歴史」調査報告書』の参考文献で確認していない資料を確認する。 『上里町史 通史編 上巻』(回答資料) 『群馬県史 通史編 5 近世』(回答資料) 参考資料:『利根川の水運 歴史の道調査報告書 第10集』(埼玉県立さきたま資料館 埼玉県教育委員会 1989), 参考資料:『武蔵国村明細帳集成』(小野文雄編 武蔵国村明細帳集成刊行会 1977), 参考資料:『本庄市史 資料編』(本庄市史編集室編 本庄市 1976), 参考資料:『近世関東の水運と商品取引 続々 鬼怒川・利根川上中流域を中心に』(丹治健蔵著 岩田書院 2017), 978-4-86602-991-7 参考資料:『本庄市史 通史編 3』(本庄市史編集室編 本庄市 1995), 参考資料:『「埼玉の舟運と現在も残っている河岸の歴史」調査報告書』(日本河川協会彩の川研究会 2015), 参考資料:『群馬県史 通史編 5 近世』(群馬県史編さん委員会編 群馬県 1991), 参考資料:『関東水陸交通史の研究 叢書・歴史学研究』(丹治健蔵著 法政大学出版局 2007), 978-4-588-25053-8 参考資料:『関東地方の歴史の道 歴史の道調査報告書集成 11』(服部英雄[ほか]編 海路書院 2008), 978-4-902796-60-5 参考資料:『上州の諸街道 みやま文庫』(みやま文庫 1971),

現在一戸建て住宅に住んでおり、新築か、リフォームかで迷っている。参考になる本を探している。(磐田市立中央図書館)

2018年12月13日
新築か、リフォームかの判断となる本はありませんでした。新築か、リフォームかは目的や条件により異なるようです。新築の場合、現在の家を解体して建て替えるか、別の場所に新築するか。リフォームの場合、水周りや外壁など傷んだ所の部分改修か、躯体を残し全面改修するかなど目的や条件により選択することになるかと思います。選択の目的としては、家の老朽化、子どもが独立しコンパクト化、高齢対策のバリアフリー化などが考えられます。条件としては仮住まいの確保、予算、家の傷み具合、法的規制、立地条件などがあるかと思います。新築のメリットとしては、躯体部分が新しくなり建材も最新のものになります。間取りが自由で自分の理想の家となります。断熱・採光・通風などの整合性がとれます。デメリットとしては、価格がリフォームより高くなります。工期が長く仮住まいも長くなります。リフォームのメリットとしては、全面改修でなければ住みながらできます。新築より安い予算でできます。リフォームのデメリットとしては、理想の間取りの実現が難しい。耐震性能など構造体の不安や地盤・基礎・躯体の状況により高い予算になることも考えられます。 参考資料:住本靖, 豊嶋太朗 共著 , 住本, 靖, 1964- , 豊嶋, 太朗. 知っておきたいリフォーム&中古住宅の基礎知識. ぎょうせい, 2010. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010860543-00, 9784324090763 参考資料:家づくり援護会 編 , 家づくり援護会. わが家の診断&対処法 : 「建てた後」に読む本. 作品社, 2006. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008283803-00, 4861820863

1980年代に読んだ絵本を探している。おそらく日本人作家の絵本で、その当時にしては新しい方の絵本だったと思う。...

2018年12月13日
お探しの資料と思われるものは見当たりませんでした。 (調査方法) 照会事項から、調査対象を1975年から1989年までに出版された資料と設定しました。国立国会図書館検索・申込オンラインサービス(https://ndlonline.ndl.go.jp/)で、絵本及び児童雑誌を含む分類(国立国会図書館分類表の「Y17」「Y18」「Z32」)で、出版年を「1975-1989」とし、キーワード「月」「小人」「餅」(かな表記を含む)で検索し、条件と明らかに異なるものを除外し、残った資料を確認しましたが、お探しと思われるものは見当たりませんでした。確認した資料については、「調査済み資料」をご覧ください。 次に、以下の参考資料で、キーワード「月」「小人」で検索しました。該当項目で紹介されている資料のうち、1975年から1989年までに出版されたもので、条件と明らかに異なるものを除外し、残った資料を確認しましたが、お探しのものと思われる資料は見当たりませんでした(以下、【 】内は当館請求記号)。 <参考資料> ・DBジャパン 編. テーマ・ジャンルからさがす物語・お話絵本.1 (子どもの世界・生活/架空のもの・ファンタジー/乗り物/笑い話・ユーモア). DBジャパン, 2011.9【KE111-J27】 参照項目:「小人」「お月見」 ・DBジャパン 編. テーマ・ジャンルからさがす物語・お話絵本 2 (民話・昔話・名作/動物/自然・環境・宇宙/戦争と平和・災害・社会問題/人・仕事・生活). DBジャパン, 2011.9【KE111-J28】 参照項目:「月」 ・舟橋斉 編著. 絵本の住所録 : テーマ別絵本リスト. 新版. 法政出版, 1998.3 【UP49-G20】 参照項目:「月見」「月」 ・東京子ども図書館 編. 絵本の庭へ. 東京子ども図書館, 2012.3【UP49-J74】 参照項目:「月・月光」「お月見」「小人」 ・DBジャパン 編. テーマ・ジャンルからさがす乳幼児絵本. DBジャパン, 2014【UP49-L21】 参照項目:「小人」「行事>お月見」「月」 最後に、以下の参考図書で、『こどものとも』の1975年から1989年までの各号の書影を確認しましたが、お探しのものと思われる資料は見当たりませんでした。 ・おじいさんがかぶをうえました : 月刊絵本「こどものとも」50年の歩み. 福音館書店, 2005.12【KC511-H72】 (調査済み資料) ・マウリ・クンナス 作, 稲垣美晴 訳. フィンランドのこびとたちトントゥ. 文化出版局, 1982.6【Y7-9847】 ・早船ちよ 文, 石倉欣二 絵. お月さんのんだ. ポプラ社, 1976.2【Y17-4708】 ・須藤克三 文, 北島新平 絵. 月夜のふえ. ポプラ社, 1977.2【Y17-5115】 ・象形文平 作, 富永秀夫 絵. こびとのくにのおうさまのぼうし. 金の星社, 1977.2【Y17-5117】 ・ゲルダ・マリー・シャイドル ぶん, アントニー・ボラチンスキー え, こうしなともこ やく. お月さまのかお. ほるぷ出版, 1976.9【Y17-5258】 ・なかむらゆき 作・絵. こびとのえほん. 岩崎書店, 1978.2【Y17-5654】 ・ラルフ・ステッドマン さく, きたむらよりはる やく. つきのはなぞの. ほるぷ出版, 1979.5【Y17-6435】 ・柴田翔 文, 三宅榛名 曲, 石渡万里子 絵. ムウと月夜の大えんかい. 筑摩書房, 1980.2【Y17-6922】 ・谷真介 作, 北田卓史 絵. こんやはおつきみ. 金の星社, 1980.10【Y17-7355】 ・伊藤幸子 さく・え. ねずみとお月さま. 日立市民文化事業団, 1981.6【Y17-7883】 ・谷内こうた 絵, 内藤初穂 文. つきとあそぼう. 至光社, 1980【Y17-8427】 ・やすおか南み 作. 月とダイアナ. リブロポート, 1982.9【Y17-8970】 ・アウグスト・コーピッシュ ぶん, ゲアハルト・オーバーレンダー え, ささきたづこ やく. ケルンのこびと. ほるぷ出版, 1983.9【Y17-9876】 ・瀬尾七重 文, 江口まひろ 絵. 月夜のものがたり. 講談社, 1984.1【Y18-18】 ・A.シャプートン 文, G.ミューラー 絵, 岸田今日子 訳. こびとの村のおひさまワイン. 文化出版局, 1984.3【Y18-120】 ・田中利光 作, 田中秀幸 絵. きんいろのこびととぎんいろのこびと. ひさかたチャイルド, 1984.5【Y18-347】 ・A.シャプートン 文, G.ミューラー 絵, 岸田今日子 訳. こびとの村のクリスマス. 文化出版局, 1984.11【Y18-693】 ・今村幸治郎 作. 月のこどもたち. 偕成社, 1986.6【Y18-2589】 ・おのちよ 絵と文. つきがでた. 至光社, c1987【Y18-2725】 ・アリスン・アトリー 作, 矢川澄子 訳, 片山健 絵. むぎばたけ. 福音館書店, 1989.7【Y18-4158】 ・しみずみちを 作, 宮本忠夫 絵. ブウ・ウー・ピョンのおつきみ. 東本願寺出版部, 1989.9【Y18-4463】 ・メルセ・C・ゴンザレス[メルセ・コンパニュ]作, アグスティ・A・サウリ絵, 保富康午文. おうさま つきに いく. 学研ワールドえほん. (通号 107) 1981.02.【Z32-546】 ・藤田桜作・絵, 高田敏子文. おつきさま. 学研ワールドえほん. (通号 100) 1980.07.【Z32-546】 ・藤田桜作・絵, 保富康午文. つきよの おんがくかい. 学研ワールドえほん. (通号 078) 1978.09.【Z32-546】 ・ニコレッタ・コスタ作・絵, 竹下文子文. おつきさま あそびましょ. 学研ワールドえほん. (通号 156) 1985.【Z32-546】 ・ウリセス・ウェンセル絵, わたりむつこ文. つきよの ぱくんぱくん-スペイン民話より. 学研ワールドえほん. (通号 141) 1983.12.【Z32-546】 ・ルース・ヒュルリマン作・絵, 稗田宰子文. おつきさまと ふくろう. 学研ワールドえほん. (通号 086) 1979.05.【Z32-546】 ・わたなべ ゆういち作・絵. かえるくんの おつきみ. 学研おはなしえほん.(通号 20(06)) 1988.09.【Z32-547】 ・あか まさご作・絵. こんやは おつきみ. 学研おはなしえほん.(通号16(06) 1984.09.【Z32-547】 ・いとうひろし文, 片岡和子絵. つきよのおはなし. 月刊絵本フレンドシリーズ.(通号3(6))1975.9.【Z32-548】 (2018年12月4日 追記)---------------------- 後日、他のレファレンスの調査時に以下の資料を見つけましたので、ご参考までに追記いたします。 照会事項の年代とは異なりますが、ストーリー及びシーンの一部が合致しています。 小春久一郎 文, 岩本康之亮 絵. おつきさまのくれたきんのもち. ひかりのくに. (通号16(9))1961.9.【Z32-145】 ・満月の夜に森の泉でくんだ水を月にお供えするとそれを金のおもちに変えてもらえるといわれており、動物たち(たぬき、さる、りす、うさぎなどが登場します)は皆で歌いながら山に登ります。 ・最後のシーンは見開きの挿絵で、大きな丸い満月から降り注ぐ月の光、一列に並んで山に登る動物たちが描かれています。 ・白いおもちは降ってきませんが、月の光の一部が白い丸で描かれており、白いおもちのようにも見えます。 ・おもちの絵は出てきません。また、おもちを食べるシーンもありません。 ・単行本ではなく、雑誌『ひかりのくに』に掲載された作品の一つです。雑誌の判型は縦長です。表紙は大きな満月と動物たちが描かれ、背景は黒色です。 事前調査事項:調査済み資料 『おつきみこびとのおはなし』 まつい のりこ/さく 童心社 1986.4 『14ひきのおつきみ』 いわむら かずお/さく 童心社 1988.6 『お月さまってどんなあじ?』 ミヒャエル・グレイニェク/絵と文   いずみ ちほこ/訳 セーラー出版 1995.9 『つきよのぼうけん』 エドワード・アーディゾーニ/絵   エインゲルダ・アーディゾーニ/文   なかがわ ちひろ/訳 徳間書店 2004.9 『つきのあかるいよるのおはなし』 ジョン・プレイター/さく   山口 文生/やく 評論社 1999.10 『もりのこびとたち』 エルサ・ベスコフ/さく・え   おおつか ゆうぞう/やく 福音館書店 1981.5 『ムーン・ジャンパー』 ジャニス・メイ・ユードリー/文   モーリス・センダック/絵   谷川 俊太郎/訳 偕成社 2014.11 『月夜のこどもたち』 ジャニス=メイ=アドレー/文   モーリス=センダック/絵   岸田 衿子/訳 講談社 1983.12 豊中市立図書館の全職員に質問をなげかけましたが、回答を得ることはできませんでした。 どうぞよろしくお願いします。 備考:資料情報課(レファレンス)

柳原白蓮が戦死した息子の骨壺についてうたった歌があったと思うが、掲載されている本はどれか。(鹿島市民図書館)

2018年12月13日
『流転の歌人柳原白蓮』馬場 あき子/著 NHK出版 2014年 p79 「英霊の生きてかへるがありという子の骨壺よ 振れば音するわが肩に子おきし手の重さを  ふと思ひいづる夏の日の雨」 ※お急ぎであったため、1冊のみの提供となった。

絵馬に書かれている馬で、黒馬と白馬があるが、意味があるのか。(鹿島市民図書館)

2018年12月13日
『絵馬に願いを』岩井 宏實/著 二玄社 2007年 p4に、記載あり。黒馬は雨乞い、白馬は日乞いの意があるとのこと。

龍宿浦(やのうら・鹿島市)の地名の由来を知りたい。(鹿島市民図書館)

2018年12月13日
『ふるさと七浦誌』七浦学校同窓会 1992年 p135に由来の記述あり。 回答プロセス:郷土コーナーを探したが、回答に使用した1冊のみしか見つけることができなかった。

松井須磨子が演じた演劇の「マグダ」について、あらすじを知りたい。(鹿島市民図書館)

2018年12月13日
『演劇百科大事典』早稲田大学演劇博物館 1961年(R770.3エ) p.460 回答プロセス:インターネット検索にて「マグダ」は「故郷」(ズーダーマン著、島村抱月訳)という戯曲とわかる。 国立国会図書館デジタルコレクション(インターネット公開)に資料あり。  ※『抱月全集第4巻(翻訳戯曲)』島村抱月訳. 博文館 S.4 は図書館送信参加館。 ★『故郷』そのものを読むのはつらいので、あらすじだけでよいとの事。また急ぎであり、今日中に資料が欲しいとの事だったので、他館には依頼せず、他館の資料は確認していない。

歌舞伎を見に行くことになりました。なんだかよくわからないのでどんな世界なのか教えてください。(宮城県白石高等学校図書館)

2018年12月13日
どんな世界かはわかりませんが,事前に調べておくと鑑賞するために必要なことがわかると思います。本校図書館にある資料をいくつか選んでみましたので,自分に合いそうなものを借りてみて下さい。 回答プロセス:歌舞伎をキーワードに蔵書検索。できるだけわかりやすそうなものを選ぶ。 調査資料1には,歌舞伎のチケットの買い方,見に行く時の着物・食べ物などについて細やかに記されています。 調査資料2には,歌舞伎の中にある約束事や時代物と世話物の違いなど何度か見ていくうちに気づきそうな歌舞伎の楽しみ方について記されています。 調査資料3には,具体的な作品を例示しながら,「演技」「音楽」「脚本」「装置」などのカテゴリーに分けて歌舞伎の面白さが書かれています。 調査資料4は,古典芸能評論家である著者独自の目線で歌舞伎の面白さを捉え直したもので,従来の歌舞伎手引書にはない楽しみ方の手がかりが書かれています。 調査資料5には,演目ごとのあらすじやその見どころが書かれており,巻末には役者名・特殊用語集などがついています。 事前調査事項:歌舞伎独特の表現もたくさんあるので,一つ一つ調べているが,難しく書いてあるものが多い。 参考資料:調査資料1 歌舞伎一年生 チケットの買い方から観劇心得まで ちくまプリマー新書261 中川右介 筑摩書房 2016, 参考資料:調査資料2 歌舞伎の愉しみ方 山川静夫 岩波書店 2008, 参考資料:調査資料3 歌舞伎の見方 石田一良 講談社 1974, 参考資料:調査資料4 歌舞伎の雑学 小山観翁 グラフ社 1983, 参考資料:調査資料5 歌舞伎見どころ聞きどころ 石橋健一郎 淡交社 1993, 備考:初めての世界は誰しも緊張するものだろうと考え,なるべくわかりやすい資料提供に徹した事例。

『太平記』を調べるために見たいが、現代語訳がいい。 何かの資料に載っていたのだが9巻辺りだと思う。(牛久市立中央図書館)

2018年12月13日
 複数巻に分かれたもの自体が所蔵として見つからず、『太平記』の全部が収録されて いるとは思えないものの、下記2冊をまず紹介。  ①『太平記 一冊で読む古典』(山下宏明校注/新潮社/1990.10)  ②『現代語訳日本の古典 13 太平記』(永井路子訳/学研/1981)  また所蔵はないため相互貸借での対応になるが、下記は県内に所蔵があり、なおかつ 「完訳」とあるので、やはり全部を見たいということであれば下記を勧める。  ③『完訳太平記』1~4(上原作和、小番達監修・訳/勉誠出版/2007.3) 回答プロセス:1.書名「太平記」&資料状況「所蔵」で自館資料検索。 →152件ヒット。しかし大半が「太平記」という語を含む小説であり、今回の質問とは  合わない資料。また複数巻に分かれたものも所蔵として見つからず。  『太平記』の全部が収録されているとは思えないものの、152件のヒットの中から一応  下記を紹介。  ①『太平記 一冊で読む古典』(山下宏明校注/新潮社/1990.10)  ②『現代語訳日本の古典 13 太平記』(永井路子訳/学研/1981.1)  →「今度行って一応見てみたい」とのことだったので、司書カウンターに来館して   下さるようお願いし、終了。 2.『太平記』の全部が収録された資料が出版されていないか確認しておこうと考え、  書名「太平記」&キーワード「現代語訳」で図書館流通センターの図書館専用ポータルサイトTOOLiを検索。 →18件ヒット。その中に下記を発見。  ③『完訳太平記』1~4(上原作和、小番達監修・訳/勉誠出版/2007.3)   …書誌の「内容紹介」に「現代語訳で贈る」とある。   …水戸市立常澄図書館に所蔵あり。  ④『新訳太平記を読む』1~5(安井久善訳/おうふう/2001.1~2007.1)   …1~3は那珂市立図書館にあるが4と5が県内所蔵なし。 →③、④ともに自館で所蔵はしていない資料だったので、もし質問者が希望した場合は  相互貸借で対応する必要がある。 参考資料:B10072565 太平記 山下宏明/校注 新潮社 1990.10 913.435 9784103777014, 参考資料:B10003408 現代語訳 日本の古典 13 学研 1981.1 918 9784051038038,

オボノ氏族が住んでいたのは現在のどの県にあたる地域か知りたい。"オボノ"の"ノ"は野と書き、古い氏族の可能性がある。(牛久市立中央図書館)

2018年12月13日
当館の資料ではオボノ氏族を確認できず、住んでいた地域も不明であると返答した。 回答プロセス:氏族に関する参考資料があると思われるR288付近の棚をブラウジング。 →「オボノ」及び「オボ野」で下記の参考図書に掲載がないか、確認。  ①『姓氏家系大辭典 第1卷下』 (太田亮/角川学芸出版/2012.7)  ②『日本古代氏族事典 』(佐伯有清[編]/雄山閣出版/1994.10)  ③『日本名字家系大事典』(森岡浩[編]/東京堂出版/2002.7)  ④『苗字と地名の由来事典』 (丹羽基二/新人物往来社/2006.8)  ⑤『五日本家系・系図大事典』 (奥富敬之/東京堂出版/2008.7)  ⑥『姓氏家系歴史伝説大事典』 (志村有弘[編]/勉誠出版/2003.7)  →記載なし →「オボノ氏族」について確認できず、手がかりもつかめなかったため「オボノ氏族」が住んでいた地域について  分からなかったとの回答を電話で報告し、レファレンス終了。

ページ