レファレンス協同データベース新着事例

戦前・戦後にかけて絣(かすり)の価格がわかる資料はないか。(秋田県立図書館)

1.『全国物価統計調査報告 価格・販売数量資料編 その1 昭和42年第2巻』(総理府統計局/編、1969、337/55/1967-2-1[戦後])資料番号:110552569 →p308 「第2表 品目・銘柄別平均価格、価格指数、販売数量および数量比(県庁所在都市別)      表になっており、品目〔530婦人ウール着尺地、冬物、平織〕の中に[(1)絣または縞]があり都市別の平均価格、価格指数、年間販売数量の記載あり。 2.『全国物価統計調査報告 価格・販売数量資料編 その2 昭和42年 第2巻』総理府統計局/編、1969、337/55/1967-2-2[戦後])資料番号:110552577 →p87 「第1表 品目・銘柄別平均価格および価格指数(人口5万人以上の都市別)」      上記と同様に表になっており、、品目〔530婦人ウール着尺地、冬物、平織〕の中に[(1)絣または縞]があり都市別の平均価格、価格指数の記載あり。 ※『全国物価統計調査報告』は昭和42年、46年、49年、52年、57年、62年、平成4年発行の資料を所蔵しており、内容を確認したが、  記載は昭和42年発行の分のみ、46年以降は“絣”の項目の記載なし。 3、『日本の絣文化史』(福井貞子/編、京都書院、1981、ツダ/753.3/フニ)資料番号:124072679    →p39~40 「Ⅵ 生産数量と絣の価格」          日本三大綿絣(久留米・伊予・備後)の産地の産額と生産数量が明所31年~昭和35年の年次産額高の図記載あり。          反当平均価格についても記載あり。 次の資料も確認したが発見できず。 ×『卸売物価指数 明治20年-昭和37年』日本銀行統計局、1964 【貸出不可】 ×『消費者物価指数年報 昭和47(1972)年』総理府統計局/編、1973 【貸出不可】 ×『明治以降卸売物価指数統計 100周年記念資料』日本銀行/編、1987 【貸出不可】 ×『値段の明治大正昭和風俗史【正】』週刊朝日/編、1981 【貸出可】 ×『値段が語る、撲たちの昭和史 あのころコレはいくらだった?』高橋考輝/著、主婦の友社、2001【貸出可】 回答プロセス:・OPAC検索 キーワード“絣” →66件ヒット  文化史・絣の変遷などがわかる資料を中心に調査。   →1冊該当資料あり(昭和31~35年年次産額高反当平均価格について記載あり) ・OPAC検索 キーワード“物価” ”統計” →300件以上ヒット →政府発行資料を絞り込みし、調査。   該当資料あり、内容調査→2冊該当資料あり。 備考:受付方法:メール、1/17、福田

『ノヴァーリス作品集』の第2巻・第3巻について、第2巻に掲載されている『青い花』と『略伝』を探している。 訳者は「今泉文子」。(秋田県立図書館)

当館に所蔵がなく、県外の図書館に所蔵あり。 本を取り寄せについて案内(相互貸借)。 回答プロセス:『ノヴァーリス作品集』第2巻・第3巻、当館に所蔵無し。 「ノヴァーリス」・「今泉文子」キーワード検索。 3冊、該当資料あり。 ☓①『夜の賛歌・サイスの弟子たち、他一篇』 (ノヴァーリス/作、今泉文子/訳、2015、948/ノヨ/)123483356 ☓②『ロマン主義の誕生、ノヴァーリスとイェーナの前衛たち』 (今泉文子/著、1999、940.2/イロ/)121470009 ☓③『ノヴァーリスの彼方へ、ロマン主義と現代』 (今泉文子/著、2002、940.2/イノ/)121841068 備考:受付方法:電話、3/3、宮田

春日部 洋(かすかべ ひろし)の作品の価格について知りたい。 *できれば最新のもの(秋田県立図書館)

当館所蔵資料にて確認できた資料は次のとおり 『美術家名鑑 1994年版』(清水 治/編集、美術倶楽部、1994、R703.5/シビ/94)資料番号:120819404  ⇒p272 95万円 回答プロセス:・まず『美術年鑑』『美術名鑑』2018年で名前を探したが記載なし。 ・リサーチナビ(http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/)で「美術品」「価格」のキーワードで調べると、 「美術品の価格」http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-101066.php(確認日付 2017.4.23)の項目あり。     上記で確認した参考資料の他に『美術市場』(当館では94年のみ所蔵)、『美術家名鑑』(2011年で休刊)などの資料が紹介されており、所蔵分を確認。    また、オークション価格の調べ方も載っていたため、参考までにそちらも確認した。  シンワアートオークション https://www.shinwa-auction.com/ (確認日付 2017.4.23) →2002年以降の落札価格が調べられるが、該当なし。 ・参考資料は新→古の順に確認。  名前の記載はあるが、作品価格まで載っていないものがほとんどだった。 備考:受付方法:口頭、3/8、三浦

羊毛の種類について、どのような糸があるか。(秋田県立図書館)

所蔵資料から、次の資料を紹介。 ①『羊蹄記 人間と羊毛の歴史』(大内 輝雄/著、平凡社、1991、645.4/オヨ)資料番号:120084389 ②『羊毛文化物語』(山根 章弘/著、講談社、1979、586.5/ヤヨ)資料番号:11087564 ③『ウール 羊とウールと人間と』(ダイヤモンド社/編、ダイヤモンド社、1967、586/24)資料番号:11075438 ④『フェルトメーキング ウールマジック』(ジョリー・ジョンソン/著、青幻舎、1999、594/ジフ)資料番号:121520993 ⑤『日本羊毛工業史』(政治経済研究所/編、東洋経済新報社、1960、586/36)資料番号:111075438 回答プロセス:・キーワード「羊毛」で全項目検索→48件ヒットした中から上記の本を紹介。 ・R586の棚をブラウジング→『最新・ニット事典』(伊藤 英三郎/著 東京ニットファッション工業組合/編、チャネラー、2003、R586.8/イサ)資料番号:122083207 p51-52 に「英国羊毛」の項目あり。 ・後から、レファ協でキーワード「羊毛」「種類」で検索。   レファレンス協同データベース http://crd.ndl.go.jp/reference/ (確認日付 2017.4.24) →類似事例あり 「毛糸の種類、編み方の種類と歴史を知りたい」「衣料繊維にはどのようなものがあるか。それぞれの特徴を知りたい」  こちらで紹介されている資料のうち、当館で所蔵しているものは以下のとおり。  ①『こんなにあるぞ、せんいの種類!』(塚本 治弘/著、アリス館、1999、375J/アシ)資料番号:128685609  ②『繊維のおはなし』(上野 和義/〔ほか〕共著、日本規格協会、1998、586/ウセ)資料番号:121342281  ③『総合ニット用語事典』(センイ・ジヤァナル、1994、R586.8/セソ)資料番号:120892500  ④『ファッション辞典』(大沼 淳/監修   荻村 昭典/監修   深井 晃子/監修、文化出版局、1999、R589.2/オフ)資料番号:121431944 備考:受付方法:口頭、3/1、三浦

石川理紀之助に死後に、門人たちによって作られた「昭和会」が発行した資料を探している。 その中に理紀之助本人の言葉が抄録されているので、それを読みたい。(秋田県立図書館)

①『石川 16号ー35号』(石川会/編、石川会、1921、A051/25/16-35)資料番号:110710472 ②『石川 37号ー59号』(石川会/編、石川会、1923、A051/25/36-59)資料番号:110710480 ③『石川 60号〜95号』(石川会/編、石川会、1925、A051/25/60-95)資料番号:110710498 に「遺教」の掲載あり。 回答プロセス:・キーワード「昭和会」で全項目検索→ヒットせず。 ・石川理紀之助の年譜を見ると、「昭和会」ではなく「石川会」であることを確認。 ・キーワード「石川会」で出版者検索→ヒット。  資料の内容確認をしていただき、お探しの資料が「遺教」という文章であることが分かった。 ・発行物をすべては所蔵していなかったため、  国会サーチ http://iss.ndl.go.jp/ (確認日付 2017.4.24)  秋田県立図書館デジタルアーカイブ http://da.apl.pref.akita.jp/lib/ (確認日付 2017.4.24)  にて確認 →回答にて案内している資料のみと確認。 ・石川理紀之助については、潟上市郷土文化保存伝習館(石川翁資料館)で展示されている。  →問い合わせ先 潟上市HP内 郷土文化保存伝習館(石川翁資料館)http://www.city.katagami.lg.jp/index.cfm/7,229,90,html (確認日付 2017.4.24) ) 備考:質問受付:口頭、3/26、三浦

藤田嗣治が亡くなった後の作品の管理について、 特にフランスにある作品の著作権や管理はどうなっているのか知りたい。(秋田県立図書館)

(著作権について) 朝日新聞データベース「聞蔵Ⅱ」 より、 朝日新聞2009.5.27 夕刊de水曜(5面)(確認日付 2018.4.24) 「遺言」の地、ともに永眠 画家藤田嗣治夫妻 君代夫人の遺骨、フランスに の中に、 ⇒藤田嗣治から相続した全作品の著作権を、パリで子供の福祉に携わってきたオートゥイユ財団へ寄贈した。 (日本での著作権の管理は、有限会社中間法人美術著作権協会)  とあり。 参考までに2009年以降の資料の寄贈、活用について次の情報を案内 *インターネット上の情報 ①朝日新聞デジタル(2012/10/24)  藤田嗣治の遺作、ランス市に寄贈 美術館で常設展示へ http://www.asahi.com/special/art/TKY201210230145.html(確認日付 2018.4.24) ②OVINI(2017/6/15)ランスにフジタの作品寄贈 更に豊かな「フジタ学」拠点に  https://ovninavi.com/donation_foujita_plaque/ (確認日付 2018.4.24) (作品の所蔵について) 展示図録をご紹介した。 ①『もっと知りたい藤田嗣治』(林 洋子/監修・著 内呂 博之/著、東京美術、2013、723/ハモ/郷)資料番号:124487828 ②『レオナール・フジタ』(レオナール・フジタ/〔画〕 ポーラ美術館/監修、東京美術、2011、723.1/フレ/)資料番号:123084741 ③『レオナール・フジタとパリ 1913-1931〔展覧会図録〕』(藤田嗣治渡仏100周年記念 シルヴィー・ビュイッソン/企画・監修、藤田嗣治渡仏100周年記念「レオナール・フジタとパリ 1913-1931」カタログ委員会、2013、723/シレ/郷)資料番号:129717955 回答プロセス:・郷土資料723の棚にある藤田嗣治資料をブラウジング→年表は藤田が亡くなるまでの記載で、それ以降の事項については記載なし。 ・朝日新聞データベース「聞蔵Ⅱ」で、キーワード「藤田君代」(藤田の最後の妻)で検索 →君代夫人死去のニュースに甥の堀内雄也氏の名前があり、甥について検索。 →2009.5.27 夕刊de水曜(5面)   「遺言」の地、ともに永眠 画家藤田嗣治夫妻 君代夫人の遺骨フランスに  がヒット。この記事の中に著作権にかかわる記載があった。 ・インターネット(グーグル)で、キーワード「堀内雄也」で検索→ ①朝日新聞デジタル(2012/10/24)  藤田嗣治の遺作、ランス市に寄贈 美術館で常設展示へ http://www.asahi.com/special/art/TKY201210230145.html (確認日付 2018.4.24) ②OVINI(2017/6/15)ランスにフジタの作品寄贈 更に豊かな「フジタ学」拠点に  https://ovninavi.com/donation_foujita_plaque/ (確認日付 2018.4.24) がヒット。2009年以降の藤田作品について触れていた。 ・内容調査したが、質問に該当しない資料(君代夫人が亡くなった2009年以降の資料) ×『評伝藤田嗣治』(田中 穣/著、芸術新聞社、2015、723/フヒ/郷)資料番号:124521360 ×『藤田嗣治画集 巴里・異郷・追憶』(藤田 嗣治/[画] 林 洋子/監修、小学館、2014、A723/181)資料番号:124498338 ×『藤田嗣治とは誰か』(矢内 みどり/著、求龍堂、2015、A723/183/)資料番号:12450354 備考:受付方法:口頭、4/3、三浦

次の言葉の出典が知りたい。 ①アインシュタイン 「科学技術の進歩というのは、病的犯罪者の手の中にある斧のようなものだ」 ②千利休 「器用さと稽古と好きのそのうちで、好きこそものの上手なりけり」(秋田県立図書館)

①『素顔のアインシュタイン』(H.デュカス/編 B.ホフマン/編 林 一/訳、東京書店、1991、289.3/アス)資料番号:120058334  →p113より、1917年12月6日、ハインリッヒ・ザンガーに宛てた手紙の中の一節であることを確認した。 ②『故事ことわざ知識辞典 日本編』(主婦と生活社/編、主婦と生活社、1996、R813.4/シコ)資料番号:121140925  →p231-232 好きこそ物の上手なれ の項に例文としてあげられており、出典は『雜話抄』と記載あり。次の資料で記載を確認した。  『日本俳書大系 10 中興俳話文集』(日本俳書大系刊行会、1927、91-アン/637)資料番号:111747242   ⇒p4 回答プロセス:①について ・「アインシュタイン」「言葉」「名言」などのキーワードを組み合わせて、全項目検索  →ヒットした資料を確認したが、言葉については確認できず。 ・問い合わせ者は、ウィキペディアの「テクノロジー」の項でこの言葉を見つけたそうで、同ページを確認  →英文が引用されていたが、出典の記載はなし。 ・英文のまま、インターネット(yahoo!)で検索すると、問い合わせの言葉を紹介しているサイトあり    https://todayinsci.com/E/Einstein_Albert/EinsteinAlbert-TechnologyQuote500px.htm (確認日付 2018.4.10)   出典として『 Albert Einstein, the Human Side: New Glimpses from His Archives』とあり、この本の日本語訳が『素顔のアインシュタイン』。内容を確認し、該当箇所を発見。 ②について ・問い合わせ者によると、利休道歌(利休百首)らしいとのこと。  キーワード「利休」「道歌」「利休百首」などのキーワードを組み合わせて、全項目検索。  →ヒットした資料を確認したが、記載はなかった。  ×『道歌教訓和歌辞典』(木村 山治郎/編、東京堂出版、1998、159.9/キド)資料番号:121366850  ×『茶席の禅語大辞典』(有馬 頼底/監修、淡交社、2002、R188.8/アチ)資料番号:124286816  ×『必携茶席の禅語ハンドブック 日本の文化がよくわかる』(有馬 頼底/著、里文出版、2008、791.6/アヒ)資料番号:122837438  ×『千利休 日本人のこころの言葉』(熊倉 功夫/著、創元社、2015、791.2/クセ)資料番号:123503518  ×『利休道歌に学ぶ 裏千家学園公開講座』(阿部 宗正/著、淡交社、2000、791/アリ)資料番号:121828263  ×『よくわかる茶席の禅語 2』(有馬 頼底/著、主婦の友社、1993、791.6/アヨ/2)資料番号:121963011  ×『茶席の禅語句集』(朝山 一玄/著、淡交社、2003、188.8/アチ)資料番号:121990295  ×『道歌 心の姿見』(大倉精神文化研究所/編、芙蓉書房出版、1998、159.9/オド)資料番号:121316806  ×『道歌大観』(松尾 茂/編、光融館、1912、35/121)資料番号:112252473  ・インターネット(yahoo!)で歌を直接検索  →引用している個人サイトがヒット。引用先としてあげられていたのが『道歌から知る美しい生き方』斎藤亜加里/著 河出書房新社 2007  当館では所蔵していなかったため、相互貸借で確認していただくことになった。 ・故事ことわざ辞典(R813.4)の棚をブラウジング→『故事ことわざ知識辞典 日本編』(主婦と生活社/編、主婦と生活社、1996、R813.4/シコ)資料番号:121140925 にて記載確認。 備考:受付方法:口頭、4/10、三浦

「秋田八丈」について記載のある本はあるか。(秋田県立図書館)

下記の資料をご案内。 回答プロセス:「秋田八丈」にてキーワード検索 ①『秋田八丈』(A750/58/)【貸出禁止】111588430 ②『草木染 秋田八丈染料解説他』(滑川機業場/編、A750/22/)【貸出禁止】111588463 ③『秋田大百科事典』(秋田魁新報社/編、秋田魁新報社/1981/031/アア/郷)【貸出可】128639200 備考:受付方法:口頭、4/12、久米

1.佐竹家の婚姻関係に関する資料はあるか。 2.「御家門様御取扱」、「国典類抄」の現代語訳はあるか。 3.佐竹壱岐守家初代・佐竹義長の継室「聖相院」についての資料はあるか。(秋田県立図書館)

下記資料を案内。 ①『秋田市史、第3巻』(秋田市/編、2003、214.5/アア/3郷)124314980 ②『家の存続戦略と婚姻、日本・アジア・ヨーロッパ、國方』(敬司/編、2009、362/クイ)122938012 ③『日本家族史論集、8』(佐々木潤之助/〔ほか〕編、2002、361.6/サニ/8)121929897 ④『佐竹氏をめぐる女たち、なぞを秘めるその生涯』(伊藤武美/著、A288/49)112004825 ⑤『歴史読本、54巻4号』(2009年4月号、雑誌)130949712 ⑥『中世東国大名常陸国佐竹』(江原忠昭/著、1970、210.3/エチ)124030511 ⑦『佐竹氏を支えた女たち』(伊藤武美/著、2006、288/イサ/郷)124368978 ⑧『叢園 118号〜129号』(叢園社/編、1982.03、A914/52/118-129)110711371 回答プロセス:1.「佐竹」、「婚姻」、「婚礼」をキーワード検索 ①『秋田市史、第3巻』(秋田市/編、2003、214.5/アア/3郷)124314980 p595-603第二章「女性の暮らし」の箇所に〝佐竹家の女性たち〟についての記載あり。 ※婚姻や家督の継承についての記載あり。 表として佐竹宗家代々の婚姻と、誕生した女子についての掲載もあり。 第五代義峯の娘、栄姫と常姫の輿入れについての記載あり。 ②『家の存続戦略と婚姻、日本・アジア・ヨーロッパ、國方』(敬司/編、2009、362/クイ)122938012 p17-28第一部「日本の家と婚姻戦略」〝近世大名における家存続戦略〟の箇所に、出羽久保田藩佐竹氏と陸奥中村藩相馬氏との重縁関係についての記載あり。 p19 佐竹義睦と前高知藩主山内豊資の娘於悦との結婚の記載あり。 p22 佐竹義核の婿養子の経緯の記載あり。 p23 佐竹義諶と熊谷長基の娘於広の結婚の記載あり。 p25 義諶の佐竹壱岐守家への夫婦養子入りが子連れで実現した旨の記載あり。 p33 佐竹義堯の娘雅姫と佐竹義脩の婿養子になった経緯の記載あり。 p34 佐竹義理の妻についての記載あり。(十二代目久保田藩主義堯の娘鐶子と記載あり) p34 戦国大名相馬義胤の娘(慶雲院)の養子、婚姻についての記載あり。 p35 佐竹壱岐守家の初代義長と三代中村藩相馬多忠胤の長女於品を正室に迎える旨の記載あり。(於品と於比の不縁の記載もあり) ③『日本家族史論集、8』(佐々木潤之助/〔ほか〕編、2002、361.6/サニ/8)121929897 p220「婚姻の諸相」の〝武家〟の伊達氏の箇所に、佐竹氏の婚姻関係に関する記載あり。  ④『佐竹氏をめぐる女たち、なぞを秘めるその生涯』(伊藤武美/著、A288/49)112004825 ※秋田魁新聞の記事  昭和62年1月27日~昭和62年1月28日 掲載回数2回  佐竹氏の婚姻関係のことに触れている。(特に初代藩主義宣について多く割かれている) ⑤『歴史読本、54巻4号』(2009年4月号、雑誌)130949712 p62-65「戦国大名 血縁・血脈関係録」〝佐竹氏三代の閨閥〟の箇所に、婚姻・養子入れの記載あり。 佐竹氏の婚姻や家督の継承についての記載あり。  佐竹義昭⇔岩城重隆の娘 佐竹義重⇔伊達晴宗の娘 佐竹義宣⇔那須資胤の娘 特にこの3組の婚姻について詳しく記載されていた。 p58-61〝伊達氏三大の閨閥〟の箇所にも佐竹と伊達の婚姻についての記載あり。 p170-175「松東院メンシア一すじの信仰の力で戦乱を生き抜いた大名夫人」 聖相院についての記載があればと思い調査したが、養父鎮信の名前の記載はあったが、聖相院についての記載はなし。 ⑥『中世東国大名常陸国佐竹』(江原忠昭/著、1970、210.3/エチ)124030511 ※こちらの資料は常陸北部に勢力を築いた佐竹氏の歴史をまとめた資料  婚姻についての記載あり。 ⑦『佐竹氏を支えた女たち』(伊藤武美/著、2006、288/イサ/郷)124368978 ※婚姻についての記載あり。 ☓⑨『あなたの知らない秋田県の歴史』(山本博文/監修、2013、210/ヤア/郷)124490657 ☓⑩『諒鏡院・佐竹悦子の生涯 土佐女の見た秋田の幕末明治維新』(伊藤武美/著、無明舎出版、1993.6、289/サリ/郷)128121514 質問2 ※当館所蔵で出版が一番新しい『国典類抄』が、第6巻の1988年だった。内容を確認    したが現代語訳ではなかった。全巻現代語訳になった資料は確認できず。  資料の一部に『国典類抄』からの引用で現代訳になっている資料は確認できたが  『御家門様御取扱』については確認できず。 ☓⑪『近世前中期における秋田藩藩庁機構について、「国典類抄」の分析を中心に』(伊藤成孝/著、2004、212/イキ/郷)128986932 質問3 ※<質問1>での調査資料①~⑧に聖相院についての記載は確認できず 以下の資料も調査 ☓⑫『秋田県史、〔通史編〕第2巻』(秋田県/編、1977、210/アア/2)111327292 ☓⑬『秋田県史、〔通史編〕第3巻』(秋田県/編、1965、210/アア/3)129064457 聖相院の出自である平戸藩・松浦家から以下の資料も調査 ☓⑭『戦国九州三国志、島津・大友・龍造寺の戦い』(学研、2008、219/ガセ)122782675 ※松浦氏の記載はあるが、聖相院につながる資料なし。 ☓⑮『図説長崎県の歴史』(外山幹夫/責任編集、1996、219.3/カズ)121121834 ※松浦氏の婚姻に関する記載あり。ただし、聖相院につながる資料なし。 ☓⑯『長崎県史、対外交渉編』(長崎県史編集委員会/編集、1986、219.3/ナナ)120483854 ☓聖相院の養父が武家茶〝鎮信流〟を創始した人だったので調査してみたが、当館には該当の資料なし。 ☓佐竹義長・義峯の資料検索もしたが、二人に関する資料が少なく聖相院につながる資料につながらず。 ☓依頼者が確認中の論文の著者・大藤修氏の著書も確認したが、今回の調査につながる資料みつからず。 ※当館データベース『デジタルアーカイブ』にて「聖相院」で検索。 下記資料に論文が掲載されていることがわかる。 ⑧『叢園 118号〜129号』(叢園社/編、1982.03、A914/52/118-129)110711371 125号p44-52『徹丹と聖相院のこと 1』 126号p35-43『徹丹と聖相院のこと 2』 127号p42-50『徹丹と聖相院のこと 3』 備考:受付方法:メール、3/12、渡部、宮田

詩人「越後谷隆治」についての資料はあるか。(秋田県立図書館)

下記資料を案内。 ①『秋田県人名大事典』(魁新報社/編、2000.7、280/アア/郷)資料番号:124250697 ②『第三次 処女地帯 8~18号』(北方自由詩人集団/編、秋田文化出版社、1982.3〜1988.4、A911.5/316/8-18)資料番号:111669057 ③『秋田魁新報』 昭和57年1月12日6面「幸薄の詩人越後谷隆治(上)」 昭和57年1月13日6面「幸薄の詩人越後谷隆治(下)」 回答プロセス:①『秋田県人名大事典』(魁新報社/編、2000.7、280/アア/郷)資料番号:124250697 にて検索。項目「越後谷隆治」あり。 当館デジタルアーカイブにて「越後谷隆治」をキーワードに検索。 下記資料が該当。 ②『第三次 処女地帯 8~18号』(北方自由詩人集団/編、秋田文化出版社、1982.3〜1988.4、A911.5/316/8-18)資料番号:111669057 13号p34‐37「<種蒔く人>の流れのなかで、越後谷隆治と『風の音』」 ③『秋田魁新報』 昭和57年1月12日6面「幸薄の詩人越後谷隆治(上)」 昭和57年1月13日6面「幸薄の詩人越後谷隆治(下)」 事前調査事項:『風の音 越後谷隆治遺稿集』(越後谷隆治/著、1937.1、A911.5/4/)資料番号:111669842 上記資料は調査済み。 備考:受付方法:メール、4/4、渡部

昭和28年、供出米で県知事賞をとった六郷町の木下文喜(きのしたぶんき)の名前が確認できる資料はあるか。 また、他にどのような人が受賞しているのか知りたい。(秋田県立図書館)

名前の記載がある資料について確認できず。 受賞者については秋田魁新報に記載あり。 (秋田魁新報) ①「十一町村へ農相章」1953年3月5日(3面)  ⇒二十七年度の表彰式、食糧庁長官賞 秋田市石塚清一郎の名前あり   知事賞は、優良農家11代表に感謝状と記念品の盆、優良部落に額縁が贈られたとの記     載のみ ②「知事表彰者決る」1953年3月5日夕刊(1面)  ⇒南秋田郡の受賞者、名前の記載あり ③「河辺の供米優良農家表彰」1953年3月7日夕刊(1面)  ⇒名前の記載あり ④「供米優良農家表彰」1953年3月14日(2面)  ⇒雄勝郡の受賞者、名前の記載あり ⑤「供米優良市町村決る」1953年2月28日(2面)  ⇒知事表彰 優良農家 横手市高橋忠四郎外六八〇名 の記載あり ⑥「七百八十三名に県知事賞」1955年1月11日(1面)  ⇒農林大臣賞、食糧庁官賞は全員名前の記載あり    知事賞は代表者1名の記載のみ ⑦「全量供米の第二位」1949年10月3日(2面)  ⇒六郷の篤農家小松秀松さんについて記載あり 回答プロセス:・供出米・供米・供出制度 等のキーワードで全項目検索   →該当なし ・秋田県立図書館デジタルアーカイブ(http://da.apl.pref.akita.jp/lib/)の「さきがけ記事見出し検索」で、供出米・供米・賞・六郷 等のキーワードを組み合わせて検索。ヒット数の多いものは年で絞り、該当しそうなタイトルの新聞を確認した。昭和28年1月~3月の記事はすべて確認済。 ・国会サーチで、キーワード「供出米」で検索、「秋田県」で絞り込み→該当する各市町村史ヒット ・広報六郷 該当なし。 ・秋田県公文書館の検索システムにて検索したが、該当なし。 ・美の国秋田ネット(http://www.pref.akita.lg.jp/)(確認日付 2017.4.20)にて、キーワード「六郷」→「美郷町六郷関田円形分水工」記載ページのp10に「供米風景(千本野)」の写真あり。 ・秋田の農業(米)についての資料もブラウジングした。 次の資料も確認したが、該当する記載はなし。 (供米に関する図書資料) ×『六郷町史 上巻』(六郷町史編纂委員会/編、1991、214.7/ロロ/1)124015751  ⇒供出米と食管制度 p1257-1263 ×『大雄村史』(大雄村史編纂委員会/編、大雄村、2001、214.8/タク/郷)128712841  ⇒(一)食糧増産と供出米 p561-568   (四)食糧難と強権発動 p606-609 ×『協和町史 下巻』(協和町史編さん委員会/編、協和町、2002、214.7/キキ/2郷)128772159  ⇒戦後の食糧危機と供出米 p298-299 ×『矢島町史 下巻』(矢島町史編纂委員会/共編、矢島町、1979、214.6/ヤヤ/1)124015926  ⇒第十章 供出米制度 p1013-1018 ×『増田町郷土史』(増田町郷土史編纂委員会/編、増田町教育委員会、1972、214.8/ママ/郷)111326955  ⇒第二章 供出米と二重米価 p306-361 ×『象潟町史 通史編 下』(象潟町/編、象潟町、2001、214.6/キキ/2郷)124270554  ⇒供米の強権発動続く p246-247   供米地獄に仏がいた p248-250 ×「秋田県人雑誌 16号3・4号〜17巻4号」(秋田県人雑誌社/編、1943、Å051/1/1943-1944)110709854  ⇒奈良環之介「供出米所蔵」1943年5月号 p23  ⇒相場野歩「村の供出米記」上 1943年6月号 p14-15 下 1943年7月号 p14-15 ×『秋田のじっちゃばっちゃが綴る暮らしの記録 2』(秋田県老人クラブ連合会/編、凱風出版、1986、590/アア/2郷)111242111  ⇒p105-108  (秋田の米に関する資料) ×『秋田の米作100年暦』(加藤正一/著、秋田県農協会長室広報部、1978、Å616/79)111562120 ×『秋田米物語』(渡辺正人/著、秋田県穀友会、1973、Å616/51)111563185 ×『図説 秋田の米生産費とその背景』(東北農政局秋田統計情報事務所/編、秋田農林統計協会、1977、611/トズ/郷)129152955 ×『秋田県米統計 自昭和16年 至昭和22年(秋田県/編、秋田県、1949、Å611/1547)129068730 ×『戦前・戦後における秋田県産米の概況 昭和32年4月』(秋田県/編、秋田県、1957、611/アセ/郷)129062345 ×『秋田農林統計年報 昭和29年』(農林省秋田統計調査事務所/編、農林省秋田統計調査事務所、1955、610/ノア/郷)129060745 (インターネットから) 美の国秋田ネット(http://www.pref.akita.lg.jp/)(確認日付 2017.4.20)  ⇒美郷町六郷関田円形分水工 p10 供米風景(千本野)昭和22年 事前調査事項:問い合わせ者は80代の男性。自分の父親が供出米で昭和28年に県知事賞を取り、名前が記載されている資料を見たいとのことだった。 備考:受付方法:電話、3/6、三浦

富士山は北側から見て、どこまでなら見えるか分かる資料はあるか。(秋田県立図書館)

以下の資料を紹介。 『「富士見」の謎 一番遠くから富士山が見えるのはどこか?』(田代博/著、祥伝社、2011、291.5/タフ/) 123109795 回答プロセス:キーワード検索「富士山 北側」にて検索 → 該当なし。 インターネット検索にて「可視」という語句を発見。 キーワード検索「富士山 可視」にて全項目検索。 『「富士見」の謎 一番遠くから富士山が見えるのはどこか?』(田代博/著、祥伝社、2011.6、291.5/タフ/)123109795 上記資料が該当。 備考:受付方法:口頭、4/6、本城

秋田県における生涯教育奨励員(生涯学習奨励員)の歴史と現状を詳しく知ることができる資料について。 奨励員の役割、奨励員になるための要件、奨励員の養成方法(研修体制など)、奨励員の活動実態、奨励員をめぐる課題など、様々な点について教えて欲しい。(秋田県立図書館)

以下の資料を紹介。 ①『小畑勇二郎の生涯』(小畑勇二郎顕彰会/編、1985.10、289.1/オオ/)資料番号:128140068 ⇒p.538-p.570生涯教育奨励員制度創始者である小畑勇二郎氏について記載あり ②『教育秋田 318号~341号』(秋田県教育委員会/編、1976.1、A370.5/49/318-341)資料番号:111458105 ⇒1976.No.324 7月号  p.18奨励員を設けた理由、要件、活動について記載あり ③『秋田県の生涯学習30周年記念祝賀会』(2000、A379/1638/)資料番号:128697604 ⇒秋田県生涯学習奨励員協議会結成25年祝賀会・秋田県生涯学習センター開所20周年祝賀会 会期:平成12年10月5日 祝賀会のプログラム(30年間のあゆみを簡単にまとめた表あり)や座席表、出席者名簿など。 ④『生涯教育奨励員活動事例集』(秋田県市町村生涯教育奨励員協議会/編、1977.5、A379/709/)資料番号:111501193 ⇒p.1-p.4一般教養の事例について記載あり p.5-p.6生活技術の事例について記載あり p.7-p.11芸術文化の事例について記載あり p.12-p.14趣味・娯楽の事例について記載あり p.15-p.18スポーツ・レクリエーションの事例について記載あり p.19職業の事例について記載あり ⑤『生涯教育奨励員活動事例集』(秋田県市町村生涯教育奨励員協議会/編、1985.3、A379/977/1985)資料番号:111501185 ⇒p.1-p.11奨励員に関する活動について記載あり p.12-p.13奨励員への協力に関する活動について記載あり ⑥『生涯教育奨励員の記録』(秋田市生涯教育推進委員会/編、1981、A379/1235/1981)資料番号:124002262 ⇒p.4-p.28昭和56年度の生涯教育・奨励員の活動について記載あり ⑦『生涯学習奨励員研修報告書 平成5年度』(秋田県生涯学習奨励員協議会/編、1994.3、379/アシ/93)資料番号:128324803 ⇒p.1-p.3研修開催状況について記載あり p.4-p.19新任奨励員・事務担当者研修会について記載あり p.20-p.40移動奨励員セミナーについて記載あり ⑧『生涯学習奨励員研修報告書 平成6年度』(秋田県生涯学習奨励員協議会/編、1995.3、379/アシ/)資料番号:128288057 ⇒⑦と同様の記載内容 ⑨『生涯学習奨励員活動に関する意識調査』(秋田県生涯学習奨励員協議会/編、1997.3、379/アシ/郷)資料番号:128430980 p.1-p.2調査研究の概要について記載あり p.3-p.20奨励員活動の実態と意識について記載あり p.21-p.25課題と展望について記載あり p.27-p.28アンケート用紙 p.29-p.40活動事例集について記載あり ⑩『生涯学習奨励員活動事例集 平成10年度のあゆみ』(秋田県生涯学習奨励員協議会/編、1999.3、A379/1587/1998)資料番号:128567997 ⇒p.1-p.12新任奨励員研修会について記載あり p.13-p.26奨励員研究大会について記載あり p.27-p.38奨励員の講演・講話について記載あり p.39-p.42研修等活動状況について記載あり p.43-p.54活動事例集について記載あり ⑪『生涯学習奨励員活動事例集 平成11年度のあゆみ』(秋田県生涯学習奨励員協議会/編、2000.3、A379/1587/)資料番号:128633278 ⇒⑩と同様の記載内容 ⑫『生涯学習奨励員活動事例集 平成12年度のあゆみ』(秋田県生涯学習奨励員協議会/編、2001.3、A379/1578/2000)資料番号:128713641 ⇒⑩と同様の記載内容 ⑬『生涯学習奨励員活動事例集 平成13年度のあゆみ』(秋田県生涯学習奨励員協議会/編、2002.3、A379/1587/2001)資料番号:128779089 ⇒⑩と同様の記載内容 ⑭『生涯学習奨励員活動事例集 平成14年度のあゆみ』(秋田県生涯学習奨励員協議会/編、2003.3、A379/1578/2002)資料番号:128875630 ⇒⑩と同様の記載内容 ⑮『生涯学習奨励員活動事例集 平成15年度のあゆみ』(秋田県生涯学習奨励員協議会/編、2004.3、A379/1587/2003)資料番号:128940699 ⇒⑩と同様の記載内容 ⑯『秋田県生涯学習奨励員協議会 研修事業・調査研究事業報告書 平成16年度』(秋田県生涯学習奨励員協議会/編、2005.3、379/アア/郷)資料番号:129002242 ⇒p.4総会並びに研修会について記載あり p.5-p.6地区協議会活性化事業について記載あり p.7奨励員活性化事業について記載あり p.8-p.11奨励員と社会教育委員の役割について記載あり p.12奨励員研修大会について記載あり p.13指導者研修会について記載あり p.14平成16年度の研修活動について記載あり p.16-p.20調査研究事業報告について記載あり p.22市町村の奨励員数の記載あり p.23地区協議会体制一覧の記載あり ⑰『能代市生涯学習奨励員活動報告書 平成9年度・平成10年度』(能代市教育委員会社会教育課/編、1999.1、A379/1548/)資料番号:128556644 ⇒p.1-p.15地区事の奨励員活動について記載あり ⑱『能代市生涯学習二十年の歩み』(能代市生涯学習推進本部/編、1994.3、379/ノノ/郷)資料番号:129084463 ⇒p.13奨励室について記載あり p.5-p.6主な出来事について記載あり p.17-p.18能代市の奨励員について記載あり p.19-p.28主な歩みについて記載あり p.29能代市・山本郡における協議会について記載あり p.31-p.34地区連絡協議会について記載あり p.35-p.42記載された紙面 p.45-p.48意識調査から集計表とその考察について記載あり p.49-p.51名簿の記載あり p.52-p.53奨励員について記載あり p.54-p.55組織図について記載あり ⑲『生涯学習奨励員 平成8年度 一年の歩み』(鹿角市生涯学習奨励員協議会/編、1997、A379/1498/)資料番号:128423159 ⇒p.2-p.3活動について記載あり p.5奨励員としての在り方について交流と記載あり p.19平成8年度の経過報告について記載あり p.20鹿角市の奨励員設置要網について記載あり p.21平成7年度の奨励室と奨励員との関わりについて記載あり p.22-p.28奨励員の手引について記載あり p.29奨励員名簿の記載あり ⑳『生涯学習奨励員活動のあゆみ 平成9・10年度』(鹿角市生涯学習奨励員協議会/編、1999.4、379/カシ/1997郷)資料番号:128578184 ⇒p.2活動について記載あり p.3平成9・10年度の奨励員名簿 記載あり p.4-p.12活動記録について記載あり p.13-p.26奨励員としての個人寄稿の記載あり ㉑『生涯教育奨励会報あきた 1号~37号』(秋田県市町村生涯教育奨励員協議会/編、1977.1、A379/902/1‐72)資料番号:112022603 ⇒奨励員の活動報告を記載した会報 ㉒『あしたの風 第43~62号 秋田市の生涯学習』(秋田市教育委員会生涯学習室/編、1996.11?2006.2、A379/1772/43‐62)資料番号:129118642⇒49号、51号欠号 生涯学習奨励員の広報誌 ㉓『青山 昭和56年度』(東由利町教育委員会/編、1982.3、A379/874/1981)資料番号:111501912 ⇒p.8-p.10奨励員2名の活動について記載あり ㉔『地域では、いま 平成2年 生涯学習奨励員活動の現状』(秋田県生涯学習センター/編、1990、A379/1240/1990)資料番号:128002904 ⇒p.1-p.2市町村訪問について記載あり p.3-p.22市町村別協議概要一覧表記載あり p.23-p.24要望事項について記載あり p.25-p.26総合所見について記載あり p.27-p.35市町村別名簿の記載あり ㉕『よりよい生涯学習奨励員活動をめざして 平成8・9・10年度市町村訪問記録』(秋田県生涯学習奨励員協議会/編、1999.3、A379/1554/1996-98)資料番号:128567989 ⇒p.1-p.10奨励員活動の現状と課題について(平成8年度市町村訪問記録)記載あり p.11-p.23奨励員活動の現状と課題について(平成9年度市町村訪問記録)記載あり p.25-p.32奨励員活動の現状と課題について(平成10年度市町村訪問記録)記載あり p.33市町村訪問の振り返りについて記載あり      ㉖『よりよい生涯学習奨励員活動をめざして 平成11・12・13年度市町村訪問記録』(秋田県生涯学習奨励員協議会/編、2002.3、A379/1554/99-01)資料番号:128779071 ⇒㉕と同様の記載内容 ㉗『豊かさへの旅 第25~42号』(秋田県生涯学習推進本部/編、秋田県生涯学習センター/編、秋田県生涯学習奨励員協議会/編、1993.6~1996.3、A379/1766/25-42)資料番号:129121596 ⇒28号欠号あり。毎号ではないが、奨励員の実践活動「ネット・ワーキング」についての記載あり。 ㉘『豊かさへの旅 44~60号(最終号)』(秋田県生涯学習推進本部/編、秋田県生涯学習センター/編、秋田県生涯学習奨励員協議会/編、1996.7~1999.3、A379/1766/44-60)資料番号:129116612 ⇒㉗と同様の記載内容 ㉙『ふれあい 東成瀬村生涯学習推進20周年記念誌』(東成瀬村生涯学習奨励員協議会/編、1996.12、A379/1482/)資料番号:128397452 ⇒p.10東成瀬村生涯学習奨励員協議会会長の挨拶文 記載あり p.13-p.14東成瀬村生涯学習20周年について記載あり p.16-p.18生涯学習相談員について記載あり p.19生涯学習のあゆみについて記載あり p.25-p.35昭和51年度~平成8年度の奨励員について記載あり p.36-p.49奨励員の思い出について記載あり p.51各周年ごとの資料記載あり ㉚『秋田県生涯学習奨励員協議会20周年記念誌』(秋田県生涯学習推進本部/編、1996.2、379/アア/)資料番号:128337185 ⇒p.4-p.9活動の活性化についての座談会 記載あり p.10-p.30活動の思い出について記載あり p.31-p.32協議会20年のあゆみについて記載あり p.33-p.52地区生涯学習奨励員連絡協議会について記載あり p.53-p.54表彰者名簿記載あり p.55-p.64各市町村名簿記載あり p.65実行委員会の記載あり p.67-p.90奨励員の広告 記載あり ㉛『秋田の生涯教育』(秋田県生涯教育推進本部/編、1985.10、379/オア/)資料番号:111396800 ⇒p.71-p.72生涯教育奨励員の精度について記載あり p.169-p.171生涯教育奨励員の活動、協議会、生涯教育奨励員室について記載あり ㉜『大曲の手作り紙芝居 花火の街のむかし話』(大曲市生涯学習奨励員協議会/編、2001.3、A379/1667)資料番号:128725710 p.1-p.95紙芝居について記載あり p.96-p.98紙芝居講演について記載あり p.99紙芝居配役表の記載あり p.100奨励員名簿の記載あり また現在の活動内容や状況につはいて、秋田市の公式ホームページhttp://www.city.akita.akita.jp/city/ed/lf/syoureiin/default.htm(確認日付:2018.3.15)を紹介 回答プロセス:全項目で「生涯教育奨励員」「生涯学習奨励員」と検索→該当資料を調査 デジタルアーカイブで「生涯教育奨励員」と検索→1件ヒット ②の資料           「生涯学習奨励員」と検索→ヒットせず Googleで「生涯教育奨励員」と検索→秋田市の公式ホームページがヒット。現在の活動内容や状況について記載あり。 備考:受付方法:メール、3/8 天野、簾内

高橋源一郎著の、政治が題材になっている少年・少女を対象にした小説はないか。(秋田県立図書館)

次の資料を案内。 ①『ぼくたちはこの国をこんなふうに愛することに決めた』 (高橋源一郎/著、2017、913.6/タゲホ/)123825440 回答プロセス:本の内容はわかるが書名が不明。 「高橋源一郎 政治 小説」にてキーワードに検索。 2冊の資料が該当。 ①『ぼくたちはこの国をこんなふうに愛することに決めた』 (高橋源一郎/著、2017、913.6/タゲホ)123825440 ☓②『「あの戦争」から「この戦争」へ』 (高橋源一郎/箸、2014、910.26/タア)123416638 内容を確認し、①の資料と判明。 備考:受付方法:口頭、3/16、宮田

レース編みについてテーブルクロスの図案製図が載っている資料はあるか。 (〝モチーフつなぎ〟以外の資料で)(秋田県立図書館)

次の資料を紹介 ①『絹糸と麻糸のレース編み、ドイリー・ランナー・コースター・ポーチ・ショールなど』 (日本ヴォーグ社、2003、594.3/ニキ/)122007743 ②『パイナップル編み、レース編みの世界』 (雄鶏社、1997、594.3/オパ/)121196190 回答プロセス:「レース編み テーブルクロス」にてキーワード検索。 ①『絹糸と麻糸のレース編み、ドイリー・ランナー・コースター・ポーチ・ショールなど』 (日本ヴォーグ社、2003、594.3/ニキ/)122007743 ※テーブルクロスの図案製図が掲載。 ②『パイナップル編み、レース編みの世界』 (雄鶏社、1997、594.3/オパ/)121196190 ※情報提供の質問会話の中に〝パイナップル編み〟というキーワードがあり、テーブルクロスの図案製図も掲載されており、こちらの資料も案内。 ☓③『モチーフつなぎのレース編み』 (雄鶏社、1997、594.3/オモ/)121196208 備考:受付方法:口頭、4/7、宮田

『佐竹藩士分限帳』に津川姓の家臣はいるか。(秋田県立図書館)

①『佐竹藩士分限帳 ―文久以後― 下』(秋田姓氏家系研究会/編、1976.1、A317/220/2)110771144 ⇒p.76金五匁 五人 津川竜宅 記載あり ・津川竜宅について ②『秋田人名大事典』(秋田魁新報社/編集、2000.7、280/アア/郷)124250713 ⇒p.387津川重規 秋田藩佐竹善厚の鍼医。号、東雲斎、称竜宅。五十三歳没 記載あり ・津川姓について ③『系図目録 1(秋田県公文書館所蔵古文書目録)』(秋田県公文書館/編集、2001.3、288/アケ/郷)128712650 ⇒p.180 140津河 記載あり こちらの資料は秋田県公文書館の所蔵のため、公文書館を案内。 回答プロセス:・『佐竹藩士分限帳』にてキーワード検索→2件ヒット ①と④の資料 ・秋田の人名辞典・系図目録を調査 ②~⑧の資料 ・調査したが該当する箇所がなかった資料 ×④『佐竹藩士分限帳 ―文久以後― 上』(秋田姓氏家系研究会/編、1976、A317/220/1)110771136 ×⑤『秋田近世前期人名辞典1~6』(秋田姓氏家系研究会/編、1973、A280/138/)110771128 ×⑥『秋田近世後期人名辞典1』(秋田姓氏家系研究会/編、1975、A280/146/)110771110 ×⑦『秋田近世後期人名辞典2』(秋田姓氏家系研究会/編、1975、A280/146/2)110771102 ×⑧『系図目録 2(秋田県公文書館所蔵古文書目録)』(秋田県公文書館/編集、2002.3、288/アケ/2郷)128772183 事前調査事項:「武士の先祖探し、家系図作成」(http://24senzo.net/blog-entry-22.html)を閲覧し、『佐竹藩士分限帳』を調査してほしいとのこと。 備考:受付方法:メール、3/29、天野

1、津川重規について記載がある資料を探している。 2、津川三益の本名が津川重貞であることを証明したい。津川三益について記載がある資料を探している。(秋田県立図書館)

1、津川重規について ①『秋田人名辞書』(安藤和風/編著、東洋書院、1980.9、281.2/アア/)資料番号:111341178 ⇒p.147ツガワ ジュウキ(津川重規)歌人、久保田藩針醫、佐竹義厚公に仕ふ、稱龍宅。記載あり ②『佐竹藩の医薬史の研究 其の1~其の3』(吉成直太郎/著、1952、A490/8/1-3)資料番号:111527214 ⇒秋田県医師会雑誌に掲載されていたものをコピーして抜粋した冊子 其の2 p.234泉波元杏という人物が津川龍宅に教を受けたと記載あり     p.239医学頭 津川龍宅 文政十年から(会頭見習)と記載あり ③『経絡括要』(横山玄周/著、明徳館出版、文政10、49-アン/125/)資料番号:112341714 ⇒全文漢文で記載されている鍼灸の医学書 秋田醫官 津川龍宅 共校と記載あり 2、津川三益について ・津川重貞と記載されている資料はなかった。 ④『秋田の医史覚え書き 上』(石田秀一/著、1993.12、490/イア/郷)資料番号:129498036 ⇒p.31津川三益も安永の頃、鍼医として知られていた。と記載あり 回答プロセス:・「津川龍宅」にて全項目検索→1件ヒット ③の資料 ・郷土の医学490を中心にブラウジング ・調査したが該当する箇所がなかった資料 ☓⑤『佐竹藩の医薬史の研究 其の4~其の5』(吉成直太郎/著、A490/8/)資料番号:111527222 ☓⑥『秋田の医史覚え書き 下』(石田秀一/著,1994.2、490/イア/卿)資料番号:129498044 ☓⑦『秋田の医史』(石田秀一/著、1981.6、A490/59/)資料番号:111527628 ☓⑧『秋田医報 526号~549号』(秋田県医師会/編、1976.1~12、A490/34/526-549)資料番号:111527917 ⇒530号~533号『物語秋田県医師会史 佐竹藩時代(1)~(4)』石田秀一掲載 ☓⑨『佐竹家譜 下 第二十九世義和~第三十世義厚 総索引』(原武男/校訂、東洋書院、1989.8、288/ハサ/3郷)資料番号:111399432 事前調査事項:秋田県公文書館所蔵の「津河系図 蓮家寺由緒及世代」(資料番号AH288.2-41)あり。 幕末の家老日記である「宇都宮孟網日記」天保13年(1842)10月13日条に「御鍼医津川竜宅」とあり。 明治6年、士族の旧石高・役職・住所などを記載した「士族卒明細短冊」秋田町分に記載あり。 備考:受付方法:4/11、メール、天野

ブラック企業・ブラックバイト、労働基準法(神奈川県学校図書館員研究会)

1年「産業社会と人間」で調べ学習をする。テーマは、ブラック企業・ブラックバイト、労働基準法、産休・育休。 【ブラック企業・ブラックバイト】 『非正規って言うな! ブラックバイトからダイバーシティワーカーまで「多様な働き方」を論じる現代アルバイト学』平賀充記著 クロスメディア・マーケティング 2016 『ブラックバイト 学生が危ない』今野晴貴著 岩波書店(岩波新書1602) 2016 『ブラックバイトに騙されるな!』大内裕和著 集英社クリエイティブ 2016 『今日からワーキングプアになった 底辺労働にあえぐ34人の素顔』増田明利著 彩図社 2015 『ブラックバイト』大内裕和・今野晴貴著 堀之内出版 2015 『ドキュメント ブラック企業 「手口」からわかる闘い方のすべて』今野晴貴ほか著 筑摩書房(ちくま文庫) 2014 『ブラック企業のない社会へ 教育・福祉・医療・企業にできること』今野晴貴ほか著 岩波書店(岩波ブックレット905) 2014 『本当のホワイト企業の見つけ方 指標とランキングでわかる!』岸本吉浩著 東洋経済新報社 2014 『マンガでわかるブラック企業 人を使い捨てる会社に壊されないために』ブラック企業大賞実行委員会編 合同出版 2013 『働く人のためのブラック企業被害対策Q&A 知っておきたい66の法律知識』ブラック企業被害対策弁護団著 弁護士会館ブックセンター出版部LABO 2013 『ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪』今野晴貴著 文藝春秋(文春新書887)2012 『ルポ賃金差別』竹信三恵子著 筑摩書房(ちくま新書955)2012 『使い捨て店長』佐藤治彦編著 洋泉社(新書y) 2008 『ワーキングプア 日本を蝕む病』NHKスペシャル『ワーキングプア』取材班編 ポプラ社 2007 『搾取される若者たち バイク便ライダーは見た!』阿部真大著 集英社(集英社新書) 2006 『ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る』門倉貴史著 宝島社(宝島社新書) 2006 『労働ダンピング 雇用の多様化の果てに』中野麻美著 岩波書店(岩波新書) 2006 【労働基準法】 『図解による労働法のしくみ 第4版』國部徹著 自由国民社 2016 『ブラック企業に負けない! 学校で労働法・労働組合を学ぶ』川村雅則ほか著 きょういくネット 2014 『「武器」としての労働基準法 自分の時間、お金、権利を守る!』布施直春著 PHP研究所(PHPビジネス新書272) 2013 『イラストでわかる知らないと損するパート&契約社員の労働法 Ver.3』清水直子著 東洋経済新報社 2013 『図解いますぐできる小さな会社の就業規則と労働基準法がよ~くわかる本』北村庄吾、PSRネットワーク著 秀和システム 2012 『知っておきたい!働く時のルールと権利』籏智優子著 ぺりかん社(なるにはbooks別巻) 2010 『<働く>ときの完全装備 15歳から学ぶ労働者の権利』橋口昌治ほか著 解放出版社 2010 『労働法はぼくらの味方!』笹山尚人著 岩波書店(岩波ジュニア新書615)2009 『絶対トクする!学生バイト術 クイズに挑戦「これだけは知っておきたい」働くルール』角谷信一著 きょういくネット 2009 『はじめての労働法 法律をあなたの「お友達」の1人に 第2版』尾崎哲夫著 自由国民社 2008 『15歳のワークルール 仕事につくとき、仕事をするとき、辞めるとき知っておきたい32のルール』道幸哲也著 旬報社 2007 『中学・高校「働くルール」の学習 子どもたちにこれだけは教えたい』新谷威ほか著 きょういくネット 2005 【産休・育休】 (未解決) 参考資料:平賀充記 [著] , 平賀, 充記. 非正規って言うな! : ブラックバイトからダイバーシティワーカーまで「多様な働き方」を論じる現代アルバイト学. クロスメディア・マーケティング, 2016. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027633767-00, 9784844377559 参考資料:今野晴貴 著 , 今野, 晴貴, 1983-. ブラックバイト : 学生が危ない. 岩波書店, 2016. (岩波新書 新赤版 ; 1602) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027205445-00, 9784004316022 参考資料:大内裕和 著 , 大内, 裕和, 1967-. ブラックバイトに騙されるな!. 集英社クリエイティブ, 2016. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027431441-00, 9784420310758 参考資料:増田明利 著 , 増田, 明利, 1961-. 今日からワーキングプアになった : 底辺労働にあえぐ34人の素顔. 彩図社, 2015. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026768321-00, 9784801301078 参考資料:大内裕和, 今野晴貴 著 , 大内, 裕和, 1967- , 今野, 晴貴, 1983-. ブラックバイト. 堀之内出版, 2015. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026299855-00, 9784906708574 参考資料:今野晴貴, ブラック企業被害対策弁護団 著 , 今野, 晴貴, 1983- , ブラック企業被害対策弁護団. ドキュメントブラック企業 : 「手口」からわかる闘い方のすべて. 筑摩書房, 2014. (ちくま文庫 ; こ47-1) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025599887-00, 9784480432049 参考資料:今野晴貴, 棗一郎, 藤田孝典, 上西充子, 大内裕和, 嶋﨑量, 常見陽平, ハリス鈴木絵美 著 , 今野, 晴貴, 1983- , 棗, 一郎, 1961- , 藤田, 孝典. ブラック企業のない社会へ : 教育・福祉・医療・企業にできること. 岩波書店, 2014. (岩波ブックレット ; No.905) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025529706-00, 9784002709055 参考資料:岸本吉浩 著 , 山本昌弘 監修 , 岸本, 吉浩 , 山本, 昌弘, 1960-. 本当のホワイト企業の見つけ方 : 指標とランキングでわかる!. 東洋経済新報社, 2014. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025502674-00, 9784492223437 参考資料:ブラック企業大賞実行委員会 編 , 佐々木亮 法律監修 , 松元千枝, 古川琢也, 川村遼平 著 , 佐々木, 亮 , 松元, 千枝 , 古川, 琢也, 1976- , 川村, 遼平, 1986-. マンガでわかるブラック企業 : 人を使い捨てる会社に壊されないために. 合同出版, 2013. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024726854-00, 9784772611268 参考資料:ブラック企業被害対策弁護団 著 , ブラック企業被害対策弁護団. 働く人のためのブラック企業被害対策Q&A : 知っておきたい66の法律知識. 弁護士会館ブックセンター出版部LABO, 2013. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025035641-00, 9784904497135 参考資料:今野晴貴 著 , 今野, 晴貴, 1983-. ブラック企業 : 日本を食いつぶす妖怪. 文藝春秋, 2012. (文春新書 ; 887) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024050582-00, 9784166608874 参考資料:竹信三恵子 著 , 竹信, 三恵子, 1953-. ルポ賃金差別. 筑摩書房, 2012. (ちくま新書 ; 955) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023521233-00, 9784480066602 参考資料:佐藤治彦 編著 , 佐藤, 治彦, 1961-. 使い捨て店長. 洋泉社, 2008. (新書y) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009297370-00, 9784862482310 参考資料:NHKスペシャル『ワーキングプア』取材班 編 , 日本放送協会. ワーキングプア : 日本を蝕む病. ポプラ社, 2007. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008580035-00, 9784591098271 参考資料:阿部真大 著 , 阿部, 真大. 搾取される若者たち : バイク便ライダーは見た!. 集英社, 2006. (集英社新書) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008328266-00, 4087203611 参考資料:門倉貴史 著 , 門倉, 貴史, 1971-. ワーキングプア : いくら働いても報われない時代が来る. 宝島社, 2006. (宝島社新書) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008345466-00, 4796655336 参考資料:中野麻美 著 , 中野, 麻美, 1951-. 労働ダンピング : 雇用の多様化の果てに. 岩波書店, 2006. (岩波新書) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008342730-00, 4004310385 参考資料:國部徹 著 , 生活と法律研究所 編集 , 國部, 徹, 1960- , 生活と法律研究所. 図解による労働法のしくみ 第4版. 自由国民社, 2016. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027306702-00, 9784426120788 参考資料:川村雅則, 角谷信一, 井沼淳一郎, 笹山尚人, 首藤広道, 中嶌聡 著 , 川村, 雅則, 1974- , 角谷, 信一 , 井沼, 淳一郎, 1958-. 学校で労働法・労働組合を学ぶ : ブラック企業に負けない!. きょういくネット, 2014. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025884239-00, 9784876478453 参考資料:布施直春 著 , 布施, 直春, 1944-. 「武器」としての労働基準法 : 自分の時間、お金、権利を守る!. PHP研究所, 2013. (PHPビジネス新書 ; 272) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024307331-00, 9784569810966 参考資料:清水直子 著 ; 酒井和子 監修 , 清水直子 , 酒井和子. イラストでわかる知らないと損するパート&契約社員の労働法 Ver.3. 東洋経済新報社, 2013. (Illustrated guide book series) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I051409739-00, 4492105417 参考資料:北村庄吾, PSRネットワーク 著 , 北村, 庄吾, 1961- , PSRネットワーク. 図解いますぐできる小さな会社の就業規則と労働基準法がよ~くわかる本 : 最新の法令、書式に完全対応!. 秀和システム, 2012. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023506778-00, 9784798033259 参考資料:籏智優子 著 , 籏智, 優子, 1969-. 知っておきたい!働く時のルールと権利. ぺりかん社, 2010. (なるにはbooks ; 別巻) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010832338-00, 9784831512659 参考資料:橋口昌治, 肥下彰男, 伊田広行 著 , 橋口, 昌治 , 肥下, 彰男 , 伊田, 広行, 1958-. 〈働く〉ときの完全装備 : 15歳から学ぶ労働者の権利. 解放出版社, 2010. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011119285-00, 9784759267334(新版(2016)あり) 参考資料:笹山尚人 著 , 笹山, 尚人, 1970-. 労働法はぼくらの味方!. 岩波書店, 2009. (岩波ジュニア新書 ; 615) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010045000-00, 9784005006151 参考資料:角谷信一 著 , 広中建次 マンガ , 角谷, 信一 , 広中, 建次, 1954-. 絶対トクする!学生バイト術 : クイズに挑戦「これだけは知っておきたい」働くルール. きょういくネット, 2009. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010087172-00, 9784876477432 参考資料:尾崎哲夫 著 , 尾崎, 哲夫, 1953-. はじめての労働法 : 法律をあなたの「お友達」の1人に 第2版. 自由国民社, 2008. (3日でわかる法律入門) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009981916-00, 9784426106089(第5版(2015)あり) 参考資料:道幸哲也 著 , 道幸, 哲也, 1947-. 15歳のワークルール : 仕事につくとき、仕事をするとき、辞めるとき知っておきたい32のルール. 旬報社, 2007. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008462280-00, 9784845110216 参考資料:新谷威, 笹山尚人, 前澤檀 著 , 新谷, 威, 1956- , 笹山, 尚人, 1970- , 前澤, 檀, 1939-. 中学・高校「働くルール」の学習 : 子どもたちにこれだけは教えたい. きょういくネット, 2005. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007714721-00, 4876476624

船舶用エンジンについて、次のことがわかる資料を紹介してほしい。  ・船舶用エンジンを製作しているメーカー  ・各社が製造している船舶用エンジンの種類  ・各種船舶用エンジンのシェア率が高いメーカー  ・船舶用エンジン業界の動向(立命館大学図書館)

下記の資料を紹介した。 自館に所蔵していない資料については、所蔵館や閲覧方法もあわせて案内した。 ・『海運・造船会社要覧』 日刊海事通信社 ・ 日本舶用工業会HP ・『各国舶用機関の生産動向』 日本舶用工業会 ・『業種別審査事典』 金融財政事情研究会 ・『業種別業界情報』 経営情報出版社 ・「TDB業界動向」 『TDB report』 帝国データバンク ・『海事レポート』 国土交通省海事局 ・『舟艇工業の現状』 日本マリン事業協会  ・ 国道交通省 統計情報 ・『日本海事新聞』 ・『日刊海事通信』 ・『マリンエンジニアリング』 回答プロセス:1. 自館蔵書検索システム(RUNNERS-OPAC)で"船舶 会社""造船 会社""エンジン 会社"等を   キーワードにして検索したが、船舶用エンジンのメーカーに関連するものは見つからなかったため、   CiNii Booksで同様のキーワードで検索したところ『海運・造船会社要覧』を発見した。 発行元HPで「舶用工業」という項目が掲載されていることを確認した。 2. 上記『海運・造船会社要覧』にて「日本舶用工業会」という会があることがわかった。   日本舶用工業会のホームページでは、取扱製品から会員企業の検索が可能であり、   検索結果から各社ホームページへのリンクが貼られていた。  「製品キーワード検索」のキーワードを"機関"とすることで、   舶用機関や関連部品の取扱い企業に限定した検索が可能になる。 3. 日本舶用工業会発行資料に『各国舶用機関の生産動向』があった。   日本舶用工業会HP上では詳細がわからず、学内に所蔵もなかったため、Googleで誌名をキーワードに   検索したところ、松尾龍介氏の「技術革新の成果-船を支える様々な技術と日本企業」という論文を見つけた。   当該資料は各国生産量や企業別生産量を示す図の典拠となっていたため、利用者に紹介した。 4. 業界の動向については様々な業種の動向がまとまっている下記資料を利用者に紹介した。   「舶用機関製造業」(『業種別審査事典』第5巻所収)   「造船業」(『業種別業界情報』所収)   「造船」(『TDB業界動向』所収) 5. Googleで"舶用 動向"をキーワードにして検索したところ、国土交通省発行の『海事レポート』を発見し、  「舶用機関市場の動向」という項目があることを確認した。  当該項目掲載図の典拠に『舟艇工業の現状』とあったため、舶用機関ではないものの参考として   利用者に紹介した。 6. 統計情報として国土交通省HPの「海運・船舶・船員関係統計データ」ページを利用者に紹介した。 7. 業界動向の最新情報を知るための手段として、『日本海事新聞』と『日刊海事通信』の新聞を、   技術動向の参考資料として『マリンエンジニアリング』(日本マリンエンジニアリング学会/旧日本舶用機関学会) を利用者に紹介した。 参考資料:日刊海事通信社 [編] , 日刊海事通信社. 海運・造船会社要覧. 日刊海事通信社, 1970. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000097463-00, (最終アクセス:2017年9月19日) 参考資料:日本海事通信社(出版物_海運・造船会社要覧_立ち読み) http://www.kaijitsushin.jp/shuppan/kai_read.html, (最終アクセス:2017年9月8日 ※2018年4月2日をもって出版事業廃止 2018年5月22日確認 cache:www.kaijitsushin.jp/index.html) 参考資料:日本舶用工業会 http://www.jsmea.or.jp/, (最終アクセス:2017年9月7日) 参考資料:日本舶用工業会. 各国舶用機関の生産動向. 日本舶用工業会, 1900. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000083027-00, (最終アクセス:2017年9月19日) 参考資料:松尾龍介. 技術革新の成果-船を支える様々な技術と日本企業. 日本海事新聞社, 2013. 日本海事新聞 http://www.jpmac.or.jp/img/research/pdf/D201310.pdf, (最終アクセス:2017年9月7日) 参考資料:金融財政事情研究会 編 , 金融財政事情研究会. 業種別審査事典 第5巻 第13次. 金融財政事情研究会, 2016. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027020292-00, 9784322126488(最終アクセス:2017年9月19日) 参考資料:中小企業動向調査会 編著 , 中小企業動向調査会. 業種別業界情報 2017年版. 経営情報出版社, 2017. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I071970061-00, 9784874282342(最終アクセス:2017年9月19日) 参考資料:産業調査部情報企画課. TDB業界動向. 帝国データバンク. TDB report, ISSN 0919-5696, 参考資料:国土交通省海事局. 海事レポート = MLTI Maritime Bureau annual report. 国土交通省海事局, 2001. http://www.mlit.go.jp/statistics/file000009.html, (最終アクセス:2017年9月7日) 参考資料:日本マリン事業協会 , 日本舟艇工業会. 舟艇工業の現状. 日本マリン事業協会, 1975. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000099071-00, (最終アクセス:2017年9月19日) 参考資料:統計情報-国土交通省(海運・船舶・船員関係統計データ) http://www.mlit.go.jp/statistics/details/kaiun_list.html, (最終アクセス:2017年9月11日) 参考資料:日本海事新聞社. 日本海事新聞. 日本海事新聞社, 1942. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000057193-00, (最終アクセス:2017年9月19日) 参考資料:日刊海事通信社. 日刊海事通信. 日刊海事通信社, 1949. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011279938-00, (最終アクセス:2017年9月19日) 参考資料:日本マリンエンジニアリング学会. Marine engineering : journal of the Japan Institute of Marine Engineering = マリンエンジニアリング :日本マリンエンジニアリング学会誌. 日本マリンエンジニアリング学会, 2001., ISSN 13461427 https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jime/-char/ja/, (最終アクセス:2017年9月11日)

日本におけるカレーライスの作り方の変遷および日本人はなぜカレーライスが好きなのかについて調べたい。(近畿大学中央図書館)

下記の関連文献が所蔵されていた。 <図書> カレーライス進化論 / 水野仁輔[著] 東京 : イースト・プレス , 2017.5 . - (イースト新書Q ; Q029) カレーライスの謎 : なぜ日本中の食卓が虜になったのか / 水野仁輔著 角川SSコミュニケーションズ , 2008 (角川SSC新書 ; 040) ISBN:9784827550405 カレーライスの誕生 / 小菅桂子著 講談社 , 2002 (講談社選書メチエ ; 243) ISBN:4062582430 日本人はカレーライスがなぜ好きなのか / 井上宏生著 平凡社 , 2000 (平凡社新書 ; 066) ISBN:4582850669 カレーライスと日本人 / 森枝卓士著 講談社 , 1989 (講談社現代新書 ; 937) ISBN:4061489372 <国立国会図書館デジタルコレクション> 金光重哉 著『三厘一法講座』 (承天閣, 1926) 目次:牛肉のカレー・ライスの拵へ方 ​ http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/925528/46 (2018/05/22 確認) ほか、多数の資料がヒットする。 ​ 回答プロセス:卒業論文のために資料を探しているとのこと。 デジタルコレクション(国立国会図書館)で検索すると、調理方法が書かれた明治・大正期の文献を見つけることができた。 関連する所蔵文献を調査をした。 参考資料:コトバンク カレー料理 [日本大百科全書(小学館)] https://kotobank.jp/word/%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E6%96%99%E7%90%86-1519823#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29 (2018/05/22 確認), 参考資料:国立国会図書館デジタルコレクション(国立国会図書館) http://dl.ndl.go.jp/ (2018/05/22 確認), 参考資料:舶来事物起原事典 / 富田仁著 名著普及会 , 1987 ISBN:4895513122 p.66 カレーライス,

ページ