フィードアグリゲーター

たばこと健康について(神奈川県学校図書館員研究会)

1年生の保健の授業のまとめで、調べ学習を行う。まだ調べ学習をしたことがない生徒たちなので、わかりやすいものがよい。 テーマは次のとおり。 *たばこによる健康被害 *妊婦の(受動)喫煙 *たばこの有害物質 *たばこに関する法律 *依存性 『頑張らずにスッパリやめられる禁煙』川井治之 サンマーク出版 2017 『マンガで読む 禁煙セラピー』アレン・カー ぶんか社 2017 『タバコは全身病 完全版』淺野牧茂 少年写真新聞社 2015 『本当に怖い!薬物依存がわかる本』西勝英 西村書店 2014 *タバコについて10ページ程、記載あり 『ニュースに出てくる国際条約じてん 4 環境』彩流社 2014 *たばこ規制枠組条約について1ページ記載あり。 『タバコとわたしたち』大野竜三 岩波書店(岩波ジュニア新書) 2011 『タバコは全身病 女性編』少年写真新聞社 2010 『30日間「禁煙」プログラム』ダニエル・F.シードマン ワニ・プラス 2010 『イラスト版 禁煙セラピー』アレン・カー ロングセラーズ 2007 *依存性 『タバコは全身病 卒煙編』少年写真新聞社 2004 『女の子のための禁煙BOOK』阿部眞弓 メディアファクトリー 2003 『タバコいや!の絵本』北沢杏子 アーニ出版 2002 *ルビつきで読みやすい 『読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー』アレン・カー ロングセラーズ 1996 *依存性 雑誌「切抜き速報 健康りてらしい」 2017年9月号 受動喫煙ゼロへ~たばこの害を知ろう~ 2018年4月号 現代たばこ事情 雑誌「月刊ニュースがわかる」2017年11月号 *p18-21「こわい!たばこの煙」 【参考】 『依存症のすべて』廣中直行 講談社 2013 *タバコ依存に関する記述3ページあり 『喫煙と禁煙の健康経済学』荒井一博 中央公論新社(中公新書ラクレ) 2012 『10代のフィジカルヘルス 1 タバコ』加治正行、笠井英彦 大月書店 2005 参考資料:川井治之 著 , 川井, 治之. 頑張らずにスッパリやめられる禁煙. サンマーク出版, 2017. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028317616-00, 9784763135230 参考資料:アレン・カー 著 , 小野綾 監修・訳 , 桐ケ谷ユウジ マンガ , Carr, Allen, 1934-2006. マンガで読む禁煙セラピー. ぶんか社, 2017. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028008082-00, 9784821144495 参考資料:淺野牧茂 著 , 浅野, 牧茂, 1928-2014. タバコは全身病 完全版. 少年写真新聞社, 2015. (ビジュアル版新体と健康シリーズ) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026104049-00, 9784879814180 参考資料:西勝英 著 , 西, 勝英, 1937-. 本当に怖い!薬物依存がわかる本. 西村書店, 2014. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025404361-00, 9784890134458 参考資料:池上彰 監修 , こどもくらぶ 編 , 池上, 彰, 1950- , こどもくらぶ. ニュースに出てくる国際条約じてん 4 (環境). 彩流社, 2014. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025891556-00, 9784779150111 参考資料:大野竜三 著 , 大野, 竜三, 1940-. タバコとわたしたち. 岩波書店, 2011. (岩波ジュニア新書 ; 690. 〈知の航海〉シリーズ) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011244346-00, 9784005006908 参考資料:ダニエル・F.シードマン 著 , 太田美和子 訳 , Seidman, Daniel F. 30日間「禁煙」プログラム : コロンビア大学医療センター発 : 今度こそ本気で禁煙しようと考えている人へ. ワニ・プラス, 2010. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010983435-00, 9784847019296 参考資料:アレン・カー 著 , 阪本章子 訳 , Carr, Allen, 1934-2006. 禁煙セラピー : イラスト版. ロングセラーズ, 2007. (〈ムック〉の本) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009163404-00, 9784845407804 参考資料:タバコは全身病 : 卒煙編 : 煙よ!さようなら. 少年写真新聞社, 2004. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007483076-00, 4879811866 参考資料:阿部眞弓 文 , 阿部, 眞弓, 1953-. 女の子のための禁煙book : 美肌になれて、太らない!. メディアファクトリー, 2003. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004363741-00, 4840107963 参考資料:北沢 杏子/文 , 高橋 裕子/監修 , 今井 弓子/絵 , 林 千根/英訳 , 北沢‖杏子 , 高橋‖裕子 , 今井‖弓子 , 林‖千根. タバコいや!の絵本. アーニ出版, 2002. (薬物いや!シリーズ ; 1) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000338328-00, 4870011352 参考資料:アレン・カー/著 , 阪本 章子/訳 , Carr‖Allen , 阪本‖章子. 禁煙セラピー : 読むだけで絶対やめられる. ロングセラーズ, 1996. (ムックの本) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I011318653-00, 4845405059 参考資料:廣中直行 著 , 廣中, 直行, 1956-. 依存症のすべて = All About Addiction : 「やめられない気持ち」はどこから来る?. 講談社, 2013. (こころライブラリー) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024822547-00, 9784062594967 参考資料:荒井一博 著 , 荒井, 一博, 1949-. 喫煙と禁煙の健康経済学 : タバコが明かす人間の本性. 中央公論新社, 2012. (中公新書ラクレ = Chuko Shinsho La Clef ; 408) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023264185-00, 9784121504081 参考資料:加治正行, 笠井英彦 著 , 加治, 正行 , 笠井, 英彦, 1957-. タバコ. 大月書店, 2005. (10代のフィジカルヘルス ; 1) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007755235-00, 4272405314

原稿用紙の使い方が載っている本(神奈川県学校図書館員研究会)

中学校教諭からの質問。 かつては国語辞典の付録にも載っていたが、今は記載されていないとのことだった。 1)自校蔵書では、次の資料に記述があった。 『小論文これだけ!今さら聞けないウルトラ超基礎編』樋口 裕一 東洋経済新報社  2017 *「第2章 原稿用紙にきちんと文章を書けるようにしよう」p55-67 『大学入試 AO・推薦入試をひとつひとつわかりやすく。』樋口 裕一、和田 圭史 学研プラス  2017 *「原稿用紙の使い方」p12-13 『大学入試 小論文をひとつひとつわかりやすく。』伊藤 博貴 学研プラス  2016 *「原稿用紙の使い方」p24-29 『看護医療系の小論文』村本正紀編 文英堂 (シグマベスト)  2016 *「原稿用紙の使い方」p22-31、「続・原稿用紙の使い方 横書きの場合」p32-35 『作文に強くなる』馬場 博治 岩波書店(岩波ジュニア新書) 1993 *「原稿用紙の使い方」p187-190  『書く力をつけよう』工藤 信彦 岩波書店(岩波ジュニア新書) 1983 *「付録 原稿用紙の使い方」p180-188 2)公共図書館より、次の資料を紹介していただいた。 『お父さんが教える読書感想文の書きかた』赤木かん子 自由国民社 2009 『書く力が身につく 子どものための作文の本 3  感想文・観察文・生活文のコツ』ながたみかこ 汐文社 2008 『読書感想文がラクラク書けちゃう本』宮川俊彦 小学館 1999 『三省堂例解小学国語辞典』三省堂 1997 『文章の書き方の基本を身につける本』森脇逸男 中経出版 1997 『推薦入試のための受かる小論文の書き方 「原稿用紙の使い方」から「頻出テーマ別書き方」まで』樋口裕一 ごま書房 1996 『書いてみよう!たった一度の人生を賢くすごす武器 10代の教養図書館』久美沙織 ポプラ社 1995 *5行程度 p81 『作文大すき 6 報道文・感想文を書こう』荻原昭 国土社 1994 『読書感想文の本』大橋富貴子 文渓堂  1993 『原稿の書き方』尾川正二 講談社(講談社現代新書) 1976 *5ページ程度 p16 ほぼ言葉のみで説明。中学生には難しいか。 3)ネット情報では、次のようなページが参考になりそうだった。 論文指導(論文の書き方)>参考文献一覧  うちやま・かずや氏(台湾・育達商業科技大學人文社會學院應用日語系)のページより。 参考文献の中に、原稿用紙の書き方についての記述がある可能性がある。 http://web.ydu.edu.tw/~uchiyama/ron/ron_ref.html 4)レファ協で「原稿用紙」と検索すると、次のような事例があった。 原稿用紙に作文を書くときに、句読点が次の行の一番上にくる場合は前の行の最後のマスに入れてもよいとされているが、「・(ナカテン)」の場合はどうしたらよいのか知りたい。(島根県立図書館) http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000180135 縦書き原稿用紙の書き方について知りたい。(さいたま市立中央図書館) http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000132406 原稿用紙の書き方について、文章の内容ではなく、体裁について知りたい。(広島県立図書館) http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000061837 5)教科書ではどのように扱われているかを確認した。 中学の教科書に原稿用紙の書き方が載っている。 『国語1』光村図書 *1ページ程度 p292 資料>文章の推敲・原稿用紙の使い方 http://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/c_kokugo/material/1nen.html 「参考サイト」より Z会作文クラブ ゼロから学ぶ 作文の書き方>原稿用紙の使い方 https://www.zkai.co.jp/el/course/sakubun_club/sakubun-kakikata/genkouyoushi.html 小学校2年生の書写の教科書に掲載されている。 『二年 しょしゃ』光村図書  2 かん字の 書き方>げんこう用紙に 書く とき 〈国語〉 http://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/s_shosha/material/2nen.html 教科書・図書教材 よくある質問Q&A(東京書籍) Q1 促音・拗音などの小書きの仮名を原稿用紙に書くときのルールを教えてください。 https://www.tokyo-shoseki.co.jp/question/e/kokugo.html 参考資料:樋口裕一 著. 小論文これだけ! : 短大・推薦入試から難関校受験まで 今さら聞けないウルトラ超基礎編. 東洋経済新報社, 2017. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028381890-00, 9784492046142 参考資料:樋口裕一, 和田圭史 著. 大学入試AO・推薦入試をひとつひとつわかりやすく。. 学研プラス, 2017. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028373471-00, 9784053046680 参考資料:伊藤博貴 著. 大学入試小論文をひとつひとつわかりやすく。. 学研プラス, 2016. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027474733-00, 9784053043870 参考資料:村本正紀 編著. 看護医療系の小論文 : 専門学校受験. 文英堂, 2016. (シグマベスト) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027447362-00, 9784578250357 参考資料:馬場博治 著 , 馬場, 博治, 1929-. 作文に強くなる. 岩波書店, 1993. (岩波ジュニア新書 ; 220) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002256825-00, 400500220X 参考資料:工藤信彦 著 , 工藤, 信彦, 1930-. 書く力をつけよう : 手紙・作文・小論文. 岩波書店, 1983. (岩波ジュニア新書) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001642826-00, 参考資料:赤木かん子 著 , 赤木, かん子. お父さんが教える読書感想文の書きかた. 自由国民社, 2009. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010550828-00, 9784426107840 参考資料:ながたみかこ 文・絵 , ながた, みかこ, 1968-. 子どものための作文の本 : 書く力が身につく 3(感想文・観察文・生活文のコツ). 汐文社, 2008. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009307419-00, 9784811384597 参考資料:宮川俊彦 著 , 宮川, 俊彦, 1954-2014. 読書感想文がラクラク書けちゃう本 : 宮川俊彦のオタスケ授業. 小学館, 1999. (わかる!できる!のびる!ドラゼミ・ドラネットブックス. 日本一の教え方名人ナマ授業シリーズ) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002813477-00, 4092535090 参考資料:田近洵一 編 , 田近, 洵一, 1933-. 三省堂例解小学国語辞典. 三省堂, 1997. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002580141-00, 4385138001 参考資料:森脇逸男 著 , 森脇, 逸男, 1931-. 文章の書き方の基本を身につける本 : 小論文・作文・レポート・電子メールがスラスラ書ける. 中経出版, 1997. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002638461-00, 4806110701 参考資料:樋口裕一 著 , 樋口, 裕一, 1951-. 推薦入試のための受かる小論文の書き方 : 「原稿用紙の使い方」から「頻出テーマ別書き方」まで. ごま書房, 1996. (ゴマブックス) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002497195-00, 434101725X 参考資料:久美沙織 著 , 久美, 沙織, 1959-. 書いてみよう! : たった一度の人生を賢くすごす武器. ポプラ社, 1995. (10代の教養図書館 ; 24) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002398779-00, 4591047822 参考資料:畑島喜久生 編 , 荻原昭 著 , 畑島, 喜久生, 1930- , 荻原, 昭, 1927-. 報道文・感想文を書こう. 国土社, 1994. (作文大すき ; 6. 3・4年) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002314017-00, 4337262067 参考資料:大橋富貴子 著 , 鈴木れい子 画 , 大橋, 富貴子, 1916-. 読書感想文の本. 文渓堂, 1993. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002255002-00, 4938618915 参考資料:尾川正二 著 , 尾川, 正二, 1917-2009. 原稿の書き方. 講談社, 1976. (講談社現代新書) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001236791-00, 備考:URLの最終閲覧日は、いずれも2019年8月24日。

群馬県内の大きな木を調べたい。(高崎市立中央図書館)

群馬県内の代表的な巨樹としては次の樹木があります。 ・原町の大ケヤキ(東吾妻町 昭和8年国天然記念物指定) ・横室の大カヤ(前橋市 昭和8年国天然記念物指定) ・榛名神社の矢立スギ(高崎市 昭和8年国天然記念物指定) 以下、当館所蔵の資料です。 <群馬県全域> ぐんまの巨樹名花 琴寄融著 上毛新聞社事業局出版部 2009.4  天然記念物等の指定・所在地・樹齢・樹形等の記載あり。   西毛地区 37本   吾妻地区 32本   利根・沼田地区 26本   東毛地区 41本 群馬の巨樹・古木めぐり 群馬県緑化推進委員会編 群馬県緑化推進委員会 2005  各コース13本について、天然記念物等の指定・所在地・樹種・樹齢・樹形の記載あり。   西毛方面コース   吾妻方面コース   利根・沼田方面コース   東毛方面コース ぐんまの巨樹巨木ガイド 第49回全国植樹祭群馬県実行委員会編 上毛新聞社 1999.2  環境庁が昭和63年度にまとめた「巨樹巨木林調査」に基づくもの。  県内の1005本について、所在地・天然記念物等の指定・樹齢・樹高・幹周の記載あり。 もくもく みどりの群馬推進室編 群馬県造林協会 1995.11  緑化広報誌“グラフみどりの群馬”創刊10周年を記念して、連載記事「群馬の巨樹・名木」をまとめたもの。  県内の42本について、所在地や大きさ等の解説のほか、掲載号の記載あり。 巨樹・名木巡り 群馬県 安盛博著 牧野出版 1989.3  県内の133本について、所在地・大きさ・天然記念物等の指定の記載あり。 <県内一部地域>  富士見村の樹木 富士見村教育委員会 1989.3  富士見村にある名木・巨木151本を紹介。  “富士見村の樹木位置図”あり。 境町の古木・銘木 境町教育委員会編 境町教育委員会 1988.3  境町にある古木・銘木298本に加えて林や竹林等も紹介。   境地区 38本   采女地区 72本   剛志地区 80本   島村地区 71本   東地区 37本 関東周辺の巨樹を歩く 永瀬嘉平著 書苑新社 1996.7  薄根の大クワ   カラー写真 p.66-67   解説 p.68  入山世立のシダレグリ   解説 p.92   カラー写真 p.94 本朝巨木伝 牧野和春著 工作舎 1990.9  養蚕の神 薄根の大桑 p.84-93   殿様拝領の松 萩原の大笠松 p.117-124  横室の大ガヤ 巻末“日本全国、各都道府県の巨樹・巨木マップ”上に名前のみ記載。 <雑誌> みーつけた 平成出版 連載記事「誇る!群馬の巨樹・古木(初回のみ巨樹&古木)」を2014年2月より毎年掲載。  293号   連取の笠松(伊勢崎市)   横室の大榧(前橋市)   水宮神社の大欅(藤岡市)   浄蔵寺の大銀杏(太田市)   人助けの大榧(渋川市)  305号 第2弾   発知のヒガンザクラ(沼田市)   新田神社のケヤキ(太田市)   相生のマツ(桐生市)   貫前神社のスダジイ(富岡市)   萩原の大笠松(高崎市)   安中の杉並木(安中市)  317号 第3弾   薄根の大クワ(沼田市)   原町の大ケヤキ(東吾妻町)   市場の大ケヤキ(太田市)   高崎公園のハクモクレン(高崎市)   三夜沢赤城神社のたわらスギ(前橋市)  329号 第4弾   野の大クスノキ(桐生市)   大室公園のコナラ(前橋市)   神行阿弥陀堂の大サクラ(上野村)   頼母子薬師堂のシダレザクラ(板倉町)   波志江の大シイ(伊勢崎市)  343号 第5弾   ツツジの古木群(館林市)   土橋のおかめ桜(桐生市)   藤生沢のお角桜(桐生市)   行人塚の芋植え桜(高崎市)   針山の天王桜(片品村)  354号 第6弾   村主の大ケヤキ(みなかみ町)   御殿ザクラ(沼田市)   小中のムレスギ(みどり市)   桐生大炊介手植のヤナギ(桐生市)   榛名神社の矢立スギ(高崎市) 回答プロセス:以下の資料には、巨樹に関する記述はあるが、個別の樹木についての説明は見当たらなかった。  巨樹、巨木の実態 群馬県 見城卓著 見城卓 2003   天然記念物や名木、要治療木等、名前が紹介されている程度で詳しい説明は無し。 参考資料:琴寄融 著 , 琴寄, 融. ぐんまの巨樹名花 : 散策ガイドブック. 上毛新聞社事業局出版部, 2009. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010284805-00, 9784863520110(当館資料番号 117210757) 参考資料:群馬県緑化推進委員会. 群馬の巨樹・古木めぐり. 群馬県緑化推進委員会, 2005., (当館資料番号 410445027) 参考資料:第49回全国植樹祭群馬県実行委員会 編. ぐんまの巨樹巨木ガイド. 上毛新聞社, 1999. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002789074-00, 4880587184(当館資料番号 117075333) 参考資料:群馬県造林協会 編 , 群馬県造林協会. もくもく : 群馬の巨樹・名木. 群馬県造林協会, 1995. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I080963709-00, (当館資料番号 117035147) 参考資料:安盛 博 著 , 安盛‖博. 群馬県巨樹・名木巡り. 1989. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I025440174-00, 4895000028(当館資料番号 117115782) 参考資料:富士見村教育委員会 (群馬県) , 富士見村郷土研究会. 富士見村の樹木. 富士見村教育委員会, 1989. (村の歴史シリーズ ; 第9集) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002827903-00, (当館資料番号 510108392) 参考資料:境町教育委員会 編 , 境町教育委員会 (群馬県). 境町の古木・銘木. 境町教育委員会, 1988. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002115576-00, (当館資料番号 111294310) 参考資料:永瀬嘉平 写真・文 , 永瀬, 嘉平, 1940-. 巨樹を歩く : 関東周辺の. 書苑新社, 1996. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002570382-00, 4915125750(当館資料番号 710336785) 参考資料:牧野和春 著 , 牧野, 和春, 1933-. 本朝巨木伝 : 日本人と「大きな木」のものがたり. 工作舎, 1990. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002128092-00, 4875021704(当館資料番号 110863289) 参考資料:誇る!群馬の巨樹&古木. 平成出版, 2014. みーつけた 293号 p. 4-9, (当館資料番号 157001132) 参考資料:誇る!群馬の巨樹・古木 第2弾. 平成出版, 2015. みーつけた 305号 p. 4-9, (当館資料番号 157006024) 参考資料:誇る!群馬の巨樹・古木 第3弾. 平成出版, 2016. みーつけた 317号 p. 4-9, (当館資料番号 157010158) 参考資料:誇る!群馬の巨樹・古木 第4弾. 平成出版, 2017. みーつけた 329号 p. 4-9, (当館資料番号 157016999) 参考資料:誇る!群馬の巨樹・古木 第5弾. 平成出版, 2018. みーつけた 343号 p. 4-9, (当館資料番号 157024423) 参考資料:誇る!群馬の巨樹・古木 第6弾. 平成出版, 2019. みーつけた 354号 p. 4-9, (当館資料番号 157027608)

尼崎市域の武庫川洪水の歴史について知りたい。(尼崎市立地域研究史料館)

古代から中世にかけての尼崎の洪水については、摂津国に関する大風や高潮の記録から類推するほか無く、武庫川洪水による被害の状況が具体的に判明するのは江戸時代以降のことです。武庫川では正徳2年(1712)、元文5年(1740)、慶応元年(1865)などに大きな洪水がおこりました。 正徳2年(1712)7月3日には、常吉村北西の堤防93間(約170m)と西昆陽村西の堤防180間余りが切れて洪水となり、決壊箇所の南東約4㎞の上ノ島村でも床面あるいは床上2、3尺まで水に浸かる程でした。西昆陽村の集落西側の田地は残らず砂入りになり、その南の村々(常松・常吉・武庫庄・西富松)でも微高地の集落を除き低地の田地のほとんどに土砂が流れ込みました。この洪水の被害は市域南部の庄下川・蓬川流域にも及び、西難波・竹谷・別所・長洲の村々で堤切れが発生。尼崎城下では竹谷御門の土橋が崩れ、庄下川に架かる庄下川橋・不明橋・西大手橋と築地町の大黒橋が流されました。 元文5年(1740)閏7月1日、前月に現宝塚市伊孑志町と西宮市南部国道2号付近の武庫川西岸堤防が決壊したのに続き、この日西岸の現西宮市域では現山陽新幹線及び国道2号付近の計5か所で合わせて270間(約490m)にわたり堤防が決壊し、下流村々が濁流に押し流されました。東岸の現尼崎市域でも水が堤防を越えて流れたようですが、被害の詳細は不明です。 慶応元年(1865)閏5月29日、昼過ぎと深夜に、現在のJR神戸線辺りの東岸、山田新田の堤防200間余りが決壊し、現尼崎市域西部、JR神戸線以南の村々はもとより、尼崎城下でも床上2、3尺の水が押し寄せる大惨事となりました。明治18年(1885)測量の地形図でも、武庫川の東側堤防沿いに復旧の進んでいない耕地が広範囲に見られます。 近代に入ると、明治30年には武庫川増水時に高潮が重なり、現阪神武庫川駅南方の堤防が決壊していますが、これ以降は武庫川の大規模な洪水被害は発生していません。 回答プロセス:1 古代から1940年代頃までの水害記録を集めて掲載した文献 ◆『尼崎水害史料』(尼崎市史編集資料No.7,尼崎市史編集事務局,1963)  同書掲載の正徳2年(1712)及び慶応元年(1865)の武庫川洪水に関する記録や明治期以降の水害記録は、具体的な被害箇所や決壊場所等を記録している。 2 水害記録や絵図を掲載・解説する新「尼崎市史」等の文献 ◆「慶応元年武庫川大洪水」(岩城卓二-いわきたくじ-執筆、『図説尼崎の歴史』上巻/WEB版 図説尼崎の歴史 近世編第四節3)  内田繁氏文書等をもとに、慶応元年の武庫川洪水被害・決壊箇所等を解説している。 http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/03kinsei/kinsei4-3.html ◆寺田匡宏「近世民衆の見た災害と復興-「慶応元年武庫川切れ洪水記録」をめぐって-」  尼崎市立地域研究史料館紀要『地域史研究』第28巻第3号(1999.3)掲載  上記『図説尼崎の歴史』項目のもとになった論文。   ◆『たどる調べる尼崎の歴史』下巻(尼崎市,2016)  第3部第4章第2節6「村絵図」執筆者:地域研究史料館  享保2年(1717)「水堂村七ツ松村双方相絵図」(常吉部落有文書、正徳2年の武庫川決壊箇所を記録する。 3 洪水被害の痕跡を記す地形図 ◆明治18年(1885)測量二万分の一仮製地形図「尼崎」 参考資料:尼崎水害史料. 尼崎市史編集事務局, 1963. (市史編集資料 ; no.7) http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007949123-00, (当館請求記号 219/A/ア) 参考資料:尼崎市立地域研究史料館/編集 , 尼崎市立地域研究史料館. 図説尼崎の歴史 : 尼崎市制九〇周年記念 上巻. 尼崎市, 2007. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005908614-00, (当館請求記号 219/A/ア) 参考資料:寺田匡宏. 近世民衆が見た災害と復興-「慶応元年武庫川切れ洪水記録」をめぐって-. 1999.3. 尼崎市立地域研究史料館紀要『地域史研究』 第28巻第3号, 参考資料:尼崎市立地域研究史料館/編集 , 尼崎市立地域研究史料館. たどる調べる尼崎の歴史 : 尼崎市制100周年記念 下巻. 尼崎市, 2016. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I071917156-00, (当館請求記号 219/A/ア) 参考資料:大日本帝國參謀本部陸軍部測量局/明治18年測量、仮製地形図「尼崎」, (当館請求記号 H-189-1)

楊枝について知りたい。(近畿大学中央図書館)

以下の資料がみつかった。以下のサイトアクセスは、全て2017年9月12日である。 <事典> コトバンク 楊枝 ようじ 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説 https://kotobank.jp/word/%E6%A5%8A%E6%9E%9D-145681#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29  <図書> 丹羽源男著『楊枝の今昔史』 書林 1984.6 http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001690955-00 稲葉修著『楊枝から世界が見える-楊枝文化と産業史-』 冬青社,1998 http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA38105719 丹羽 源男「楊枝から世界が見える-楊枝文化と産業史-, 稲葉修著, 冬青社発行, 総頁数287頁, 定価1,800円」 日本歯科医史学会会誌 23(1), 98, 1999-09-30 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007158157/ http://ci.nii.ac.jp/els/contents110007158157.pdf?id=ART0009109752 ※上記、稲葉氏の図書の書評。 丹羽 源男 「「Folklore of the teeth」にみる楊枝 (その1)」歯医史 1986 12 159-164 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007155589/ 丹羽 源男 「「Folklore of the teeth」にみる楊枝(その2)」日本歯科医史学会会誌 1986-06-25 12 4 227-232 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007155599/ 丹羽 源男 「「Folklore of the teeth」にみる楊枝(その3)」日本歯科医史学会会誌 1986-06-25 12 4 233-237 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007155598/ 丹羽 源男「民間信仰にみる楊枝の呪術性 : 柳田国男の著作を中心に」日本歯科医史学会会誌 1985-01-20 11 2 6-11 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007155487/ 稲葉 修 「和菓子研究 楊枝の歴史と黒文字」 和菓子 (13), 52-61, 2006-03 回答プロセス:CiNiiで関連文献を紹介。近隣図書館の所蔵も確認。 ジャパンナレッジで、見出し、全文検索ができること、日本古典文学全集、東洋文庫などの全文検索も可能であるため、「楊枝」の使用例についても調査ができることを案内。

ロングフェロー,ヘンリー・ワズワースの詩について解説が見たい。(豊中市立図書館)

ロングフェロー,ヘンリー・ワズワース(Henry Wadsworth Longfellow)は1807生まれ1882年没、アメリカ メイン州ポートランド生まれ の詩人。 下記資料を提供し、市内所蔵資料と大阪府立図書館所蔵資料をご紹介した。 『アメリカ文学作家作品事典』(本の友社)pp.792-795 作家解説の中で各作品の特徴に触れている。別記載で『ハイアワサの歌』について1ページ弱記述あり。 『集英社世界文学大事典 4』(集英社)pp.924-925 作家解説の中で各作品の特徴に触れている。 『ハイアワサの歌』(作品社) 『エヴァンジェリン 哀詩』(岩波書店) 『アメリカ文学作家シリーズ 第7巻』 『人生の詩篇  手島郁郎 英詩講話』(キリスト聖書塾) 『世界名詩集大成 11 アメリカ』(平凡社) 回答プロセス:質問者のメモに書いてあった「ヘンリ・ウォズワース・ロングフェロー」で著者名検索をしたがヒットせず、「ロングフェロー」で検索をやり直すと該当があった。最初、「イギリスのワーズワースと似てるけど違う」とおっしゃったのでイギリス文学の資料を探してしまったが出てこず、インターネットで調べて19世紀のアメリカの詩人とわかり、アメリカ文学関係の事典を調べた。 参考資料:『アメリカ文学作家作品事典』 D.L.Kirkpatrick/[編] 本の友社, (pp.792-795) 参考資料:『集英社世界文学大事典 4』 世界文学大事典編集委員会/編 集英社, (pp.924-925)

東大寺の大仏は、台座だけが創建当時のもので、世界遺産に指定されているのも大仏の台座だけと聞いたが本当か。書籍の資料の形で確認したい。(豊中市立図書館)

『ユネスコ世界遺産年報1999』に、世界遺産リストに登録された「古都奈良の文化財」は、奈良市域北部に所在する8箇所の遺産から構成される、と記載あり。 『世界遺産年報 No.15(2010)』にも、「構成資産は東大寺、興福寺、春日大社、春日山原始林、元興寺、薬師寺、唐招提寺および平城宮跡の8か所となっている」との記載があり、東大寺の大仏様の台座だけが世界文化遺産に指定されているということはない。 回答プロセス:◆『世界遺産データ・ブック 1999年版』古田 陽久監修/シンクタンクせとうち総合研究機構/1999.1/709(003442431) →世界遺産データブックによると、東大寺は1998年12月に「古都奈良の文化財」の一部として世界文化遺産に登録されている。 ◆『ユネスコ世界遺産年報1999』日本ユネスコ協会連盟編/日本ユネスコ協会連盟/1999.3/709(003444239) →『ユネスコ世界遺産年報1999』にはP.7「今回、世界遺産リストに登録された「古都奈良の文化財」は、奈良市域北部に所在する8箇所の遺産から構成される」とある。 ◆『世界遺産年報 No.15(2010)』日本ユネスコ協会連盟編/日本ユネスコ協会連盟/2009.12/709(701287641) →「平城遷都1300年 古都奈良の文化財」の記事にも、「構成資産は東大寺、興福寺、春日大社、春日山原始林、元興寺、薬師寺、唐招提寺および平城宮跡の8か所となっている」との記載あり。 ◇文化遺産オンライン(HP)(http://bunka.nii.ac.jp/special_content/hlink7 ) 世界遺産と無形文化財 > 世界遺産一覧表 記載推薦書 →上記の文化庁のwebサイトにて「古都奈良の文化財」の世界遺産一覧表記載推薦書が公開されている。 この推薦書の「3.資産の内容」の章の「b.内容説明」に、「古都奈良の文化財」として世界遺産登録に推薦される資産についての下記の説明あり、東大寺がその収蔵品ではなく、寺院として世界文化遺産に推薦されていることがわかる。 「今回推薦対象とする試算は「条約」第1条の定義による建造物群と遺跡、および「作業指針」第39節に定めるところの文化的景観の三者をあわせて構成される。 その内訳は、5箇所の寺院と各1箇所の神社・原始林・宮殿遺跡の計8箇所で、寺社には78棟の建築物が含まれている」(P.12)  また、推薦される資産として東大寺の資産内容の説明の中に、法華堂、南大門などの建造物と同列に、「金堂(大仏殿)及び銅造盧舎那仏坐像(大仏)」が挙げられていることからも、「銅造盧舎那仏坐像(大仏)」の台座のみが指定されているということはないと考えられる。なお、台座については、現在の大仏は「胴体下部から台座にかけてなどに、創建当初の部分が広範囲に残る」という記載がある。 この世界遺産一覧表記載推薦書が掲載されている書籍資料を探したが、見つからず。 ◇奈良市(ホームページ)(http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1147422226008/) 奈良市トップページ > 議会・委員会 > 教育委員会 > 文化財 > 奈良市の文化財 > 世界遺産 > 「古都奈良の文化財」の概要 上記に、「古都奈良の文化財」の構成に関する説明文(以下抜粋)があり、世界文化遺産の指定は大仏の台座だけではなく8つの寺社および神社、遺跡、原始林などの構成要素がまとめて世界遺産に指定されていることが記されている。 「世界遺産リストへの登録にあたっては、各資産が個別に評価されたのではありません。8遺産全体で物語っている奈良の歴史や文化の特質が評価されました。「古都奈良の文化財」という名称で、全体がひとつの文化遺産として登録されていることが、それをよく表しています」 参考資料:世界遺産データ・ブック1999年版古田 陽久/監修シンクタンクせとうち総合研究機構, 参考資料:ユネスコ世界遺産年報No.4(1999)日本ユネスコ協会連盟/編日本ユネスコ協会連盟, 参考資料:世界遺産年報No.15(2010)日本ユネスコ協会連盟/編日本ユネスコ協会連盟,

配偶者を亡くした、癒してくれる本を探して欲しい(豊中市立図書館)

以下の分類の本を提供した。 114.2 哲学→人間学→人生論・生死  『死別の悲しみを癒す本』 141.6 心理学→情動           『悲嘆学入門 死別の悲しみを学ぶ』 146.8 心理学→カウンセリング     『死別を体験した子どもによりそう 沈黙と「あのね」の間で』 18△、19△→宗教的癒し         『いのち輝け 上 親鸞への道』 369 社会福祉               『がん告知そして家族が介護と死別をのり越えるとき』 490.1 医学→医学哲学         『グリーフケア 死別による悲嘆の援助』 492.9 看護学               『よく聴きよくみる癒しの法則』 493.7 精神医学             『死別からの恢復』 914、915、916 体験談等       『そうか、もう君はいないのか』                          『妻を看取る日 国立がんセンター名誉総長の喪失と再生の記録』                          『やまない雨はない 妻の死、うつ病、それから…』 件名「グリーフケア」でも探せる。 グリーフとは、死別経験で喪失と立ち直りに揺れる状態、この人に寄り添うことをグリーフケアという。 参考資料:『死別の悲しみを癒す本』 賀来 弓月/著 PHP研究所, 参考資料:『悲嘆学入門』 坂口 幸弘/著 昭和堂, 参考資料:『やまない雨はない』 倉嶋 厚/著 文芸春秋, 参考資料:『死別を体験した子どもによりそう』 西田 正弘/著 梨の木舎, 参考資料:『いのち輝け 上』 中村 了権/聞書 同朋舎, 参考資料:『がん告知そして家族が介護と死別をのり越えるとき』 バリー・J.ジェイコブス/著 星和書店, 参考資料:『グリーフケア』 高橋 聡美/編著 メヂカルフレンド社, 参考資料:『死別からの恢復』 C・M・パークス/著 図書出版社, 参考資料:『そうか、もう君はいないのか』 城山 三郎/著 新潮社, 参考資料:『妻を看取る日』 垣添 忠生/著 新潮社,

「一寸木」と書いて、「チョッキ」と読む苗字の由来が知りたい。(豊中市立図書館)

「一寸木」と書いて、「チョッキ」と読む姓は、武田信玄からもらった「増樹」(マスキ)姓が元であるという説のほか、 武田五郎信光の末男十郎光經・分流して称した増坪氏が祖先であるという説、 武田氏家人の増城源八の子孫であるという説などをご紹介した。 回答プロセス:▽『日本姓氏大辞典 表記編』(角川書店)をひく 「一寸木」の項目に、チョッキの読みが紹介されている。一寸木(チョッキ)の姓氏分類は「当て字型」(当て字を用いた姓氏)と事象型(事柄、出来ごと、曰くなどから起こった姓氏)を併有するとだけある。 「一寸木」の読みは他にイスキ、チョウキ、チョットキ、チョットギ、マスキ、マスギ、マツキなどが挙げられている。(P.34)  なお『日本姓氏大辞典 解説編』(角川書店)には「一寸木」について記載なし。 ▽『姓氏家系大辞典』(角川書店)をひく。 『姓氏家系大辞典 第二巻(キ~ト)』(角川書店)で「チョッキ」をひくが、項目なし。そこで上記の『日本姓氏大辞典 表記編』の「一寸木」の他の読みで調べると、第三巻(ナ~ワ)に「一才木」と書いて「マスキ」と読む姓氏が立項されているが解説はなし(P.5562)。  なお『新編 姓氏家系辞書』(角川書店)には「一寸木」に関する記載なし。 ▽分類288の書架を確認する。 ●『日本人のルーツがさぐれる…の苗字辞典』丹羽 基二/著 ベストセラーズ1994(288.1) →「一寸木」の項目あり。読みは「チョッキ・マスキ」とある。神奈川県で会った一寸木姓の人物から聞き取った姓氏の由来が採録されている。チョッキのもとはマスキであり、本字は武田信玄から城を増やせという意味でいただいた「増樹」であるが、天目山で武田氏が滅んだときに祖先が「増木」に変え、その後さらにカモフラージュのために一寸木に改めた、祖先は武田五郎信光である、という説が紹介されている(P.164)。 再度、『姓氏家系大辞典』(角川書店)で「マスキ」をひくと、「増木」の項目に、マシキ條を見よとある(P.5562)。 「増木(マシキ)」の項目を参照すると、読みとして「マシキ」「マスキ」が挙げられ、「武田五郎信光の末男十郎光經・分流して増坪氏を稱す。子孫代々、武田氏の家臣たり」(P.5555~5556)とある。その後増坪を増松、増木と改めたとある。  また一説として、「当氏は武田氏の家人 増城源八の子孫。浪人して、増城を増木と改めしとも云ふ」(P.5556)ともある。増木から「一寸木」への変化については言及なし。 ▽県別の姓氏辞典を確認する。 ・『角川日本姓氏歴史人物大辞典 20 長野県姓氏歴史人物大辞典』 ・『角川日本姓氏歴史人物大辞典 14 神奈川県姓氏家系大辞典』 →ともに「一寸木」、「増木」、「増城」などの記載なし。 ▽武田氏家臣を辞典で確認する。 『戦国大名家臣団事典 東国編』(新人物往来社) 『武田氏家臣団人名辞典』(東京堂出版) →ともに「一寸木」、「増木」、「増城」などの記載なし。 なお『姓氏家系大辞典』(角川書店)の「一才木」(マスキ)について、『日本姓氏大辞典 表記編』で調べてみたが該当の姓氏はなかった。 参考資料:『日本姓氏大辞典表記編』 丹羽 基二/著 角川書店, 参考資料:『日本人のルーツがさぐれる…の苗字辞典』 丹羽 基二/著 ベストセラーズ, 参考資料:『姓氏家系大辞典 第3巻』 太田 亮/編 角川書店,

芋煮の由来や作り方について、知りたい(豊中市立図書館)

『たべもの日本史』『日本料理語源集』 サトイモを使った野外会食料理。山形県が有名。 『山形県の歴史散歩』 保存の難しいサトイモを食べる風習は昔から、各地にあったようだが、戦後、主に山形で芋煮会として広まった。 サトイモは古来から「芋煮神事」などで、儀礼的供え物として尊ばれてきた。 『日本を知る事典』『日本宗教事典』 『旬の食材 [6]』には、「秋の風物詩 芋煮会」2ページに渡り、紹介されている。 「芋棒煮」として、レシピあり。元祖芋煮は京都から運んできた棒だらと煮込むものであった、とのこと。 最近は牛肉や豚肉を使うのが一般的。 他にレシピの載ってる本 『郷土料理のおいしいレシピ 東日本編』:子ども向けで芋煮の由来とわかりやすい作り方付き 『おうちで本格鍋料理』 『日本の食生活全集 6 聞き書 山形の食事』 S.63刊だが、 「いも子汁」「いもご煮」「いもの子汁」など、同じサトイモを使った料理は出てくるが、少し違うようである。 付録の月報№23に戸川幸夫さんがS.7年頃のいわゆる「芋煮会」の思い出を綴っている。すでに河原で懇親会の今と同じ風景のようである。 参考資料:『たべもの日本史総覧』 西山 松之助/ほか著 新人物往来社, 参考資料:『日本料理語源集』 中村 幸平/著 光琳社出版, 参考資料:『山形県の歴史散歩』 山形県の歴史散歩編集委員会/編 山川出版社, 参考資料:『日本を知る事典』 大島 建彦/[ほか]編 社会思想社, 参考資料:『日本宗教事典』 小野 泰博/[ほか]編 弘文堂, 参考資料:『旬の食材 [6]』 講談社/編 講談社, 参考資料:『郷土料理のおいしいレシピ』 東日本編 教育画劇, 参考資料:『おうちで本格鍋料理』 出倉 吾朗/著 東京書籍, 参考資料:『日本の食生活全集 6』 農山漁村文化協会,

「恩送り(ペイ・フォワード)」について、いつ始まったのか、どんな手順で行うのかを知りたい。(埼玉県立久喜図書館)

下記の資料を紹介した。 『菅原伝授手習鑑』(林京平編著 白水社 1989)  p208-246「寺子屋の場」  p242に「親に代わって恩送り」とあり。 「余録:井上ひさしさんは中学生時代、岩手県一関市の本屋で・・・」(『毎日新聞縮刷版2011年1月号』 2011.2)  恩送りが使われた時代についての記述あり。また、「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」(新潮文庫)が記す話として、米映画「ペイ・フォワード」や漫画タイガーマスクについての記述あり。 『なぜかうまくいっている女の心のもち方』(有川真由美著 PHP研究所 2013)(県内公共図書館所蔵)  p187-192「恩送りを知っている」   「恩送り」という言葉、恩送りの方法についての記述あり。 『非常識力』(中村文昭著 PHP研究所 2007)(県内公共図書館所蔵)  p72-74 「「恩返し」よりも「恩送り」」   恩送りの方法についての記述あり。 『ペイ・フォワード』(キャサリン・ライアン・ハイド著 法村里絵訳 角川書店 2002)(県内公共図書館所蔵)  p414-418「あとがきにかえて キャサリン・ライアン・ハイドインタヴュー」にペイ・イット・フォーワードの概念についての記述あり。 (注)『ペイ・フォワード』は、「Pay It Forward」2000年製作のアメリカ映画の原作。 『今日の「いのち」のつかい方』(日野原重明著 主婦の友社 2008)(県内公共図書館所蔵)  p10-20 「人からもらったやさしい善意を困っている人に、おすそ分け。「ペイフォワード」教え」にペイフォワードについての記述あり。  『実学としてのアメリカ文学研究 歴史・人物・作品・映画から学んだこと』(橋本賢二編著 大阪教育大学米文学研究室 2008)  p140-145 田中恵美著「ペイ・フォワード トレヴァーから学んだこと」 ペイ・フォワードの方法等についての記述あり。 回答プロセス:1 《国会図書館リサーチ・ナビ》(http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/ 国会図書館)を〈恩送り〉で検索する。 《レファレンス協同データベース》(http://crd.ndl.go.jp/reference/) 「井上ひさしの「恩送り」という文章が掲載されている資料は何ですか?」(http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000024975 )(管理番号:茨228)の参考資料『井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』(井上ひさし述 文学の蔵編 本の森 1998)を確認する。 2 《Google ブックス》(http://books.google.co.jp/ Google)を〈恩送り〉で検索する。 『リーダーのための「レジリエンス」入門』(久世浩司著 PHP研究所 2015)(県内公共図書館蔵)  p114 英語で、「ペイ・イット・フォーワード(Pay it forward)といわれる「恩送り」の行為とあり。   恩送りの意味についての記述に『ペイ・フォワード』という映画のテーマにもなっているとあり。 3 《聞蔵IIビジュアル》(朝日新聞社)を〈ペイ・フォワード〉で検索する。 「(声)優しさが連鎖していく世の中に(オピニオン2016) 」(朝日新聞 朝刊 2015年10月8日)  「ペイフォワード」(恩送り)という言葉の記述あり。 4 《毎索》(毎日新聞社)を〈ペイ・フォワード〉で検索する。   5 《ヨミダス歴史館》(読売新聞社)を〈ペイ・フォワード〉で検索する。 「JICA国際協力中学生エッセイ 最優秀賞3作品決定」(読売新聞 東京朝刊 2015年2月20日 23面)  JICA理事長賞受賞の岩沼市立岩沼中の高橋怜さんの「ペイ・フォワードと世界の未来」について、「ペイ・フォワード」という言葉をかけられたというアメリカでの体験との記述あり。 6 《Google》(https://www.google.co.jp/ Google)を〈恩送り〉で検索する。 《Wikipedia》 「恩送り」(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%A9%E9%80%81%E3%82%8A ウィキメディア財団)  恩送りについて、江戸時代では普通にあり、例えば、『菅原伝授手習鑑』の「寺子屋の段」に表現がみられるとあり。  英語圏では「お恩送り」に相当する概念が「pay it forward」の表現で再認識され、『ペイフォワード 可能の王国』が書かれ、「ペイ・イット・フォワード財団」が設立されたとあり。 7 上記ウェブサイトに記載されていた文献『非常識力』、『ペイ・フォワード』と情報を調べる。 8 自館目録で〈恩送り〉を検索する。 『99のなみだ・星』(リンダブックス編集部 泰文堂 2010)(県内公共図書館所蔵)  p122-141 田中孝博著「恩送り」   9 自館目録で〈ペイフォワード〉を検索する。 10 自館目録で〈菅原伝授手習鑑〉を検索する。 ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2019年8月7日。 参考資料:『菅原伝授手習鑑』(林京平編著 白水社 1989), 4-560-03286-6 参考資料:『毎日新聞縮刷版2011年1月号』(毎日新聞社 2011.2), 参考資料:『なぜかうまくいっている女の心のもち方』(有川真由美著 PHP研究所 2013), 9784569679600 参考資料:『非常識力』(中村文昭著 PHP研究所 2007), 4-569-69241-9 参考資料:『ペイ・フォワード』(キャサリン・ライアン・ハイド著 法村里絵訳 角川書店 2002), 4-04-290501-3 参考資料:『今日の「いのち」のつかい方』(日野原重明著 主婦の友社 2008), 4-07-258253-0 参考資料:『実学としてのアメリカ文学研究 歴史・人物・作品・映画から学んだこと』(橋本賢二編著 大阪教育大学米文学研究室 2008),

秋田県内で撮影されたり、秋田県が物語の舞台となった映画について調べている。映画についてまとめられた資料はあるか。(秋田県立図書館)

秋田県内で撮影、または秋田県が舞台となった映画についてまとめられた目録等の資料は当館では所蔵が確認できず。 下記資料では秋田県でのロケーション等の記載はあるが、映画だけではなく舞台、興行や映画館などの記載もある資料となる。 『映画街・演劇街 秋田県興行史』(佐藤清一郎/著、1976.11、770/サエ/郷)資料番号:124176868【貸出可】 その他、秋田県立図書館デジタルアーカイブでは当時の「秋田魁新報」のロケーションを行った旨の記事が確認できる。 回答プロセス:所蔵資料検索にて「映画」をキーワードに検索。 下記資料が該当。 『映画街・演劇街 秋田県興行史』(佐藤清一郎/著、1976.11、770/サエ/郷)資料番号:124176868 秋田でのロケーション等の記載あり。映画だけではなく舞台や映画館に関することなどの記載も確認できる。 秋田県立図書館デジタルアーカイブにて「映画」をキーワードに検索。 当時の秋田魁新報の記事にてロケーションを行った旨の記載が確認できる。 秋田が舞台の映画、秋田で撮影された映画をまとめた目録等の資料やデータベースは確認できず。 事前調査事項:秋田フィルムコミッション研究会(http://afc.akitalink.com/)

南満州鉄道株式会社に勤めていた工藤鉄治(由利本荘市出身)という人物が昭和13年6月22日に亡くなっていると知人から聞いたが、どこで亡くなったのかを知りたい。(秋田県立図書館)

該当資料の発見に至らず。 回答プロセス:下記資料で調査。 工藤鉄治については確認できず。 ×『秋田県本荘市・由利郡戦歿者芳名録 満洲事変・支那事変・ノモンハン事件・大東亜戦争』(進藤樹之助/編、ツバサ広業、1978、393/シホ)資料番号:111399242 ×『秋田人名大事典』(秋田魁新報社/編集、秋田魁新報社、2000、280/アア/郷)資料番号:124250713 ×『秋田県紳士録』(秋田魁新報社/編、秋田魁新報社、1984、281.2/アア/郷)資料番号:128187168 ×『秋田県史 〔通史編〕第7巻 年表,索引編』(秋田県/編、1977、210/アア/7郷)資料番号:112128046 ×秋田県立図書館デジタルアーカイブ(キーワード「工藤鉄治」) 事前調査事項:由利本荘市出身までは分かっているが、詳しい出身地は分からない。

昭和51年4月に市町村「生涯教育奨励室(ブルーの窓口)」が設置されたが、「ブルーの窓口」の名称の由来を知りたい。(秋田県立図書館)

由来について記載された資料は確認できず。 回答プロセス:NDC分類370(教育関係)の郷土資料の書架をブラウジング。 該当資料の下記資料等には生涯教育奨励室(ブルーの窓口)についての記述はあるものの由来に由来についての記述は確認できず。 『わが秋田県の生涯教育 ―いまこうして進んでいる― 昭和51年度』(秋田県生涯教育推進本部/編、1976、A379/648/)資料番号:111501615 秋田県立図書館デジタルアーカイブにて「生涯教育奨励室」「ブルーの窓口」をキーワードに検索。 由来についての該当資料なし。

佐竹家臣である戸村家の家紋を調べたいが、掲載されている資料はあるか。(秋田県立図書館)

以下の資料を案内。 『新編佐竹氏一門・系図〈稿〉 苗字家を除く』(渡邉喜一/編著、東洋書院、2004.10、288/ワサ/郷)資料番号:124335795【貸出可】  ⇒p2 「口絵」家紋一覧に、戸村家の家紋の記載。   p137 「戸村氏系譜」で戸村氏家紋(歴代位牌の内より)が写真で掲載。 『秋田武鑑』(則道/原著、無明舎出版、2005.2、288/ノア/郷)資料番号:124342015【貸出可】  ⇒p34 「戸村十太夫」   p80 「戸村一学」それぞれで家紋についての記載を確認。 『あきた名字と家紋』(丸山浩一/著、秋田魁新報社、1999.7、288/アア/郷)資料番号:124234089【貸出可】  ⇒p254 「戸村」の項目で家紋についての記載を確認。   ◎日の丸扇   ◎丸に違い鷹羽   ◎七宝に四方花菱 回答プロセス:以下の資料を調査。①から③の資料で記載を確認。 ①『新編佐竹一門・系図〈稿〉 苗字家を除く』(渡邉喜一/編著、東洋書院、2004.10、288/ワサ/郷) ②『秋田武鑑』(則道/原著、無明舎出版、2005.2、288/ノア/郷) ③『あきた名字と家紋』(丸山浩一/著、秋田魁新報社、1999.7、288/アア/郷) 以下の資料からは記載を確認できず。 ×④『秋田の家紋』(丸山浩一/著、秋田魁新報社、1983.5、288/マア/郷)

男鹿半島のナマハゲ面について知りたい。 プラスチック製の面はいつごろから売りに出されたのか。 木彫りの面は石川守三さんや千秋さんが作ったと言われているが、これもいつ頃からか。 もう一人石川泰行さんという方もナマハゲ面を作っていると聞いたがこの人たちは御親戚なのか。(秋田県立図書館)

「石川守三」については下記新聞より確認。 『秋田魁新報』2015年6月26日朝刊18面 記事名:「<追想メモリアル>石川守三(いしかわ・もりぞう)さん 代表的な顔のなまはげ面制作 6月6日、91歳で死去、男鹿市最期まで情熱を保つ」 『朝日新聞』2006年11月21日朝刊青森全県・2地方 記事名:「(この一品)手彫りなまはげ面 秋田・男鹿市 眉間のしわ、「怖さ」追求/東北・共通」 「プラスチック製の面」「石川泰行」「千秋」に関する資料は確認できず。 回答プロセス:データベース「さきがけデータベース」にて「石川守三」をキーワードに検索。 下記新聞記事が該当。 『秋田魁新報』2015年6月26日朝刊18面 記事名:「<追想メモリアル>石川守三(いしかわ・もりぞう)さん 代表的な顔のなまはげ面制作 6月6日、91歳で死去、男鹿市最期まで情熱を保つ」 「有志と共に初めてなまはげ面を制作したのは20代後半の時。(中略)本格的に仕事として取り組んだのは40歳近くになってからだ」 「視力、体力が衰え、10年ほど前からは面彫り作業が難しくなり、その役割を長男千秋(せんしゅう)さん(60)に全て託した。」との記述を確認。 データベース「聞蔵Ⅱ」にて「石川守三」をキーワードに検索。 下記新聞記事が該当。 『朝日新聞』2006年11月21日朝刊青森全県・2地方 記事名:「(この一品)手彫りなまはげ面 秋田・男鹿市 眉間のしわ、「怖さ」追求/東北・共通」 面作りを始めたのは39歳のとき。集落の行事で使う面を彫ったところ、好評を博したことがきっかけだった。との記述を確認。 秋田県立図書館デジタルアーカイブにて「石川泰行」をキーワードに検索。 下記資料が該当。 『あきた 308号~319号』(秋田県広報協会/編、秋田県広報協会、1988年、A051/48/1988)資料番号:111982575 昭和63年2月号「石川泰行」についての記載は確認できるが親戚かどうかについては確認できず。 なまはげのプラスチック製の面についても該当資料は確認できず。 事前調査事項:『ナマハゲ、その面と習俗』(日本海域文化研究所/編集、日本海域文化研究所、2004、A386/327/)資料番号:124328063

根本通明の蔵書約2500冊が明治40年に秋田県立図書館の所蔵となり指定有形文化財になったということですが、その他の蔵書についてはどこに分散したのでしょうか。参考になる文献等ありますでしょうか。...

根本通明文庫のその他の蔵書がどこに分散したかについてわかる文献は確認できず。 印記については下記資料に記載あり。 『根本通明先生蔵書紀略 根本文庫研究之2』(高橋智/著、慶応義塾大学附属研究所斯道文庫、2005.2、029/タネ/2郷)資料番号:129117164 回答プロセス:下記資料にて根本通明文庫について調査。 『根本通明先生蔵書紀略 根本文庫研究之2』(高橋智/著、慶応義塾大学附属研究所斯道文庫、2005.2、029/タネ/2郷)資料番号:129117164 「根本/氏蔵」「根本/子龍/図書」「根本/通明」「羽/嶽」「通明/字/子龍」「金沢/相川/氏蔵」「通/明」「書剣/自得」「弘道/館/蔵版」「弘前医官渋/江氏蔵書紀」「高島氏/図書記」の印記が見られると記載あり。具体的にどのような印影かの記載は確認できず。 資料所蔵検索にて「根本通明」をキーワードに検索。 当館所蔵以外の資料について記載された資料は確認できず。 事前調査事項:古典籍総合データベース(早稲田大学) http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/index.html

秋田魁新報で、十数年ぐらい、元旦号、竿燈特集、種苗交換会特集などで「主題詩」と称して、絵画と詩を組み合わせた紙面を構成していたが、いつ頃から行われて、いつまでやっていたか知りたい。(秋田県立図書館)

下記の記載内容を案内。 『秋田魁新報』 ・新年特集 1969から1972年の1月1日 なし 1973年1月1日 57面 山本太郎「古日本海幻想」 1974年1月1日 65面 「永遠なる朝陽」※詩は掲載されているが、詩の題と作者なし。画家が伊勢正義。  1975年1月1日 81面 河邨文一郎「スクラムを大地に」 1976年1月1日 85面 真壁仁「花に会いに・・・」 1977年1月1日 37面 阿部正路「光る故郷」※詩ではなく短歌 1978年1月1日 37面 沢木隆子「回帰路線・海」 1979年1月1日 89面 北本哲三「大きく・高く」 1980年1月1日 89面 柴田正夫「お地蔵彩景」 1981年1月1日 93面 畠山義郎「比内鶏 1982年1月1日 93面 品川清美「安息の町へ」 1983年1月1日 97面 佐々木久春「時のかわり目に」 1984年1月1日 97面 坂本梅子「春の焔」 1985年1月1日 97面 斎藤勇一「黎明」 1986年1月1日 57面 今川洋「輝く朝」 1987年1月1日 65面 工藤優子「新しい朝」 1988年1月1日 65面 佐藤博信「早春」 1989年1月1日 65面 木内むめ子「序曲」 1990年1月1日 65面 堀江沙オリ「駒影」 1991年1月1日 65面 小坂太郎「静物―野菜たちへのオード」 1992年1月1日 65面 米屋 猛「あなたのところへ」 1993年1月1日 65面 小番績「縄文沼の譜」 1994年1月1日 65面 館花久子「大輪の花開く」 1995年1月1日 57面 北村瑠美「なして-水底の少年たち-」 1996年1月1日 57面 吉田文憲「うたがわたしを通り抜ける日」 1997~1999年 省略(横山様調査済) 2000年1月1日 77面 田口恭雄「ほら解いてごらん!」 2001から2005年 省略(横山様調査済) 2006年1月1日 なし    ・竿燈特集 ※全てかん灯(竿灯)特集の1面に掲載 1966から1972年の8月 なし 1973年8月5日 沢木隆子「かん灯」 1974年8月5日 押切順三「夏の太鼓、北のまつり」 1975年8月5日 柴田正夫「いまぞふるさとの賛歌」 1989年8月4日 米屋猛「北の祝祭」 1992年8月4日 斎藤勇一「郷愁の風」 1995年8月4日 工藤優子「出会い」 1997年8月4日 藤田励治「稲穂のように 乳房のように」 1998年8月4日 盛岡栄子「火精の宴」 2000年8月4日 あゆかわのぼる「竿灯(ひまつり)」 2001から2006年の8月 なし (1966から2006年のうち、記載のないものは短歌や俳句の掲載、もしくはそのいずれも掲載なし) ・種苗交換会特集 ※全て県種苗交換会特集の1面に掲載 1966年から1976年 なし 1977年11月1日  北本哲三「歴史」 1978年11月1日  押切順三「空想農場」 1979年10月31日  高橋勲 「水の思い」 1980年11月1日  米屋猛 「棗」 1981年10月30日  小坂太郎「土」 1982年10月31日  皆川嘉左ヱ門「百姓よ、居直れ」 1983年10月31日  品川清美「村へかえった」 1984年10月30日  小番績 「祭りから祀へ」 1985年10月31日  福司満 「村っこ渡すな」 1986年10月31日  ぬめひろし「あしたの風景を描け」 1987年10月30日  児玉堅悦「生命の詩、風の祭」 1988年10月31日  小番績 「今こそ 祭りを祝え」 1989年10月30日  押切順三「花の山  少年とユートピア」 1990年10月30日  木内むめ子「豊饒」 1991年10月30日  長井陽 「鳥の海伝説」 1992年10月29日  佐藤博信「悠久の大地」 1993年10月28日  田口昭典「農民賛歌」 1994年10月28日  福司満 「神様の居ねぐなった田面」 1995年11月1日  石塚昌男「北の盆地」 1996年10月31日  田中正志「祭り」 1997年10月31日  近藤彰 「神面の祈り」 1998年10月30日  小番績 「ゆるぎない秋への讃歌」 1999年10月29日  今川洋 「生命輝く秋」 2000年10月31日  山形一至「豊穣の里」 2001年10月30日  福士一男「わきおこる大地からの祝祭」 2002年10月31日  黒沢せいこ「オリザの楽園」 2003年 掲載確認できず 2004年10月28日  館岡久子「緑の収穫」 2005年から2009年掲載なし 回答プロセス:1.秋田県現代詩人協会HPを確認 https://shijinkyokai.web.fc2.com/framepage6.html(確認日付2019.6.30) 平成詩年表のページに下記のとおり記載あり 1995 08・04 工藤優子、詩「出会い」竿燈特集主題詩(秋田魁) 1995 11・01 石塚昌男「北の盆地」(県種苗交換会特集テーマ詩、秋田魁新報) 2.『秋田県現代詩人協会会報』を確認 ・『秋田県現代詩人協会会報 1-31号』(秋田県現代詩人協会/〔編〕 、秋田県現代詩人協会、1991.10-2005.1、A911.5/832/1-31)資料番号:129116489 ※欠号あり →第十三号(1996年3月25日発行)P9に下記のとおり記載あり ’95・8・4会員工藤優子氏詩「出会い」竿燈特集主題詩(秋田魁) ’95・11・1会員石塚昌男氏詩「北の盆地」県種苗交換会特集主題詩(秋田魁) ※1995年以前、2006年以降(未製本資料:第33号-)を確認するも記載なし 3.『秋田県現代詩年鑑』を確認(’92-’95、2007-2019記載なし) 『秋田県現代詩年鑑 2005』(秋田県現代詩人協会/編、秋田文化出版、2005、A911.5/524/2005)資料番号:124342957 →P71「2004年詩界の動き」に下記のとおり記載あり 10・28 舘花久子「緑の収穫」(第127回県種苗交換会特集テーマ詩、秋田魁新報) 『秋田県現代詩年鑑 2006』(秋田県現代詩人協会/編、秋田文化出版、2006、A911.5/524/2006)資料番号:124355561 →P68「2005年詩界の動き」に下記のとおり記載あり 1・1 黒沢せいこ「元日の朝に」(秋田魁新報「元日号巻頭詩」) 4.秋田魁新報のマイクロフィルムを確認 調査結果を利用者へ案内 事前調査事項:秋田県現代詩人協会会報では下記のとおり記載あり。これ以前は記録がないので不明。2005年で中止になった模様。現在はやっていない。 ●元旦特集号 19970101 森原智子「陽光」 19980101 亀谷健樹「岩偶のわらい」 19990101 坂本梅子「遠い山の春」 20000101 ? 20010101 斎藤勇一「新世紀の尖塔へ」 20020101 今川洋「鼓動」 20030101 山形一至「窓を開ければ」 20040101 菅つぎ「白い朝」 20050101 黒沢せいこ「元日の朝に」 ●種苗交換会 951101 石塚昌男 ●竿燈 950804 工藤優子

秋田市で起きた犯罪について書いてある資料はあるか。 昭和23年頃、秋田市牛島の青果店で元陸軍大尉が起こした強盗事件について詳しく知りたい。(秋田県立図書館)

下記の資料を案内。 『秋田県近代総合年表』(無明舎出版/編、1988、210/タズ/郷)資料番号:112406160 『秋田魁新報』昭和23年1月13日2面「牛島に拳銃強盗 主人に発射、番頭にも傷害」 回答プロセス:資料所蔵検索にて「犯罪」、「事件」をキーワードに検索。 該当の資料なし。 郷土資料コーナーNDC分類310、320(政治、法律)をブラウジング 下記資料を確認するも記述なし。 ×『秋田県警察史』(秋田県警察史編纂委員会/編、317.7/アア/1)資料番号:111342630 下記資料を確認。 該当の記述を確認。 『秋田県近代総合年表』(無明舎出版/編、1988、210/タズ/郷)資料番号:112406160 →P214 昭和23年1月12日 秋田市牛島の青果物商宅に2人組の強盗侵入(犯人の1人は元陸軍大尉) 上記資料の日付より『秋田魁新報』を確認。 下記記事が確認できる。 『秋田魁新報』昭和23年1月13日2面「牛島に拳銃強盗 主人に発射、番頭にも傷害」

秋田酒屋元すり唄、荷方節の歌詞が知りたい。(秋田県立図書館)

秋田酒屋元すり唄については下記資料に記載あり。 『日本民謡大観 東北篇』(日本放送協会/編、1992.9、767.5/ニニ/)資料番号:120203823 『民謡のこころ』(竹内 勉/著、1993.7、388.9/タミ/)資料番号:120757521 荷方節については下記視聴覚資料の歌詞カードに記載あり。 『めぐみの民謡綴り Vol.2 民謡ふるさとシリーズ』(田中 恵/唄、10-3/メ/2)資料番号: 150037703 回答プロセス:秋田酒屋元すり唄についてレファレンス協同データベースで検索。 類似の事例あり。 http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&lsmp=1&kwup=%E7%A7%8B%E7%94%B0%E9%85%92%E5%B1%8B+%E5%94%84&kwbt=%E7%A7%8B%E7%94%B0%E9%85%92%E5%B1%8B+%E5%94%84&mcmd=25&mcup=25&mcbt=25&st=score&asc=desc&oldkw=%E7%A7%8B%E7%94%B0%E9%85%92%E5%B1%8B%E5%85%83%E3%81%99%E3%82%8A%E5%94%84&oldmc=25&oldst=score&oldasc=desc&id=1000071270(確認日付2019.7.9) 上記URLの事例より下記該当資料を案内。 『日本民謡大観 東北篇』(日本放送協会/編、1992.9、767.5/ニニ/)資料番号:120203823 p239-240に掲載あり。 『民謡のこころ』(竹内 勉/著、1993.7、388.9/タミ/)資料番号:120757521 p40に掲載あり。 資料所蔵検索にて「荷方節」をキーワードに検索。 下記視聴覚資料が該当。 『めぐみの民謡綴り Vol.2 民謡ふるさとシリーズ』(田中 恵/唄、10-3/メ/2)資料番号: 150037703 下記URLに記載されている歌詞も上記資料と同一であることを確認。 URL:http://j-lyric.net/artist/a05dba7/l044338.html (確認日付2019.7.9) 備考:http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&lsmp=1&kwup=%E7%A7%8B%E7%94%B0%E9%85%92%E5%B1%8B+%E5%94%84&kwbt=%E7%A7%8B%E7%94%B0%E9%85%92%E5%B1%8B+%E5%94%84&mcmd=25&mcup=25&mcbt=25&st=score&asc=desc&oldkw=%E7%A7%8B%E7%94%B0%E9%85%92%E5%B1%8B%E5%85%83%E3%81%99%E3%82%8A%E5%94%84&oldmc=25&oldst=score&oldasc=desc&id=1000071270

ページ