レファレンス協同データベース新着事例

ドイツの絵本 『もじゃもじゃペーター』 の書評、論評が読みたい。 出版当時は大成功をおさめたが、後に批判されたらしい。(島根県立図書館)

(1) 当館所蔵から以下の資料を紹介。 【資料1】 『絵本論 -瀬田貞二子どもの本評論集-』 (福音館書店)  p86~ 「絵本の歴史から」   1844年の冬、ドイツのフランクフルトのお医者さんのハインリッヒ・ホフマンが、自分のひとり息子にクリスマスの贈りものとして本を買ってやろうとしました。 町じゅうの本屋をさがして、三つになるカールにふさわしい絵本がてんでないのにがっかりしました。 ・・・(中略)・・・ ホフマン先生は新しく石版技術を習って心をこめて絵本をつくりあげました。 ・・・(中略)・・・ この絵本が在来のかた苦しいお説教のついた、古くさい宗教画のような安本を圧倒して、ぞくぞく版を重ねたことはいうまでもありません。・・・(中略)・・・ 当時のしかつめらしいかたくなな儀礼をよそに、いたずら坊主を手玉にとっているこの絵本が、うえかわいた子どもたちに、清水のように消化されたさまが想像されます。 【資料2】 『オックスフォード世界児童文学百科』 (原書房 1999)  p852~853 「もじゃもじゃペーター  Struwwelpeter」   ハインリヒ・ホフマン(1809-94)作のしつけ物語・詩集。 1845年、ドイツでは作者自身のさし絵により出版され、匿名の英語版は、1848年ライプツィで初めて出版され大成功をおさめた。 ・・・(中略)・・・ この作品は長い間、おもしろおかしいだけの人畜無害なものと受け入れられるか、過剰に恐ろしい、気味の悪いもので、繊細な子どもにとっては精神的外傷の原因にさえなると批判されるか、両者のあいだを行き来してきた。  【資料3】 『ドイツの子どもの本』 (白水社 1991)  p10~ 「児童文学の歴史 中世から現代まで」   p21~24  ・・・(前略)・・・ところがひとりの素人が、これらの玄人をしのぎました。 ハインリヒ・ホフマンの 『もじゃもじゃペーター』 (1845年)が大成功をおさめたのです。 なるほどこの本にはお説教もありますが、おかしみがあふれ、父親の愛がしみ通っています。 ・・・(中略)・・・ この絵本はその後ヨーロッパ中の言葉に訳されましたが、二十世紀になってから激しい論争にさらされました。 (以下略)・・・     【資料4】 『世界の絵本・児童文学図鑑』 (柊風舎)  p406 「エリック・カール評 もじゃもじゃペーター」   ドイツにいたときは、『もじゃもじゃペーター』を読んだ。 それは10編の短い詩が入っていて、教育的なものや、恐ろしいものもあった。・・・(中略) ・・・ 私はこの本が大好きだった - こんなに残酷な内容なのに。  【資料5】 『「もじゃぺー」に<しつけ>を学ぶ  日常の「文明化」という悩みごと』 (東京学芸大学出版会 2012)  本体そで部分の記載 「髪はぼうぼう爪もにょきにょき伸ばしっぱなしのペーターは、ドイツで百五十年以上にわたって読みつがれてきた絵本の主人公。 大人のいうことをきかないペーターは、最後にどうなったのか? しつけの本ともされてきたこのこわい絵本が、長く愛されてきた理由をひもときます。」  p97 「日本の国際子ども図書館は、世界でも有数の 『もじゃペー』 関連の諸文献を備えた機関であるといえます。 この豊富な蔵書をもとにして、2006年、「もじゃもじゃペーターとドイツの子どもの本」という展示会が同図書館で開催され、およそ220の関連書籍が展示されました。・・・(中略)・・・その後も国際子ども図書館は、『もじゃペー』 関連の著作を随時購入し、『もじゃペー』 関連の著作群を充実させています。」 【資料6】 『国際子ども図書館の窓  第7号 2007.3』 (国立国会図書館国際子ども図書館)  p6~10  上野の森に、いたずらっ子たちがやってきた 「もじゃもじゃペーターとドイツの子どもの本展」 に寄せて  吉原高志   「・・・ (前略)・・・親の言うことを聞かない子どもたちは、しまいには痛い目にあっています。 そういう意味では、悪いことをすれば報いを受ける、という教訓を含んでいて、確かに教育の本、しつけの本と言えるでしょう。 けれども、『もじゃもじゃペーター』が、今なお子どもたちに読み継がれている一番の理由が、「教育」や「しつけ」にあるとは思えません。   子どもたちは、このいたずらっ子たちに共感し、自分たちの仲間や自分自身を見つけているにちがいありません。・・・(中略)・・・ 子どもたちはいたずらが大好きです。 大人たちから見れば、下らないことに夢中になって、時には痛い目にもあうでしょう。 でもそのようにして、子どもたちは学んでいくのです。 その原型のような子ども像が、『もじゃもじゃペーター』には描かれています。(以下略)・・・  フランクフルト大学の児童図書研究所の前所長であるクラウス・ドーデラーは、『もじゃもじゃペーター』 にはシュールリアリズムに通じるものがあり、その現実を超えたおかしみに子どもたちは魅力を感じている、と書いています。」   ※インターネット公開あり http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_998505_po_2006-mado-full.pdf?contentNo=1 【資料7】 『国立国会図書館月報 No.540 2006.3』 (国立国会図書館)  p30~31  国際子ども図書館展示会 「もじゃもじゃペーターとドイツの子どもの本」   「・・・ この本には、「もじゃもじゃペーター」を始め、「悪がきフリードリッヒの話」、「マッチ遊びの悲しい話」、など10の「いたずらっこ」の話が、韻文と絵により描かれ、教育的でありながらナンセンスなおかしさがあります。   『もじゃもじゃペーター』 は、日本ではあまり知られていませんが、会場を訪れてこの絵本に出会った子どもたちは、共感をもって、もじゃもじゃペーターたちを受け入れているようです。」 【資料8】 『現代詩手帖 第19巻3号 1657号 1976.3』 (思潮社)  特集 : マザー・グース  谷川俊太郎 吉田新一 小島美子 ジョセフ・ラブ   p151  吉田 「たとえば十九世紀の中ばちょっと前ですけど、ドイツのお医者さんでハインリッヒ・ホフマンっていう人の作った絵本で 『ストルーウェル・ペーター (もじゃもじゃのペーター)』 というのがありますが、今われわれが見るととても残酷なんです。・・・(中略)・・・ まあ、子どもをしつける意図をもった絵本ですが、これをイギリスの子どもたちは全部ナンセンスの本ととったんですね。」 (2) インターネットで公開されている文献から以下のものを紹介。 国立国会図書館国際子ども図書館    ホーム > 展示会・イベント > イベント情報 > 過去のイベント   http://www.kodomo.go.jp/event/event/event2006-03.html(最終確認2018/2/15)   『児童文学に見る子ども像 -もじゃもじゃの系譜-』     講師 : 本田和子(ほんだますこ)氏 (前お茶の水女子大学学長)     会場 : 国際子ども図書館3階ホール 文化学園リポジトリ 『文化学園大学 研究紀要 18 1987.01』pp.158-167  「H.ホフマンのDer Struwwelpeter(もじゃもじゃペーター)に関する一考察」 西岡万里子    http://dspace.bunka.ac.jp/dspace/bitstream/10457/2371/1/001031118-16.pdf(最終確認2018/2/15) つくばリポジトリ 『教育制度研究紀要 (6) 2011-02』pp.43-56  「『帰ってきた、もじゃもじゃペーター』の中のしつけ絵本」 荒川麻里 https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&page_id=13&block_id=83&item_id=21723&item_no=1(最終確認2018/2/15) 参考資料:【資料1】瀬田貞二 著 , 瀬田, 貞二, 1916-1979. 絵本論 : 瀬田貞二子どもの本評論集. 福音館書店, 1985. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001818863-00, 4834004112(p87-88 当館請求記号 子研究909/214) 参考資料:【資料2】ハンフリー・カーペンター, マリ・プリチャード 著 , 神宮輝夫 監訳 , Carpenter, Humphrey, 1946- , Prichard, Mari , 神宮, 輝夫, 1932-. オックスフォード世界児童文学百科. 原書房, 1999. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002758630-00, 4562031042(p852~853 当館請求記号 子研究909/オ99 ※貸出禁止資料) 参考資料:【資料3】野村泫 著 , 野村, 泫, 1925-. ドイツの子どもの本 : 大人の本とのつながり. 白水社, 1991. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002090776-00, 4560042489(p21~24 当館請求記号 子研究909/ノ91 ※書庫資料) 参考資料:【資料4】ジュリア・エクルスシェア 編 , 井辻朱美 監訳 , Eccleshare, Julia , 井辻, 朱美, 1955-. 世界の絵本・児童文学図鑑. 柊風舎, 2011. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011289081-00, 9784903530529(当館請求記号 子研究909/エ11) 参考資料:【資料5】山名淳 著 , 山名, 淳, 1963-. 「もじゃペー」に〈しつけ〉を学ぶ : 日常の「文明化」という悩みごと. 東京学芸大学出版会, 2012. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023947663-00, 9784901665285(当館請求記号 子研究726/ヤ12) 参考資料:【資料6】吉原高志. 上野の森に、いたずらっ子たちがやってきた-「もじゃもじゃペーターとドイツの子どもの本」展に寄せて-. 国立国会図書館国際子ども図書館, 2007.3. 国際子ども図書館の窓 第7号 2007.3 p. 6-10, ISSN 1346-261X, (子ども室所蔵 資料番号:921074940) 参考資料:【資料7】国際子ども図書館展示会「もじゃもじゃペーターとドイツの子どもの本」. 国立国会図書館, 2006.3. 国立国会図書館月報 No.540 p. 30-31, ISSN 0027-9153, (資料番号なし ※書庫資料) 参考資料:【資料8】谷川俊太郎・吉田新一・小島美子・ジョセフ.ラブ. ドラマとしてのうた マザー・グースのヒューマニティ. 思潮社, 1976.3. 現代詩手帖 19(3) p. p151, (資料番号なし ※書庫資料)

山梨県は場合によって「関東地方」「中部地方」と、ふりわけられる地域が違うがなぜかを知りたい。(山梨県立図書館)

地理上では中部地方、甲信越地方、行政上では関東地方、首都圏でもある。詳細は参考資料をご覧ください。 回答プロセス:・所蔵資料を調査。 『山梨県謎解き散歩』(萩原三雄編著 新人物往来社 2012)の「地理-山梨は関東か、それとも中部か」に関連の記述があった。 『山梨あるある』(TOGO著 TOブックス 2015)に「中部地方なのか「首都圏」なのか微妙な位置づけ」の記述がみられた。 参考資料:萩原三雄 編著 , 萩原, 三雄, 1947-. 山梨県謎解き散歩. 新人物往来社, 2012. (新人物文庫 ; は-7-1) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023527975-00, 9784404041760(p.56-59) 参考資料:THOGO 著 , 上重さゆり 画 , THOGO, 1976- , 上重, さゆり. 山梨あるある. TOブックス, 2015. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026005092-00, 9784864723398(p.9)

山梨の「かつ丼」は、東京のものとは違うのか。一般的に東京で言う「かつ丼」のことは「煮かつ」と呼んでいるのか。(山梨県立図書館)

参考資料をご覧ください。 回答プロセス:・所蔵資料を見る。 『山梨あるある』(TOGO著 TOブックス 2015)の「ソースかつ丼が主流」や『山梨県謎解き散歩』(萩原三雄編著 新人物往来社 2012)の「カツ丼の不思議?」にかつ丼はご飯にとんかつと千切りキャベツを乗せソースをかけて食べるもので、卵でとじたかつ丼は煮かつ丼ということの記述が見られた。 『山梨県謎解き散歩』には、明治30年代ごろから始まった説を紹介している。 『甲州知ったかぶり』(宮崎光著 山梨ふるさと文庫 2000)にも「甲州式カツ丼」というエッセイがある。 参考資料:THOGO 著 , 上重さゆり 画 , THOGO, 1976- , 上重, さゆり. 山梨あるある. TOブックス, 2015. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026005092-00, 9784864723398(p.60) 参考資料:萩原三雄 編著 , 萩原, 三雄, 1947-. 山梨県謎解き散歩. 新人物往来社, 2012. (新人物文庫 ; は-7-1) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023527975-00, 9784404041760(p.212-214) 参考資料:宮崎光 著 , 宮崎, 光, 1942-. 甲州知ったかぶり. 山梨ふるさと文庫, 2000. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004348596-00, (p.27-37)

元号が入った本は? 例えば、「文久」は西暦何年から何年までか?(香川県立図書館)

「広辞苑」の「文久」の項で回答。 「広辞苑」は持っているので、自分でも見てみる、とのこと。 回答プロセス:レファ協をキーワード:年号で検索、など。 当館には、例えば、次のような所蔵あり。 <参考資料コーナー> ・21002 K23 1-2  「元号事典」    ※年号索引、読み方あり。 ・21003 K18 2-2  「日本史総合年表」    ※年号索引あり。 ・21003 N15  「日本史広辞典」    ※巻末付録 西暦・年号・天皇等の表あり。 ・4490 K1 1-2  「暦の百科事典」     ※年号索引あり <一般資料コーナー> ・21002 T17 1-2  「年号の歴史」 ・4498 N1  「日本暦西暦月日対照表」    ※干支に関する情報もあり。 備考:お墓に書かれた元号を調べたい。その人が何歳で亡くなったかを知りたいから。

日本史の歴史年号を語呂で覚える本は?(香川県立図書館)

当館所蔵なしだが、次の出版を確認。  ・教科書に出てくる歴史年号を語呂あわせで覚えよう 1―3 ながたみかこ/文と絵,鬼頭明成/監修 汐文社 2006.9 回答プロセス:インターネットでレファ協 語呂 年表or日本史で検索。 レファレンス事例にもないようだ。 ネット上にはいろいろ紹介されている。

山梨県庁別館の山梨近代人物館で、滋賀県人の塚本定右衛門が紹介されているそうだが、山梨県との関わりを知りたい。(山梨県立図書館)

塚本定右衛門は、1907(明治40)、1909(同42)年の水害の際、「治水のための植林費用に」と会社名で県に1万円の寄付をした人物。 県は、これを明治天皇から下賜された恩賜県有林の植林にあて、三富村上釜口、中ノ沢一帯をその場所に選び、「塚本山」と命名した。 山梨県の治水・林業振興に貢献した人物である。 回答プロセス:1.「塚本定右衛門」「山梨近代人物館」で蔵書検索をするが、該当なし。 2.山梨日日新聞データベースで「塚本定右衛門」を検索する。   ・明治40、42年の水害の際、1万円を寄付した人。   ・寄付金を恩賜県有林の整備にあて、「塚本山」と命名。 3.恩賜林関係の資料を調べる。 参考資料:山梨日日新聞1991年1月28日, (10面) 参考資料:山梨日日新聞1991年1月29日, (10面) 参考資料:山梨日日新聞1991年1月30日, (10面) 参考資料:山梨県恩賜林保護組合連合会/編 , 恩賜林御下賜100周年記念事業記念誌編集委員/編. 恩賜林と保護団体 : 恩賜林御下賜100周年記念誌. 山梨県恩賜林保護組合連合会, 2012. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I044107604-00, (p.353-356) 参考資料:山梨日日新聞社 編集製作 , 山梨日日新聞社. 森を育てた人々 : 山梨緑の礎. 山梨県みどりの基金, 1991. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002145335-00, (p.46-57) 参考資料:山梨県/編 , 山梨県林務部/編 , 山梨県 , 山梨県林務部. 塚本山. 山梨県林務部, 1953. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005546460-00, (1冊) 参考資料:山梨日日新聞社/編集 , 山梨日日新聞社. 山梨百科事典 増補改訂版. 山梨日日新聞社, 1989. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I004985704-00, (p.180,620)

「スキルス胃がん」の本は?(香川県立図書館)

例えば次のような所蔵あり。 ・胃がんと言われたら… 検査・診断・治療・手術,お医者さんの話がよくわかるから安心できる(4934/H10) ・僕は慢性末期がん 「余命半年」の宣告どおりに死にたくない人におくる本(9160/O108) 回答プロセス:件名:胃癌 × キーワード:スキルス で検索。 参考資料:平山廉三, 松木盛行 著 , 平山, 廉三, 1937-. 「胃がん」と言われたら… : 検査・診断・治療・手術 : お医者さんの話がよくわかるから安心できる. 保健同人社, 2009. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010367615-00, 9784832703971(日販マーク内容紹介:胃がんの検査や治療法、手術や化学療法を解説し、治療に対する不安を解消。わかりやすい言葉と見やすい図版で胃がんの発生、症状などの基礎知識から、女性に多いスキルス胃がんや、手術できない胃がんのことも解説。) 参考資料:尾関良二 著 , 尾関, 良二. 僕は、慢性末期がん : 「余命半年」の宣告どおりに死にたくない人におくる本. 文藝春秋, 2009. (文春新書 ; 694) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010087404-00, 9784166606948(日販マーク著者紹介:1958年山形市生まれ。県立山形南高等学校卒。78年日本警備保障入社。83年広告代理店を起業、現在に至る。2005年末期のスキルス胃癌で余命半年の宣告を受ける。・・・)

甲府城内にあった「御薬園」について書かれた資料があるか。(山梨県立図書館)

「御薬園」(ごやくえん)は幕末期(1797(寛政9)年)、甲府城下町・堀の内側に甲府医学所により設置された、敷地3,000坪にも及ぶ薬草園。はじめは「甲府薬園」の名称で、町医4名による協同私設形式だったが、翌年官立になり「甲府御薬園」と改称した。現在の甲府警察署や甲府地方裁判所付近にあたる。栽培種など、詳細については参考資料をご覧ください。 回答プロセス:1.甲府場内にあったということから甲府城関係の資料を見るが、記載が見つからない。 2.業務システムで検索するがヒットなし。基本事典にも記載がない。 3.植物・薬草関係の資料を見る。 『山梨の薬草』に「甲州御薬園」として記載あり。寛政9(1797)年、甲府城郭内に甲府医学所を設置し、そこに薬園が設けられたこと、現在の甲府警察署付近にあたることが書かれている。 4.インターネットで検索すると、現在の甲府地方裁判所付近にあったとの記載あり。 『甲府城下町遺跡(甲府地方裁判所地点)』に少し記載あり。 5.医学の歴史に関する資料を見る。 『甲斐国医史』に開設の経緯、栽培種、閉設まで、まとまった記載あり。 参考資料:村松学佑 著 , 村松, 学佑, 1869-1926. 甲斐国医史 : 中世・近世・近代にかけた甲州全医師医方資料集成. 甲斐国医史刊行会, 2002. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003600780-00, (p.106-115) 参考資料:山本 裕康/著 , 村松 正文/著 , 山本‖裕康 , 村松‖正文. 山梨の薬草. 山梨日日新聞社, 1984. (山日カラーブックス) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005543080-00, (p.6) 参考資料:山梨県埋蔵文化財センター/編集 , 山梨県埋蔵文化財センター. 甲府城下町遺跡(甲府地方裁判所地点) : 甲府地方裁判所庁舎新営工事に伴う発掘調査報告書. 山梨県教育委員会, 2007. (山梨県埋蔵文化財センター調査報告書 ; 第249集) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005563550-00, (口絵,p.66)

日本橋から京都までの旧東海道の地図が欲しい。 その地図をみて、歩くためのプラン作りに使いたい。(相模原市立相模大野図書館)

下記の資料を提供した。 『地図で旅する東海道』 『地図と写真で歩く旅東海道 日本橋~箱根編』 『古地図・古写真で見る 東海道五十三次』 『週刊 日本の街道 14』 『今昔東海道独案内 東篇』 『今昔東海道独案内 西篇』 『地図と写真から見える!日本の街道歴史を巡る!』 『完全踏査 古代の道』 『古写真で見る街道と宿場町 保存版』 『東海道を歩く 東京・日本橋-京都・三条大橋=492㎞東海道五十三次完全踏破マニュアル』 『東海道五十三次を歩く 3』 回答プロセス:1.自館OPACでキーワード“トウカイドウゴジュウサンツギ”で検索する。 『古地図・古写真で見る 東海道五十三次』 新人物往来社 2002 【s21292479 291】  『東海道を歩く 東京・日本橋-京都・三条大橋=492㎞東海道五十三次完全踏破マニュアル』 山と渓谷社大阪支局/編 山と渓谷社 2001 【s21057690 T291.09】 『東海道五十三次を歩く 3』 講談社 1999 【s21981782 291】 自館OPACでキーワード“ニホン カイドウ”で検索する。 『地図と写真から見える!日本の街道歴史を巡る!』 街道めぐりの会/編著 西東社 2014 【s30827257 682.1】 自館OPACでキーワード“トウカイドウ チズ”で検索する。 『地図と写真で歩く旅東海道 日本橋~箱根編』 永田一八/著 毎日コミュニケーションズ 2007 【s26791228 291.093】  『地図で旅する東海道』 今尾恵介/著 東京書籍 2005 【s24389090 291.093】 『今昔東海道独案内新装版』 今井金吾/著 日本交通公社出版事業局 1994 【s11602729 682.1】 なお、『今昔東海道独案内』については、古い版で「東篇」「西篇」があることもわかった。 2.『今昔東海道独案内新装版』については、市内に所蔵があったが、見ずらい部分もあるようなので、古い版の「東篇」「西篇」を神奈川県立図書館OPACで検索した。 結果、所蔵している市町村があり、そこから取り寄せた。 3.1の情報を基に、直接書架を確認したところ、以下の資料もあったため内容を調べた。 『完全踏査 古代の道』 武部健一/著 吉川弘文館 2004 【s22048334 682.1】 p27-92に東海道についての記載あり。 『古写真で見る街道と宿場町 保存版』 児玉幸多/編著 世界文化社 2001 【s19118173 682.1】 p46-47に地図の記載あり。 『週刊 日本の街道 14』 講談社 2002 【s23125800 T291】 p32-33に地図の記載あり。 参考資料:『地図で旅する東海道』 今尾恵介/著 東京書籍 2005, 参考資料:『地図と写真で歩く旅東海道 日本橋~箱根編』 永田一八/著 毎日コミュニケーションズ 2007, 参考資料:『古地図・古写真で見る 東海道五十三次』 新人物往来社 2002, 参考資料:『週刊 日本の街道 14』 講談社 2002, 参考資料:『今昔東海道独案内 東篇』 今井金吾/著 筑摩書房 2012, 参考資料:『今昔東海道独案内 西篇』 今井金吾/著 筑摩書房 2012, 参考資料:『地図と写真から見える! 日本の街道歴史を巡る!』 街道めぐりの会/編著 西東社 2012, 参考資料:『完全踏査 古代の道』 武部健一/著 吉川弘文館 2004, 参考資料:『保存版 古写真で見る街道と宿場町』 児玉幸多/編著 世界文化社 2001, 参考資料:『東海道を歩く 東京・日本橋-京都・三条大橋=492㎞東海道五十三次完全踏破マニュアル』 山と渓谷社大阪支局/編 山と渓谷社 2001, 参考資料:『東海道五十三次を歩く 3』 講談社 1999,

1945年の終戦後、台風には女性名(英名)がつけられていたが、いつからいつまでつけられていたか。(相模原市立相模大野図書館)

1947年5月からはじまり、1953年には廃止になった。 回答プロセス:直接、気象・災害関連の書架を確認し下記2点を提供した。 ①『気象災害の事典』 新田尚/監修 酒井重典・鈴木和史・饒村曜/編集 朝倉書店 2015【s31678410 R451.9】 p264、p273に「太平洋戦争後の気象事業は、連合軍司令部によって細部まで管理され、 中央気象台の台風予報は1947年5月からアメリカ極東空軍の発表と一致させられている。 1947年からアメリカ軍が使用しはじめたアルファベット順の英名(女性名)がつけられた」との記載あり。 また、p274に「日本が独立した1953年からは、台風は発生順の番号で呼び、英語の女性名は、 船舶向けの情報など一部を除いて使われなくなった。」との記載あり。 ②『お天気50年 気象と災害の記録』清水昭邦/著 山海堂 1997 【s15247349 451.98】p91にも同様の記載あり。 注:【 】は自館の資料コードと請求記号 参考資料:『気象災害の事典』新田尚/監修 酒井重典・鈴木和史・饒村曜/編集 朝倉書店 2015, 参考資料:『お天気50年 気象と災害の記録』清水昭邦/著 山海堂 1997,

『相模原の養蚕業と上溝市場』p80掲載の絵図の写真 ①「上溝村絵図」および ②「上溝村絵図面」の出典はどこにあるのか。(相模原市立相模大野図書館)

「上溝村絵図」および「相州高座郡上溝村絵図面」(「上溝村絵図面」正式名称)は相模原市立博物館に所蔵されている。 回答プロセス:『相模原の養蚕業と上溝市場』相模原市教育委員会社会教育部社会教育課/編 相模原市教育委員会 1987 【s24135220 K1-63】 p80掲載の絵図 ①「上溝村絵図」および ②「上溝村絵図面」の出典を調査した。 ①「上溝村絵図」 自館OPACにて検索対象「郷土資料」指定、キーワード“カミミゾ イチバ”で検索、下記資料がヒットした。 『相模原市史 第6巻』相模原市/編 相模原市 1984 【s15524366 K1-21】 p406に「上溝村絵図」と同じ絵図の掲載あり。「明治初年 上溝村絵図(40cm×52cm)」と記載あり。 参考資料頁p662を確認すると「上溝村絵図」の所有者は「金子家」とある。 更に資料提供者頁p663を確認すると「溝村 金子孝一(住所記載)」となっている。 この情報を元に下記資料で確認をする。 『博物館所蔵古文書目録』 相模原市立博物館/編  相模原市立博物館 2005 【s23293004 K1-06】 p250「旧上溝村 金子光江氏寄贈資料」頁「書状の部」項内、p252「<絵図>」欄に「(上溝村絵図)」とある。 よって、資料①は金子家から相模原市立博物館に寄贈されていることがわかった。 ②「上溝村絵図面」 自館OPACにて検索対象「郷土資料」指定、キーワード“サガミハラ エド”で検索、下記資料がヒットした。 『絵図から地形図へ』相模原市立博物館/編 相模原市立博物館 1997 【s23304033 K1-29】 p25に「上溝村絵図面」と同じ絵図の掲載あり。絵図の正式名称が「相州高座郡上溝村絵図面」とわかる。 この情報を元に下記資料で確認をする。 『博物館所蔵古文書目録』 相模原市立博物館/編  相模原市立博物館 2005 【s23293004 K1-06】 p250「旧上溝村 金子光江氏寄贈資料」頁「書状の部」項内、p252「<絵図>」欄に「相州高座郡上溝村絵図面」とある。 よって、資料②も金子家から相模原市立博物館に寄贈されていることがわかった。 注:【 】は自館の資料コードと請求記号 参考資料:相模原の養蚕業と上溝市場 相模原市教育委員会社会教育部社会教育課/編 相模原市教育委員会 1987, 参考資料:『相模原市史 第6巻』相模原市/編 相模原市 1984, 参考資料:『博物館所蔵古文書目録』 相模原市立博物館/編  相模原市立博物館 2005,

室町時代頃(江戸以前)の古地図を見たい。 その頃の利根川や荒川等がどう流れていたか知りたい。(相模原市立相模大野図書館)

古地図については『江戸図の歴史』を提供し、国立国会図書館デジタル化資料送信サービスの情報を提供した。 利根川等については下記の資料を提供した。  『世界大百科事典 20 改訂新版 トウケ-トン』  『日本の地誌 5 首都圏Ⅰ』  『日本地誌 7東京都』  『江戸東京学事典』  『利根川と淀川』  『江戸東京を支えた舟運の道』 回答プロセス:・古地図ということから、参考資料の地誌関連の棚で直接探す。 『江戸図の歴史』 飯田龍一・俵元昭/著 築地書館 1988 【s06528368 R291.3】 p8-21「古代・中世にあったという地図」の章に江戸以前といわれる地図あり。 「長元江戸之圖」(1028-37)「江戸往古之圖」「第二江戸往古之圖」(「長元江戸之圖」とほぼ同じ) 「長禄江戸図」(1457-60)などの図があるが、江戸以前に作られたかは確証がなく、後世に作られた「擬作」とされている。    『幻の江戸百年』 鈴木理生/著 筑摩書房 1991 【s08615494 213】 p39 図4「嘉元日本図(部分)」注には、嘉元3(1305)年行基作とあり。 説明に「この14世紀初頭の地図の利根川河口部は、深い入江状に描かれている。」とあり。 ・古地図以外で江戸時代以前からの利根川の流域のわかる図を探す。 『世界大百科事典 20 改訂新版 トウケ-トン』 平凡社 2007 【s25296377 R031】 p377-380「利根川」の項あり。p378 図1「近世初頭の利根川と河川改修の歴史」あり。 『日本の地誌 5 首都圏1』 菅野峰明(他)/編 朝倉書店 2009 【s30871768 R291】 p33 図Ⅱ2,6「関東流による利根川の河川改修と新田開発」の図あり。江戸時代の利根川改修の様子がわかる。   『日本地誌第7巻 東京都』 日本地誌研究所(他)/編 二宮書店 1987 【s05731757 R291】 p8 図4「中世江戸の地形」あり。家康入国当時の江戸と説明あり。 『江戸東京学事典』 小木新造(他)/編 三省堂 1987 【s06528277 R291.3】 p96 「江戸下町の河岸」図に江戸初期の海岸線あり。 p99-104「江戸の川、東京の川」「隅田川」「神田川・日本橋川」の説明あり。 『利根川と淀川』 小出 博/著 中央公論社 1975 【s06874937 S611】 p22 千年前の利根川の図あり。 p137-184「Ⅳ利根川の歴史」の章あり。 p147 第15図「利根川の旧河道」あり。 『江戸東京を支えた舟運の道』 難波匡甫/著 法政大学出版局 2010 【s29879996 684】 p112 「東遷以前の利根川」の図あり。 ・国立国会図書館OPACで「長禄江戸図」を検索する。 国立国会図書館デジタル化資料送信サービスで閲覧可能なことがわかる。(書誌ID 000007277556) 注:【 】は自館の資料コードと請求記号 参考資料:『江戸図の歴史』 飯田龍一・俵 元昭/著 築地書館 1988, 参考資料:『日本地誌 7東京都』 日本地誌研究所(他)/編 二宮書店 1987, 参考資料:『幻の江戸百年』 鈴木理生/著 筑摩書房 1991, 参考資料:『世界大百科事典 20 改訂新版 トウケ-トン』 平凡社 2007, 参考資料:『日本の地誌 5 首都圏Ⅰ』 菅野峰明(他)/編 朝倉書店 2009, 参考資料:『江戸東京学事典』 小木新造(他)/編 三省堂 1987, 参考資料:『利根川と淀川』 小出 博/著 中央公論社 1975, 参考資料:『江戸東京を支えた舟運の道』 難波匡甫/著 法政大学出版局 2010,

カエルの解剖図や写真、手順等がわかる資料がみたい。(相模原市立相模大野図書館)

自館に所蔵する以下の資料を提供した。 『図解動物飼育の事典』 『解剖・観察・飼育大事典』 『すぐ調べられる「環境と生き物」6 観察と解剖編』 『カエルのきもち』 『図解実験観察大事典 生物』 『生物実験図鑑』 『生物学実験』 回答プロセス:自館OPACにて、キーワード“カエル カイボウ”で検索する。以下の資料がみつかる。 『図解動物飼育の事典』 岡田要/著 東陽出版 1984 【s06533699 R480.7】  p302 ヒキガエルの解剖図あり。 『解剖・観察・飼育大事典』 内山裕之/編著 星の環会 2007 【s25263948 R460.7】  p92-95 ウシガエルの解剖図あり。 『すぐ調べられる「環境と生き物」 6 観察と解剖編』 学習研究社 2005 【s25383605 J46】 p48-51 ウシガエルの解剖図あり。 国立国会図書館レファレンス協同データベースにてキーワード“カエル カイボウ”で検索する。何件か類似の事例がみつかり、公開レベル自館のみとしている、相模原市立相模大野図書館の事例(管理番号;相大-H28‐021)「カエルの解剖図が見たい。特にウシガエルを希望する。」をもとに資料を提供する。https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&ldtl=1&dtltbs=1&mcmd=200&st=manage_num&asc=desc&ms_c=on&id=1000196307 (2017.7.29最終確認) 『カエルのきもち』 晶文社 2000 【s19691071 487.85】  p76-79 解剖実習の現状についての記述である。 『図解実験観察大事典 生物』 東京書籍 1983 【s06533939 R375.4】  p187-189 ヒキガエルの解剖図あり。 直接棚を確認する。 『生物実験図鑑』 講談社 1986 【s07348634 460.38】 p265-267 トノサマガエルの解剖解説あり。p154-159 解説に対応したカラー写真あり。 また『解剖・観察・飼育大事典』内に参考文献として紹介されていた資料を確認する。 『生物学実験』 佐藤温重/(他)著 東海大学出版会 1984 【s06380745 460】  p12-17「カエルの解剖」の項目に実験方法及びヒキガエルの解剖図あり。 注:【 】は自館の資料コードと請求記号 参考資料:『図解動物飼育の事典』 岡田要/著 東陽出版 1984, 参考資料:『解剖・観察・飼育大事典』 内山裕之/編著 星の環会 2007, 参考資料:『すぐ調べられる「環境と生き物」6 観察と解剖編』 学習研究社 2005, 参考資料:『図解実験観察大事典 生物』 東京書籍 1983, 参考資料:『生物実験図鑑』 講談社 1986, 参考資料:『生物学実験』 佐藤温重/(他)著 東海大学出版会 1984,

「ヴ」という字を使うようになった経緯が知りたい。(相模原市立相模大野図書館)

「ヴ」を含む片仮名使用について公式な原則が明記されたのは1954年(昭和29年)の国語審議会報告「外来語の表記」においてである。 その後、平成3年6月28日内閣告示第二号で「外来語の表記」のよりどころが定められた。 回答プロセス:参考資料、一般書の言語の棚を直接確認する。 〇『ことばの表記の教科書』 佐竹秀雄・佐竹久仁子/著 ベレ出版 2005 【s24490104 811】  p239「明治に入ると新聞や雑誌など外来語の片仮名表記が次第に増えていき、大正時代には外来語を片仮名で書く習慣が定着しました。これが公的な原則として明記されたのは、第二次世界大戦後の国語審議会報告「外来語の表記」(1954年)においてです。」とある。 〇『事典 日本の文字』 樺島忠夫/(他)編 大修館書店 1997 【s05734835 R811】  p36「片仮名」b片仮名の使用では「外来語の表記では「ヴ」が使われヴァイオリン、ヴェランダなどと書かれることがある。国語審議会報告の「外来語の表記」では原音における「ファ」「フィ」「フェ」「フォ」・「ヴァ」「ヴィ」「ヴ」「ヴェ」「ヴォ」の音はなるべく「ハ」「ヒ」「フ」「ヘ」「ホ」・「バ」「ビ」「ブ」「ベ」「ボ」と書く。」とある。  p417に上記の国語審議会報告は昭和29年3月15日のものとある。 〇『現行の国語表記の基準 第6次改訂版』 ぎょうせい 2001 【s21025069 811】  p291「外来語の表記」について以下の記載あり。    ・内閣訓令第一号   『外来語の表記』の実施について    政府は、本日、内閣告示第2号をもって『外来語の表記』を告示した。    今後、各行政機関においては、これを現代の国語を書き表すための「外来語の表記」のよりどころとするものとする。    平成3年6月28日 内閣総理大臣 海部俊樹  ・内閣告示第二号   一般の社会生活において現代の国語を書き表すための「外来語の表記」のよりどころを次のように定める。    平成三年六月二十八日 内閣総理大臣 海部俊樹  〇『新しい国語表記ハンドブック 第7版』 三省堂編修所/編 三省堂 2015 【s32798886 R811】  p248に平成3年6月28日内閣告示第二号、p249、第2表(外来語や外国の地名・人名を原音や原つづりになるべく近く書き表そうとする場合に用いる仮名)に「ヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ」あり。  p244「ヴァ」「ヴィ」「ヴ」「ヴェ」「ヴォ」は外来音ヴァ、ヴィ、ヴ、ヴェ、ヴォに対応する仮名である。(中略)注、一般的には「バ」「ビ」「ブ」「べ」「ボ」と書くことができる、とある。 〇『日本国語大辞典2』 日本国語大辞典第二版編集委員会/編 小学館国語辞典編集部/編 小学館 2001 【s17114240 R813.1】  p97「う」に「濁点をつけた「ヴ」をVにあててVO、VUを示すのに用いることもある。ヴァイオリン、ヴィオラ、ヴェール、ヴォルト、カーヴなど」とある。 Googleで“「ヴ」という文字”で検索する。 Wikipedia「ヴ」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4 (2017.7.22 最終確認)に 「V音を表すのに「ヴ」を用いるのは福澤諭吉の発案(『福澤全集諸言』の証言による。)1860年(万延元年)出版の『増訂華英通語』に用例が見える。」とあったことから、 『福澤諭吉著作集 第12巻』 福沢諭吉/著 松崎欣一/編 慶応義塾大学出版会 2003 【s22080824 081.6】を確認する。 p407福澤全集諸言p442華英通語に「安政五年、余が江戸に来りて初めて出版したるは華英通語なり。是れは翻訳と云うべき程のものに非ず。原書の横文字に仮名を附けたるまでにして事固(もと)より易し。唯(ただ)原書のVの字を正音に近からしめんと欲し、試にウワの仮名に濁点を附けてヴヷと記したるは当時思付の新案というべきのみ。」いう記述あり。 注:【 】は自館の資料コードと請求記号 参考資料:『ことばの表記の教科書』 佐竹秀雄・佐竹久仁子/著 ベレ出版 2005, 参考資料:『事典 日本の文字』 樺島忠夫/(他)編 大修館書店 1997, 参考資料:『現行の国語表記の基準 第6次改訂版』 ぎょうせい 2001, 参考資料:『新しい国語表記ハンドブック 第7版』 三省堂編修所/編 三省堂 2015, 参考資料:『日本国語大辞典2』 日本国語大辞典第二版編集委員会/編 小学館国語辞典編集部/編 小学館 2001, 参考資料:『福澤諭吉著作集 第12巻』 福沢諭吉/著 松崎欣一/編 慶応義塾大学出版会 2003,

コレステロールを下げる食事療法やコレステロール値が高くなる原因がわかる資料がみたい。(相模原市立相模大野図書館)

『42才からのコレステロール・中性脂肪対策』  『健康診断でコレステロール値が高めの人が読む本』 『脂質異常症〈コレステロールと中性脂肪〉』  『コレステロール・中性脂肪を下げるらくらくレシピ』  『よくわかるコレステロール・中性脂肪を下げるおいしい食事』  以上の資料を提供した。 回答プロセス:①自館OPACで"コレステロール"で検索し、下記が該当する。 『42才からのコレステロール・中性脂肪対策』 主婦の友社/編 主婦の友社 2013 【s31964190 493.2】 『健康診断でコレステロール値が高めの人が読む本』平野 勉/著 幻冬舎 2007【s25289307 493.24】 『脂質異常症〈コレステロールと中性脂肪〉』 寺本民生/監修 高橋書店 2016【s31684384 493.2】 『コレステロール・中性脂肪を下げるらくらくレシピ』 法研 2004 【s22005458 493.24】 『よくわかるコレステロール・中性脂肪を下げるおいしい食事』 忍田 聡子/監修 主婦の友社 2016 【s31690399 493.24】 『やさしい脂質異常症の管理』 横手 幸太郎/編 医薬ジャーナル社 2016 【s31684103 493.2】 『人のアブラはなぜ嫌われるのか』 近藤 和雄/著 技術評論社 2015 【s31616147 498.55】 ②自館OPACで"シシツイジョウ"で検索し、下記が該当する。 『きょうの健康』2017年2月号 日本放送出版協会 2017 【s31853328 Z】 注:【 】は自館の資料コードと請求記号 参考資料:『42才からのコレステロール・中性脂肪対策』 主婦の友社/編 主婦の友社 2013, 参考資料:『健康診断でコレステロール値が高めの人が読む本』平野勉/著 幻冬舎 2007, 参考資料:『脂質異常症〈コレステロールと中性脂肪〉』 寺本民生/監修 高橋書店 2016, 参考資料:『コレステロール・中性脂肪を下げるらくらくレシピ』 法研 2004, 参考資料:『よくわかるコレステロール・中性脂肪を下げるおいしい食事』 忍田聡子/監修 主婦の友社 2016, 参考資料:『やさしい脂質異常症の管理』横手 幸太郎/編 医薬ジャーナル社 2016, 参考資料:『人のアブラはなぜ嫌われるのか』 近藤 和雄/著 技術評論社 2015,

①「八王子銀行」に関して。「八王子銀行」という名称でなくなった後、何という銀行になったか。その最期は。 ②「松方デフレ」に関しての資料が読みたい。 ③「武相困民党」に関しての資料が読みたい。(相模原市立相模大野図書館)

①「八王子銀行」→「第七十八国立銀行」→「(株)八王子第七十八銀行」と変遷後、明治42.1.22任意解散した。 ②以下の資料を提供した。 『明治大正史 上』 『日本近代の歴史 2』 『横浜市史第3巻 下』 『神奈川県史 通史編4 近代・現代1 政治・行政1』 『明治時代史大辞典3』 ③以下の資料を提供した。 『民権史を探る』 『武相困民党建碑記念誌』 『神奈川の自由民権運動』 『相模原市史 第3巻』 『相州自由民権運動の展開』 回答プロセス:①Google検索“八王子銀行_合併”→Wikipedia「国立銀行(明治)」項ヒット 「第七十八国立銀行(八王子第七十八銀行)→1909年に任意解散。」とある。 Google検索“八王子銀行_第七十八国立銀行” 『銀行変遷史データベース』 https://www.zenginkyo.or.jp/library/hensen/(2017.07.08最終確認)ヒット。 「八王子銀行」「第七十八国立銀行」「(株)八王子第七十八銀行」項を確認。 こちらにも「明治42.1.22任意解散」とある。 ②自館OPACでキーワード“マツカタ_デフレ”で検索 『明治大正史 上』 中村隆英/著 東京大学出版会 2015 【s31631898 210.6】 p252~258 『日本近代の歴史 2』 大日方純夫/著 吉川弘文館 2016 【s33448739 210.6】 p143~158 『横浜市史第3巻 下』 横浜市/編 横浜市 1982 【s08022352 K2-21】 p401~409 『神奈川県史 通史編4 近代・現代1 政治・行政1』   神奈川県県民部県史編集室/編 神奈川県 1980 【s07371867 K0-21】 p437~462 『明治時代史大辞典3』 宮地正人/編 吉川弘文館 2013 【s30933089 R210.6】 p472~474 ③自館OPACでキーワード“コンミントウ”で検索 『民権史を探る』 武相民権運動百年記念実行委員会/編 武相民権運動百年記念実行委員会 1980 【s00686048 K9-31】 p20~27 『武相困民党建碑記念誌』 建碑実行委員会/編 建碑実行委員会 1987 【s11804200 K1-26アオ】 『神奈川の自由民権運動』 大畑哲/著 新かながわ社 1981 【s23294325 K0-21】 p127~139 『相模原市史 第3巻』 相模原市 1984 【s15523996 K1-21アオ】 p68~76 『相州自由民権運動の展開』 大畑哲/著 有隣堂 2002 【s21996319 K0-26】 p218~271 ※【 】は自館の資料コードと請求記号 参考資料:『明治大正史 上』 中村 隆英/著 東京大学出版会 2015, 参考資料:『日本近代の歴史 2』 大日方 純夫/著 吉川弘文館 2016, 参考資料:『横浜市史第3巻 下』 横浜市/編 横浜市 1982, 参考資料:『神奈川県史 通史編4 近代・現代1 政治・行政1』 神奈川県県民部県史編集室/編,神奈川県 1980, 参考資料:『明治時代史大辞典3』 宮地 正人/編 吉川弘文館 2013, 参考資料:『民権史を探る』 武相民権運動百年記念実行委員会/編 武相民権運動百年記念実行委員会 1980, 参考資料:『武相困民党建碑記念誌』 建碑実行委員会/編 建碑実行委員会 1987, 参考資料:『神奈川の自由民権運動』 大畑 哲/著 新かながわ社 1981, 参考資料:『相模原市史 第3巻』 相模原市/著 相模原市 1984, 参考資料:『相州自由民権運動の展開』 大畑 哲/著 有隣堂 2002,

空海(弘法大師)の「五筆」(ごひつ)について、わかりやすい資料はないか。(「五筆」とは、唐の皇帝から宮中の壁に書を書くように命ぜられた空海が口と両手、両足に筆を持ち、一度に五行の書を書いたという伝承)(相模原市立相模大野図書館)

以下の資料を提供した。 『齋藤孝の天才伝4 空海』 『空海はいかにして空海となったか』 『世紀末を救う超人「弘法大師・空海」』  『図解雑学 空海』  『弘法大師 伝承と史実』 回答プロセス:自館OPACで“クウカイ コウボウダイシ ゴヒツ”ではヒットなし。 “クウカイ”“コウボウダイシ”でヒットした資料にあたる。 ①『齋藤孝の天才伝4 空海』 齋藤孝/著 大和書房 2006 【s24462699 188.52】 p101「一度に五本の筆を使える「五筆和尚」(ごひつわじょう)と讃えられた」とある。 ②『空海はいかにして空海となったか』 武内孝善/著 KADOKAWA 2015 【s32792806 188.52】 p201「五筆和尚」の初出が天台宗・第五代座主(ざす)円珍が福州開元寺のできごと「両宗を弘伝せんことを請う官牒案(かんじょうあん)」草本第一に記されている、とある。 ③『世紀末を救う超人「弘法大師・空海」』 青山央/著 アクア出版 1998 【s16116394 188.52】 p165、五筆和尚について、またこの伝承が史実かどうかについての各説も記載あり。 ④『図解雑学 空海』 ナツメ社 2003 【s22155220 188.52】 p114「五筆和尚」についてと、『弘法大師行状絵詞伝』(法楽寺)に描かれている5本の筆を使って書を書く空海の図版あり。 ⑤『弘法大師 伝承と史実』 武内孝善/著 朱鷺書房 2008 【s24076499 188.52】 p80「五筆和尚」の伝承をめぐって、平安時代に成立した以下6冊の大師伝でどのように記されているか記載あり。  ・『金剛峯寺建立修行縁起』康保5年(968)  ・『弘法大師伝』     長保4年(1002)  ・『本朝神仙伝』     天永2年(1111)  ・『大師御行状集記』   寛治3年(1089)  ・『弘法大師御伝』    永久年間(1113~1118)  ・『高野大師御広伝』   元永元年(1118) 注:【 】は自館の資料コードと請求記号 参考資料:『齋藤孝の天才伝4 空海』 齋藤孝/著 大和書房 2006, 参考資料:『空海はいかにして空海となったか』 武内孝善/著 KADOKAWA 2015, 参考資料:『世紀末を救う超人「弘法大師・空海」』 青山央/著 アクア出版 1998, 参考資料:『図解雑学 空海』 ナツメ社 2003, 参考資料:『弘法大師 伝承と史実』 武内孝善/著 朱鷺書房 2008,

「アルソミトラ」についての資料がみたい。(相模原市立相模大野図書館)

熱帯アジア原産、ウリ科の大型蔓植物である。種子は世界最大の翼をもつ。 以下の資料とデータベース及びインターネットの情報を提供した。 『種子たちの知恵』 『東南アジア林産物20の謎』 『一生の図鑑』 『種子のデザイン』 『種子(たね)はひろがる』 回答プロセス:・植物図鑑を調べるが、記載みつからず。 ・植物の棚を確認する。 『種子たちの知恵』 多田多恵子/著 日本放送出版協会 2008 【s26599720 471.1】 p133 種子の写真と簡単な解説あり。 ・国立国会図書館レファレンス協同データベース、キーワード“アルソミトラ”で検索する。 香川県立図書館(管理番号4583)「インドネシア等の熱帯の植物「アルソミトラ」について書いてある資料は?」の事例が見つかった。 http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000004472 (2017.06.27最終確認) 事例にあった資料を確認する。 『東南アジア林産物20の謎』 渡辺弘之/著 築地書館 1993 p143-149 「滑空する種子-アルソミトラ」という項目あり。 『一生の図鑑』 学研教育出版 2011 【s29745932 J46】p118 「風で種子を飛ばす」にカラー写真と紹介文あり。 インターネット検索サイトGoogleにてキーワード“種子+とぶ+本”で検索しアマゾンのサイトでみつかった資料の内容を確認する。https://www.amazon.co.jp/%E7%A8%AE%E5%AD%90%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E2%80%95%E6%97%85%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%81%A1-LIXIL-BOOKLET-%E5%B2%A1%E6%9C%AC-%E7%B4%A0%E6%B2%BB/dp/4864807000 (2017.06.27最終確認) 『種子のデザイン』 INAX出版 2011 p4-5 アルソミトラの記述あり。 自館OPACにてキーワード“種子”で検索する。以下の資料がみつかる。 『種子(たね)はひろがる』 中西弘樹/著 平凡社 1994 【s11343936 471】  p52-54 「話のタネ1 世界最大の翼をもつ種子-マクロザニアと飛行機の発明」にマクロザニア(アルソミトラ・マクロザニア)の説明あり。 国立情報学研究所データベース「CiNii」にてフリーワード“アルソミトラ”で検索する。10件ヒットする。オープンアクセス記事2件あり。http://ci.nii.ac.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%9F%E3%83%88%E3%83%A9&range=0&nrid=&count=20&sortorder=1&type=1 (2017.06.27最終確認) 「アルソミトラ・マクロカルパ翼果まわりの流れの可視化」可視化情報 Vol.28 No.2(2008年10月) 「アルソミトラ・マクロカルパの種子の模型制作」自然教育園報告 第23号:11-20,1992 ・インターネットGoogleにてキーワード“アルソミトラ”で検索する。 「草木図鑑」園芸研究家榛原昭矢氏のウェブサイトに「アルソミトラ」の紹介あり。 http://aquiya.skr.jp/zukan/Alsomitra_macrocarpa.html (2017.06.27最終確認) 神奈川県立生命の星・地球博物館のウェブサイト内「自然科学のとびらVol.7.No.1」に説明あり。 http://nh.kanagawa-museum.jp/research/tobira/ (2017.06.27最終確認) ※調査済み資料 『原色牧野植物大図鑑』 牧野富太郎/著 北隆館 1986 【s25302761 R470】 『植物の形には意味がある』 園池公毅/著 ベレ出版 2016 【s32342826 471.1】 注:【 】は自館の資料コードと請求記号 事前調査事項:東南アジア原産、たねはプロペラのような形状で長距離飛行する。航空宇宙工学システム工学の教授が追跡したという。別名ヒョウタンカズラ/ガンドウカズラとも呼ばれる。 参考資料:『種子たちの知恵』 多田多恵子/著 日本放送出版協会 2008, 参考資料:『東南アジア林産物20の謎』 渡辺弘之/著 築地書館 1993, 参考資料:『一生の図鑑』 学研教育出版 2011, 参考資料:『種子のデザイン』 INAX出版 2011, 参考資料:『種子(たね)はひろがる』 中西弘樹/著 平凡社 1994,

『アラバマ物語』(ハーパー・リー/著 菊池重三郎/訳 暮らしの手帖社 1981)のp398に「セカターリ・ホーキンズ著〈灰色の幽霊〉」とあるが、実在の小説か知りたい。(相模原市立相模大野図書館)

『灰色の幽霊』は実在の小説である。 原作名は『The Gray Ghost:A Seckatary Hawking Mystery』 著者はRobert F.Schulkers セカタリー・ホーキンスは主人公の少年の名前である。 回答プロセス:自館OPACで“灰色の幽霊”“セカターリ ホーキンズ”でヒット しなかったことから英語原作にあたる。 『To Kill a Mockingbird』 Harper Lee/著 Perennial 2006 【s30587125 G3-93 LEE】 p322「”The Gray Ghost,by Seckatary Howkins」とある。 それをキーワードとしGoogleで検索する。 英語版Wikipedia「Seckatary Hawkins」がヒットする。 https://en.wikipedia.org/wiki/Seckatary_Hawkins(2017.6.25 最終確認) それによると、セカタリー・ホーキンスは小説のキャラクターで少年であること、『The Gray Ghost』の著者はRobert F.Schulkersであることがわかる。「ハーパ・リーが『To Kill a Mockingbird』でとりあげている」とあった。 著者のRobert F.Schulkers(1890~1972)アメリカ、ケンタッキー生まれの子ども向け小説の著者で、11の小説は1921~1932に出版された、とある。 『The Gray Ghost』は11の小説のうちのひとつとされている。 The University Press of Kentuckyがヒットする。 https://www.kentuckypress.com/live/title_detail.php?titleid=4876#.WVSvQK-ChxA (2017.6.25 最終確認) 『The Gray Ghost』の書誌情報がわかる。 国会図書館OPAC,CiNiiではヒットなし。 以下の資料にも見当たらず。 ・『ラルース世界文学事典』 井上登/(他)訳 角川書店 1983 【s05741723 R903.3】 ・『集英社世界文学事典』 安宇植/編 集英社 2002 【s19137900 R903.3】 ・『英米児童文学作品・登場人物事典』 定松正/編 松柏社 2012 【s30898522 R909】 現在のところ、日本国内での翻訳本は出版されていないもよう。 英語原作本の所蔵も見当たらず。 注:【 】は自館の資料コードと請求記号 参考資料:『アラバマ物語』(ハーパー・リー/著 菊池重三郎/訳 暮らしの手帖社 1981, 参考資料:『To Kill a Mockingbird』 Harper Lee/著 Perennial 2006,

逆流性食道炎についての本や食事のレシピが知りたい。(相模原市立相模大野図書館)

①『「胃もたれ・胸やけ」は治せる』 ②『食道の病気がわかる本』 ③『食道・胃・十二指腸の病気』 ④『患者さんと家族のための胃食道逆流症(GERD)ガイドブック』 ⑤『つらい「胸やけ」スッキリ 胃食道逆流症といわれたら』 ⑥『かみにくい・飲み込みにくい人の食事』 ⑦『おとしよりと家族のためのおいしいレシピ』 ⑧『家庭でできる高齢者ソフト食レシピ』 ⑨『高齢者のための健康レシピ80』 ⑩『奇跡の高齢者ソフト食』 以上の資料を提供した。 回答プロセス:①自館OPACで"ショクドウエン"で検索。下記該当。  『「胃もたれ・胸やけ」は治せる』 三輪洋人/監修 NHK出版 2015【s33425372 493.45】  『胸かけ、つかえ感、胸痛逆流性食道炎』 NHK出版/編 日本放送出版協会 2000 【s18528901 493.44】  『病気のファイルボックスⅢ』 神奈川県保険医協会 2002 【s21818828 R490】p122に記載あり。 ②自館OPAC・全文検索で"食道炎”で検索。下記該当。  『食道の病気がわかる本』幕内博康/著 法研 2008 【S28838951 493.44】 p100~に記載あり。   食事についてはp144~記載あり。 ③直接書架を確認し、下記の資料を提供した。  『食道・胃・十二指腸の病気』 高橋信一/著 保健同人社 2009 【s31931967 493.44】  『看護のための最新医学講座 第4巻』千葉 勉/編 中山書店 2005 【s24797854 R492.9】p208-214に記載あり。  『病気がわかる Vol1.第5版』医療情報科学研究所/編集 メディックメディア 2016 【s31683238 R490.8】p58-61に記載あり。   上記の本から"逆流性食道炎"のことを"胃食道逆流症”ともいうことがわかる。 ④自館OPACで"イショクドウギャクリュウショウ"で検索。下記該当。  『つらい「胸やけ」スッキリ 胃食道逆流症といわれたら』 木下芳一/著 保健同人社 2007 【s25934191 493.44】  『胃食道逆流症の苦しみこれでスッキリ!』 木村理智/著 アーク書院 2007 【s23932346 493.4】  『患者さんと家族のための胃食道逆流症(GERD)ガイドブック』 日本消化器病学会/編 南江堂 2010 【s28594109 493.44】 ⑤医学と料理の棚を直接探し、下記の食事のレシピ本を提供した。  『かみにくい・飲み込みにくい人の食事』 主婦と生活社/編 主婦と生活社 2014 【s30826382 491.343】  『おとしよりと家族のためのおいしいレシピ』 杉本 恵子/著 法研 2006 【s24475592 596】  『家庭でできる高齢者ソフト食レシピ』 成田 和子/著 河出書房新社 2003 【s21870886 498.59】  『高齢者のための健康レシピ80』 芦川 幸代/著 一橋出版 2002 【s19140185 596】  『奇跡の高齢者ソフト食』黒田 留美子/著 小学館 2014 【s30822878 596】 参考資料:『「胃もたれ・胸やけ」は治せる』 三輪洋人/監修 NHK出版 2015, 参考資料:『食道の病気がわかる本』 幕内博康/著 法研 2008, 参考資料:『食道・胃・十二指腸の病気』 高橋信一/著 保健同人社 2009, 参考資料:『患者さんと家族のための胃食道逆流症(GRED)ガイドブック』 日本消化器病学会/編 南江堂 2010, 参考資料:『つらい「胸やけ」スッキリ 胃食道逆流症といわれたら』 木下芳一/著 保健同人社 2007, 参考資料:『かみにくい・飲み込みにくい人の食事』 主婦と生活社/編 主婦と生活社 2014, 参考資料:『おとしよりと家族のためのおいしいレシピ』 杉本恵子/著 法研 2006, 参考資料:『家庭でできる高齢者ソフト食レシピ』 成田和子/著 河出書房新社 2003, 参考資料:『高齢者のための健康レシピ80』 芦川幸代/著 一橋出版 2002, 参考資料:『奇跡の高齢者ソフト食』 黒田留美子/著 小学館 2014,

ページ